テーマ:共産

「野党は、衆議院選挙に備えて野合と言われようが一人区においては統一候補に集約すべきだ。」について

「野党は、衆議院選挙に備えて野合と言われようが一人区においては統一候補に集約すべきだ。」について 今、安倍首相の中には、解散の2文字が渦巻いている。自民の中から解散風を煽っている。野党は参院選挙については、やっと一人区において候補者の一本化が進んでいる。共産党が20選挙区で候補者を下ろした。問題は政権選挙の衆議院選挙である。政権選挙であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「共産党は本気だ。肉を切らして自民の骨を断つ。」について

「共産党は本気だ。肉を切らして自民の骨を断つ。」について 共産党と言えば、一人区でも2~数万票の獲得票で順位3位がわかっているが、全選挙区に候補者を立てる。共産票はびた一文他の野党に投票させないことが党是のように見えていた。その共産党が、以下の記事で1人区候補者を20人取り下げたと報道されている。 他の立憲、国民民主から見れば当然だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 共産の志位委員長が全1人区の一本化に意欲。共産抜きには自民には勝てない。」について

「 共産の志位委員長が全1人区の一本化に意欲。共産抜きには自民には勝てない。」について 共産の志位委員長が参議院の全1人区の一本化に意欲と表明した。嘘を言えない共産党が言うのだから本気と思われる。この話は、野党第一の立憲がもっと早くから言わなければならなかった。枝野代表も、野党共闘を真剣に言い出したのは、いよいよ衆参議院の選挙が現実を帯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国民民主は自由の合流で内部で化学変化が起き、野党共闘にやっと弾みが出てきた。」について

「国民民主は自由の合流で内部で化学変化が起き、野党共闘にやっと弾みが出てきた。」について 画像 国民民主と自由党が合併した。自由党から衆参議員の6人が入党した。国民の議員数は、合計64人と(衆院40人、参院24人)なった。この人数でも立憲民主(78人:衆院54人、参院24人)に次ぐ野党第2党であることには変わらない。自由は、総…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「立憲枝野代表の野党共闘に動いたことで、国民生活に一筋の光がさしてきた。」について

「立憲枝野代表の野党共闘に動いたことで、国民生活に一筋の光がさしてきた。」について 立憲の枝野代表が、国民民主の玉木代表と会談し、参議院選挙だけでなく、衆議院選挙においても野党の共闘を行うことで一致した。当初は、枝野代表も野党の一本化には消極的であった。小沢代表が統一候補の話を出したとき、迷惑だとまで述べたのに。 枝野代表は順次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「沖縄補選は屋良氏がリード。大坂12区に立憲・枝野代表が入ることに野党共闘の象徴に!」について

「沖縄補選は屋良氏がリード。大坂12区に立憲・枝野代表が入ることに野党共闘の象徴に!」について 現在、衆議院の補選を行っている。沖縄3区の補選は、屋良ともひろと島尻安伊子沖縄相が争っているが、屋良氏が先行しているという。この動向は、米兵による日本人殺人により決定的になると思われる。それにしても、沖縄はやはり異常である。まるで、まだ終戦直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「共産宮本氏を野党統一候補支持は国民民主、自由、社民、社保。何故いない立憲。」について

「共産宮本氏を野党統一候補支持は国民民主、自由、社民、社保。何故いない立憲。」について 画像  共産党は、衆院大阪12区補選(4月9日告示、21日投開票)に宮本岳志衆院議員(比例代表近畿ブロック)を無所属で擁立すると発表した。擁立を決めていた新人の元衆院議員秘書、吉井芳子氏(56)と宮本氏を差し替えた。同補選には、宮本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more