国民の生活が第一は人づくりにあり

アクセスカウンタ

zoom RSS 雇用増大の実施無しでは首が怖くて有給休暇の消化も無理・小渕経産相の辞任は当然

<<   作成日時 : 2014/10/18 16:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 雇用増大の実施無しでは仕事の日数の多い少ないが人事の主要な評価項目だし、失業すれば非正規雇用しか仕事がない現状では、首が怖くて有給休暇を消化する人が増える筈はない。小渕経産相の辞任は当然で公私混同の人物を主要閣僚に任命した安倍首相の責任は重大だ、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

有給休暇の消化を企業に義務付け これで休みは取りやすくなるのか? 早稲田大学教授・黒田祥子
THE PAGE 10月18日(土)11時2分配信

[写真]有給休暇の消化を企業に義務付け これで休みは取れるのか? (ロイター/アフロ)
 有給休暇の消化を企業に義務付けることができるか、厚生労働省が検討に入ったと伝えられている。政府による休暇の取得促進はこれまでも行われてきたが、果たして今回の改革は、我々の生活に変化をもたらすものになるだろうか。
 長い間、日本人はもっと休みを取るべきだと言われてきた。しかし、日本人の有給休暇の取得日数は、2012年時点で平均8.6日(『就労条件総合調査』(厚生労働省))。有給休暇の付与日数は平均18.3日なので取得率は47%と、半分にも満たない。政府は休暇取得の促進に尽力してきたが、1980年代末から90年代にかけて50〜60%程度で推移していた有休の取得率は、2000年代に入ってからはさらに低下し、5割を下回る水準で推移している。ちなみに、取得率は業種によっても異なり、平均取得日数が最も多い業種は電気・ガス・熱供給・水道業で14.3日。しかし、最も少ない宿泊業・飲食サービス業になると、平均で4.9日となる。 これに対して、フランスやドイツでは20〜24日程度の有給休暇をフルに取得する人が大半で、多くの国民にとって長期のバカンスは毎年の恒例行事だ。日本は諸外国に比べて祝祭日の数が多いが、そうした祝祭日の数を調整したとしても、日本人の休暇日数は相対的に少ないといえる。 現政権下で進められている一連の働き方改革の一環として、2014年9月、厚生労働省の労働政策審議会は休み方改革ワーキンググループを設置した。現在、同ワーキンググループでは、ワーク・ライフ・バランスの推進、生産性向上等の観点から、働き方とともに休み方を見直すことの必要性・重要性が議論されている。 今回、休み方改革ワーキンググループで検討されているポイントの一つは、労働者の希望を踏まえたうえで数日分の有休の取得日を企業が指定するという仕組みである。休みを取る時季を指定できる権利のことを、「時季指定権」という。時季指定権の企業への付与は、その他の働き方の改革とセットにするかたちで、2013年12月、規制改革会議からも提案されている。 現在の日本では、労働者が休みたい日に休みをとれるようになっているので、時季指定権は原則として労働者側にある。一見すると、いつ休むかを決める権利を企業側に移行することは、好きなときに休めるという労働者の権利を奪うという観点から、労働者の権利の低下を危惧する人もいるだろう。しかし、実は国民が長いバカンスを楽しむヨーロッパ諸国では、時季指定権は企業側にある。ヨーロッパの企業では毎年の始めに、その1年間で誰がどの時季に長期休暇を取得するかを決定するのが慣例となっている。その際、同時期に社員が一斉に休暇を取得すると仕事が回らなくなるので、企業側は休暇を取る時季が分散するよう、休暇取得の時季を労働者に指定できる権利を持っている。労使で協議・調整しながら、年始の段階で各労働者のバカンスの時季が決まり、その年間スケジュールが職場でも共有されるので、休む間のバックアップ体制なども事前に整備することができる。労働者は、予定された時季になれば、当然の権利として長い休みを楽しむことができる仕組みだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141018-00000006-wordleaf-pol

小渕経産相辞任へ 意向固め、近く首相と会談
産経新聞 10月18日(土)13時40分配信
17日午前、記者団の質問に答える小渕優子経産相=国会(酒巻俊介撮影)(写真:産経新聞)
 小渕優子経済産業相は18日、支持者向けに行った観劇会費用の収支が食い違っている問題などの責任を取り、辞任する意向を固めた。安倍晋三首相は近く小渕氏と会い、最終判断する。平成24年12月に発足した第2次安倍政権で任期途中の閣僚辞任は初めてとなる。9月の内閣改造からわずか1カ月余りで主要閣僚が辞任に追い込まれることになり、政権への打撃は大きい。首相の任命責任も問われそうだ。 小渕氏は、東京電力福島第1原発事故を受け、停止している原発の再稼働を所管し、地元自治体との調整役を担っていたため、首相は後任の人選を急ぐ。 小渕氏の政治資金をめぐる疑惑は、同氏の後援会など2つの政治団体が平成22、23年分の政治資金収支報告書で、支持者向けの観劇会の収入として計約740万円を記載。その一方で観劇費やバス代などの支出は2年間で約3400万円と記載していた。収支で約2600万円の差額が生じており、支持者に対する格安の観劇であれば、公職選挙法が禁じる有権者への利益供与に抵触する可能性がある。 観劇会は24年にも開かれたが、収支報告書に記載されていないことも判明。政治資金管理団体が親族企業からネクタイなどを政治資金で購入したことも分かり、野党から追及を受けていた。 小渕氏は16日に疑惑が発覚後、事実関係の調査を続けてきた。首相がイタリア・ミラノで開かれていたアジア欧州会議(ASEM)首脳会議から帰国するのを待って、辞任の意向を伝える。 小渕氏は、首相だった父、恵三氏の急死を受けて地盤を引き継ぎ、平成12年の衆院選で群馬5区から立候補し初当選。麻生太郎内閣では少子化担当相に抜擢(ばってき)され、戦後最年少の34歳で初入閣を果たした。財務副大臣、自民党幹事長代理などの要職を歴任し、日本初の女性首相候補の一人に挙げられる。来春の統一地方選に向け、安倍内閣の「顔」として期待されていた。 消費税率10%への引き上げ判断や原発再稼働を控える首相は、政権基盤の早期安定化を迫られる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141018-00000532-san-pol 

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

続・小渕優子経産相政治資金不正使用疑惑問題(☆時事チップス☆別刊・歴史チップス(最新報道版) http://blogs.yahoo.co.jp/jijichips/18790057.html

【安倍首相】『学級崩壊』の状況ですが、外国で『挨拶』はできましたか?(北京老学生・日本に帰国)http://blogs.yahoo.co.jp/mochimoma/19478264.html

「川内再稼働、破滅への罠」小出裕章さんと語る(ぐう、ちゃんの一言)
http://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/63297842.html

原発廃炉に向けた動き(kohou5382)
http://blogs.yahoo.co.jp/kohou5382/12449011.html 

欧米の、福島第1原発事件への怒りのひとつに、日本人の無関心への怒りがある:兵頭正俊氏(晴耕雨読)http://sun.ap.teacup.com/souun/15565.html

安倍内閣に辞任ドミノの危機〜小渕が辞意、松島を告発+プーチンと再会するも(日本がアブナイ!)http://mewrun7.exblog.jp/22483016/

≪小渕優子議員。。非常に残念だが、辞任不可避のようだな≫【<官僚機構作成答弁ペーパー>の読み手としては悪くはなかったが。。】(宝当仙人の野次馬日記)
http://y366158.blog.fc2.com/blog-entry-1080.html

事故を起こした場合、監督官庁の役人や事業者の関係者に対して厳罰を科すような法令を作るべき:大島堅一氏(晴耕雨読)
http://sun.ap.teacup.com/souun/15566.html

オバマ出血熱!?「“人類の脅威”1位エボラ、2位ロシア、3位イスラム国」(憂国広場Y)http://yaplog.jp/warabidani/archive/3739

いろいろと閣僚のスキャンダルが出てきたが、中で最も重大なのは山谷えり子大臣の「ネオナチ問題」だろう。(晴耕雨読)http://sun.ap.teacup.com/souun/15567.html 

お金が無い事の絶望 お金に屈服することへの絶望(ぽんのんの)
http://amo399.blog.fc2.com/blog-entry-4972.html 

勝敗にこだわり社会が「サル化」  人間社会の鏡か?(ゆきひろ社会科日記)
http://yukihiro-go.at.webry.info/201410/article_1.html

なぜ、日本一国が、侵略を免れたのか?(先兵ザビエルの到来)(マスコミの暴走)
http://gensen7keijiban.blog.fc2.com/blog-entry-722.html 

【新聞】活字文化没落の序曲 〜朝日叩き〜(語られる言葉の河へ)http://blog.goo.ne.jp/humon007/e/6093bba5087f146630f636d1f1011b6c?fm=rss

オランダ・ハーグに出張し、ケニア大統領が出廷した国..(晴耕雨読)http://sun.ap.teacup.com/souun/15561.html

神戸の事件は、創価学会員の仕業か、コワー!(新時代創造)http://soubiken.blog20.fc2.com/blog-entry-1591.html

貧乏人と年寄りは死ねってか?厚労省が後期高齢者医療の保険料の軽減特例を廃止する方針(貴方の知らない日本)http://50064686.at.webry.info/201410/article_6.html

【新聞大会の報道ぶり】後篇 『読売』の偽善?、『産経』の自己陶酔?(北京老学生・日本に帰国)http://blogs.yahoo.co.jp/mochimoma/19477032.html

小渕氏 観劇会収支の不記載 しかしもっと重要な問題があるだろう!(JUNSKYblog2008)http://blog.goo.ne.jp/junsky/e/227c08628126194431d8ae81a5752ed4?fm=rss

小渕大臣の件。(めごぶろぐ)
http://blogs.yahoo.co.jp/jyafuoku2007/41780220.html

関西テレビニュースアンカー 鈴木哲夫 小渕大臣スキャンダルを語る(市民社会フォーラム)http://civilesociety.jugem.jp/?eid=27805 

売国、国賊、ですか。本来、決してメディアや言論人が使ってはならない言葉です。(fukuhyのJウオッチャー)http://blogs.yahoo.co.jp/fukuhy/26623702.html 

原発の再開は国の富を失い、さらに再生ネルギーの制限で国が富む機会を逸する。(かっちの言い分)http://31634308.at.webry.info/201410/article_14.html 

梨を貰いご飯のおかずにするルミちゃん(貧乏な彼女との悪戦苦闘の日々)
http://ameblo.jp/any1239fyz/entry-11940359492.html

逃げ道を失った仙台高検の奇行!!(不公正な国家賠償訴訟)
http://trial17.blog40.fc2.com/blog-entry-366.html

公務員の給料上がってるらしいやないか(貧乏な彼女との悪戦苦闘の日々)
http://ameblo.jp/any1239fyz/entry-11940393049.html

安倍などという男を、政権の座に就かしめ、ふたたびの「滅び」への道を歩みはじめた。(世に噛む日日)http://eiji008.blog19.fc2.com/blog-entry-1090.html

恥ずかしくないか!カジノ法案(右から斬る!政治と社会)
http://blogs.yahoo.co.jp/teiounonamida/33535028.html 

【新聞】再生の出発点は現場 〜経営判断を誤ったジ ...(語られる言葉の河へ)http://blog.goo.ne.jp/humon007/e/edc1299c98b9dfe9be2110c68f3e8114?fm=rss

ウクライナでのマレー機墜落事件 真相もみ消しなどで..(晴耕雨読)http://sun.ap.teacup.com/souun/15555.html 

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/vo6l33x20n7g

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

koenaikoe_negaiをフォローしましょう
雇用増大の実施無しでは首が怖くて有給休暇の消化も無理・小渕経産相の辞任は当然 国民の生活が第一は人づくりにあり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる