国民の生活が第一は人づくりにあり

アクセスカウンタ

zoom RSS ギリシャの債務不履行とEU離脱は起こりうる、だが独自通貨への復帰は経済発展への再出発かも?

<<   作成日時 : 2015/07/07 16:23   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 ギリシャの債務不履行とEU離脱は起こりうる、だが独自通貨への復帰は経済発展への再出発かも? 参考情報:ギリシャ民主主義の勝利  反グローバリズムの長き戦い(街の弁護士日記 SINCE1992)
http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2015/07/post-5db5.html に習い、世界経済ネタ帳より、EU加盟諸国の2009年〜2014年の経済発展データを検証すると、通貨EUを使用するドイツ、フランス等の工業国は2008年アメリカのリーマンブラザース破綻に端を発する世界の経済不振を乗り切っているが、ギリシャやキプロス等の主産業が観光などの国はGDPダウンの経済不振に苦しんでいる。しかし通貨EUを採用せず、独自通貨を使い続けているイギリス、スウェーデン、チェコ、デンマーク、ハンガリー、ブルガリア、ポーランド、ラトビア、リストニア、とルーマニアの経済は順調だ。2014年ギリシャの人口は、10.990万人、人口が同程度或いはそれ以下のスウェーデン9.75万人、チェコ10.51万人、デンマーク5.63万人、ハンガリー9.88万人、ブルガリア7.20万人、ラトビア2.03万人、リストニア2.94万人で、これ等各国の5年間のGDPは皆成長している。このGDP推移の検証でも、EU通貨使用各国の経済構造を考慮しない経済政策を強制することが、工業国ではないギリシャにマイナスにGDP成長をもたらしたと推定される。
現在ギリシャがEU通貨より自国通貨に戻るなら、ギリシャの経済は混乱しマイナス成長が続くとの論調が盛んだが、自国通貨に戻るなら自国の経済構造に適した経済政策遂行で経済成長路線に戻る可能性が高いと考えられる、[ブリュッセル 5日 ロイター] - 欧州大陸の周縁で起きている4つの大きな危機が現在、欧州連合(EU)を飲み込む恐れがある。戦後に始まった「1つの欧州」を目指すプロジェクトは、数十年前に後戻りするかもしれない
、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

焦点:EU悩ます「4重苦」、ギリシャ危機ですべて悪化も
ロイター 7月6日(月)16時10分配信

 7月5日、ギリシャ債務問題など欧州大陸の周縁で起きている4つの大きな危機が、EUを飲み込む恐れがある。写真はハンガリーのビチケで6月撮影したEU旗(2015年 ロイター/Laszlo Balogh)
[ブリュッセル 5日 ロイター] - 欧州大陸の周縁で起きている4つの大きな危機が現在、欧州連合(EU)を飲み込む恐れがある。戦後に始まった「1つの欧州」を目指すプロジェクトは、数十年前に後戻りするかもしれない。
【特集】ギリシャ国民投票で深まる危機
EUの結束と国際的な立場は、ギリシャの債務危機、ウクライナ紛争でのロシアの役割、英国のEUとの関係見直し、地中海の移民問題によって危機にさらされている。これら4つの問題の1つでも適切に対応できなければ、他の問題の悪化を招き、EUが直面する危機は増幅されることになるだろう。 ギリシャのデフォルト(債務不履行)と「グレグジット(ギリシャのユーロ圏離脱)」は、EUが「史上最も統一された」共同体であるという長年のイメージを揺るがしかねない喫緊の課題だ。
ブリュッセルのシンクタンク、欧州政策センター(EPC)のファビアン・ズレーグ氏とジャニス・エマヌイリディス氏は「グレグジットの長期的な結果は、欧州のプロジェクト全体に影響を及ぼす。それは前例となり、EUの存在意義を一段と損なうことになるだろう」と指摘した。
ギリシャはユーロ圏域内総生産とEUの人口のそれぞれ2%を占めるにすぎないが、ユーロ圏諸国は同国にこれまで約2000億ユーロを支援しており、破綻すればEUにとって大打撃となる。
ギリシャの運命はいまなお不明だが、すでに明らかなのは、ユーロ創設者たちがユーロの結束は壊れないと宣言したとき、彼らはだまされていたということだ。そして今、他のユーロ加盟国はギリシャを締め出し、結束を強めるべく、通貨統合における設計上の初期欠陥の一部を修正するなど直ちに措置を講じようとするかもしれない。
だが、次にリセッション(景気後退)もしくはソブリン債利回りの急上昇が起きれば、ユーロ圏は震撼し、市場はギリシャという前例を思い出すことになるだろう。
<不安定化>
ギリシャの経済崩壊は、それによってもたらされる困難と欧州の納税者が失った大金はさておき、欧州の他の3つの危機すべてを悪化させ、不安定なバルカン半島諸国をさらに不安定化させる恐れがある。
シリア内戦、イスラエル・パレスチナ問題、キプロスの南北分断などにより、地中海東部ではすでに緊張が高まっているなか、ギリシャはロシアに助けを求めるかもしれない。それと引き換えに、EUの対ロ制裁の延長にギリシャは反対、もしくは海軍施設の利用を許可する可能性すらある。 ギリシャは、ドイツやスウェーデンへと向かう最も安全なルートを求めてシリアやイラクから自国に流入する難民にすでに苦慮している。
「ボートピープル」の問題をめぐってはEU内で対立が起きている。イタリアなど難民流入の矢面に立つ他の国々は、資金提供や難民割り当てを拒否して連帯感が欠如しているとして、北部や東部のEU加盟諸国を非難。英国は難民1人の受け入れも拒否している。5年に及ぶ協議の末にギリシャ危機の解決に失敗することは、ロシアのプーチン大統領や中国の習近平国家主席ら権力拡大を狙う指導者の目にEUは弱く、分裂しているように映るだろう。 当局者らは、ユーロ圏の危機が一部の政策決定において再国有化をもたらし、ルールに基づいた超国家的ガバナンスという欧州モデルの「ソフトパワー」を弱体化させることを認識している。 しかしこの先、さらに悪い事態が待ち受けている。
英国のEU離脱をめぐる問題は、域内で2番目に大きな経済国であり、主要な金融センターを有する英国をEUが失うリスクを高めている。
複数の英世論調査でEU残留派が10ポイント程度リードしているにもかかわらず、EU当局者たちは不安を拭い切れないでいる。5月の英総選挙の結果は事前の世論調査とは見事に異なり、与党保守党が単独過半数で勝利を収めたものの、キャメロン首相は保守党内のEU懐疑派に足元をすくわれる恐れもある。 ユーロ圏の内側であろうと外側であろうと、社会不安と政治的大混乱を伴う長期的なギリシャ経済の破綻は、英国経済が「死に体」だと主張する人たちを勢いづかせることになるかもしれない。ロシアが冷戦時代の敵意をいまだ英国に向け続け、英国を米国の最も忠実な同盟国とみなしていることを考えると、プーチン大統領は英国のEU離脱の可能性を歓迎するだろう。 そうなれば、ウクライナとジョージアに対するロシアの行動に対して強固な対応を求めるEU内の勢力を弱らせることになる。また、プーチン大統領はウクライナ問題で、ドイツのメルケル首相と交渉するうえで有利な立場に立つこともできるだろう。 欧州改革センターのレム・コルテベーク氏は、EUの連動する4つの危機を、新約聖書のヨハネの黙示録に出てくる4騎士に例え、「EUの指導者たちはこれら4人の騎士を手なずけるのに苦労するだろう。答えが見いだせなければ、騎士たちはEU内で混沌と不安と非難の応酬を駆り立て続けるだろう」と指摘している。
(Paul Taylor記者、翻訳:伊藤典子、編集:宮井伸明)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150706-00000080-reut-m_est 

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

なぜメディアはギリシャばかりを責めるのか?(☆時事チップス☆別刊・歴史チップス(最新報道版))http://blogs.yahoo.co.jp/jijichips/19421463.html

ギリシャはどこへ向かうのか?・・・第三国(ハゲタカ)が狙っている(Welcome to A.A's Web Log)http://sndrs245.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-104e.html 

ギリシャの影に隠れたTPP交渉(ニュース斜め読み)
http://jack-daniel.blog.so-net.ne.jp/2015-07-07

朝日放送おはようコール 伊藤洋一がギリシャ国民投票と維新の内ゲバを語る(市民社会フォーラム)http://civilesociety.jugem.jp/?eid=30668

■神保哲生×小原凡司×伊勢崎賢治×木村草太 「安保法案・維新の党の対案」2015.07.06(YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞)
http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/7d3eb44ebfe701fdda3b7db261552b4c?fm=rss

いわゆる安倍首相、ネトウヨメディアで戦争法制を「丁寧に説明」(村野瀬玲奈の秘書課広報室)http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-6494.html

「『18、19歳』は刑法か少年法かを選択――自民『年長少年』導入案は厳罰化への道」(徳兵衛の狂人日記)http://blog.goo.ne.jp/ohatu-tokubei/e/29a293d31622f9ea98eb81e17d2531bc?fm=rss 

北朝鮮の脅威論を振りまく安倍氏 これで何故、集団的自衛権の行使が必要なの?(弁護士 猪野亨のブログ)http://inotoru.blog.fc2.com/blog-entry-1414.html

嘘を認める意気地なし日本政府、勇敢なギリシャ政府(パリの空の下で)
http://mouton07.seesaa.net/article/421915455.html

安倍自民党に危機感? 安倍氏は戦争法案と差し違えるつもりなのか 新幹線での事件の教訓(弁護士 猪野亨のブログ)http://inotoru.blog.fc2.com/blog-entry-1413.html

あの制服向上委員会が、爆笑問題太田光くんに「安倍さんにゴマすってる方が痛々しい」。太田くん、奮起を!(Everyone says I love you !)
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/f87333ed4d7f6f1276e3fe4e71480d3e?fm=rss

『ネトウヨは「強い大日本帝国」に自己実現を見いだす一種のカルト信者』 (秋原葉月@anti ネオナチジャパン (@akiharahaduki)さんによる表現)(村野瀬玲奈の秘書課広報室)http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-6493.html

内閣不支持率が支持率を初めて上回る。戦争法案のごり押しに国民も怒り!(かっちの言い分)http://31634308.at.webry.info/201507/article_7.html

人間って「堂々とした詐欺師」には騙されやすいんですよね:想田和弘氏(晴耕雨読)http://sun.ap.teacup.com/souun/17782.html

金融市場にとどまらないギリシャ危機の余波(曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するような)http://blog.goo.ne.jp/lilmica6o/e/df1bdf840f2b2f47164f354547f30345?fm=rss

橋下市長、「関西維新の会」設立に備えよ。 まだやるつもり?(マスコミは荒野に死す)http://viewpol.net/blog1/hashimoto-47/

マスゴミ「ギリシャ国民投票拮抗」嘘報道はユダ金が仕組んだ情弱株主騙しだった!?(憂国広場Y)http://yaplog.jp/warabidani/archive/4248

原発行政の裏側?〜六ヶ所村と官僚の犯罪〜(マスコミの暴走)
http://gensen7keijiban.blog.fc2.com/blog-entry-984.html

・ギリシャの国民投票結果は、「庶民の勝利」。グローバル金融資本にひと泡!(ぐう、ちゃんの一言)http://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/63728542.html 

安倍のオフレコ発言〜強気の発言連発も、内心は健康、支持率に不安?(日本がアブナイ!)http://mewrun7.exblog.jp/23371844/

そもそも、安倍首相が「明治の産業革命遺産」に松下村塾を押し込んだのが間違いだ(笑)。(Everyone says I love you !)
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/f4d553fba026760ca6ed5a2583cf849f?fm=rss

戦争したくなくて「震える」若者の方が、戦争では自衛隊員しか死なないというオバタカズユキ氏より正しい。(Everyone says I love you !)
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/b580bf0451fcb981ae63fb4ebb113e8d?fm=rss

橋下が維新分裂の準備を指示&安倍陣営が橋下維新の取り込みに必死(日本がアブナイ!)http://mewrun7.exblog.jp/23373459/

安保法案:「若者たちの反戦運動に違和感」に違和感(王様の耳はロバの耳)
http://blog.goo.ne.jp/motch150530/e/223c61da42be43e5b082fec1b891c799?fm=rss

東京都東大和市の「九条の会」のキャンペーンポスター(村野瀬玲奈の秘書課広報室)http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-6492.html

【詩歌】中野重治「あかるい娘ら」(語られる言葉の河へ)http://blog.goo.ne.jp/humon007/e/db08065bd2e8027e6f5b4de2918b50e9?fm=rss

中国の銀行が空っぽ 金融危機に突入か(経済破局は来るのか?)http://blog.goo.ne.jp/ns-japan/e/52f17d2ed2b021d1eb25f421d264993c?fm=rss 

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/vo6l33x20n7g

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

koenaikoe_negaiをフォローしましょう
ギリシャの債務不履行とEU離脱は起こりうる、だが独自通貨への復帰は経済発展への再出発かも? 国民の生活が第一は人づくりにあり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる