テーマ:立憲

「野党は、衆議院選挙に備えて野合と言われようが一人区においては統一候補に集約すべきだ。」について

「野党は、衆議院選挙に備えて野合と言われようが一人区においては統一候補に集約すべきだ。」について 今、安倍首相の中には、解散の2文字が渦巻いている。自民の中から解散風を煽っている。野党は参院選挙については、やっと一人区において候補者の一本化が進んでいる。共産党が20選挙区で候補者を下ろした。問題は政権選挙の衆議院選挙である。政権選挙であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「共産党は本気だ。肉を切らして自民の骨を断つ。」について

「共産党は本気だ。肉を切らして自民の骨を断つ。」について 共産党と言えば、一人区でも2~数万票の獲得票で順位3位がわかっているが、全選挙区に候補者を立てる。共産票はびた一文他の野党に投票させないことが党是のように見えていた。その共産党が、以下の記事で1人区候補者を20人取り下げたと報道されている。 他の立憲、国民民主から見れば当然だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野党6党で丸山議員辞職勧告提案提出。自民は難色。提案否決なら大変なことになる。」について

「野党6党で丸山議員辞職勧告提案提出。自民は難色。提案否決なら大変なことになる。」について 立憲など野党6党が、丸山衆議院議員の辞職勧告提案を提出。当然の話である。野党6党の中の維新が言い出しっぺである。維新も丸山氏とは関係が無いことを見せるためのパフォーマンスである。自民党にも同調するように呼び掛けているが、難色を示しているという。摩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野党6党で丸山議員辞職勧告提案提出。自民は難色。提案否決なら大変なことになる。」について

「野党6党で丸山議員辞職勧告提案提出。自民は難色。提案否決なら大変なことになる。」について 立憲など野党6党が、丸山衆議院議員の辞職勧告提案を提出。当然の話である。野党6党の中の維新が言い出しっぺである。維新も丸山氏とは関係が無いことを見せるためのパフォーマンスである。自民党にも同調するように呼び掛けているが、難色を示しているという。摩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 共産の志位委員長が全1人区の一本化に意欲。共産抜きには自民には勝てない。」について

「 共産の志位委員長が全1人区の一本化に意欲。共産抜きには自民には勝てない。」について 共産の志位委員長が参議院の全1人区の一本化に意欲と表明した。嘘を言えない共産党が言うのだから本気と思われる。この話は、野党第一の立憲がもっと早くから言わなければならなかった。枝野代表も、野党共闘を真剣に言い出したのは、いよいよ衆参議院の選挙が現実を帯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「野党内の小さな器の中の異論よりは大局の異論と対峙すべきだ。」について

「野党内の小さな器の中の異論よりは大局の異論と対峙すべきだ。」について 国民民主の岩手県一区の階 猛議員は、自由党の合流に強く反対していたが、ついに国民民主を離党することを表明した。当面は無所属となるらしい。最終的には、立憲にいくのではないかと思っている。2017年の衆議院選挙では、以下のように自民候補を破って当選している。自民と2万票…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「安倍首相の再度の「悪夢」発言をもう許すべきではない。思い知らすべきだ。」について

「安倍首相の再度の「悪夢」発言をもう許すべきではない。思い知らすべきだ。」について 野党も随分バカにされたものである。自民党の総裁、総理大臣がマスコミも居て、発言が公になることがわかっていて、敢えて野党を挑発する。野党を挑発するということは、当時その野党政権を誕生させた国民もバカにしているということだ。安倍首相は、2度目の「悪夢」発言を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「参議員選挙京都選挙区(2人区)は野党共闘成功の試金石。」について

「参議員選挙京都選挙区(2人区)は野党共闘成功の試金石。」について 立憲の枝野代表が、参院選挙の京都選挙区(定員2)で国民民主が候補者を下ろしたことに対して、旧民主党の一本化は「勇断」と称えた。京都選挙には、自民にはあの有名な現職の西田議員がいる。5期連続当選している。自民の副幹事長である。西田氏は安倍首相と同じ細田派であり、安倍首相の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「参議員選挙京都選挙区(2人区)は野党共闘成功の試金石。」について

「参議員選挙京都選挙区(2人区)は野党共闘成功の試金石。」について 立憲の枝野代表が、参院選挙の京都選挙区(定員2)で国民民主が候補者を下ろしたことに対して、旧民主党の一本化は「勇断」と称えた。京都選挙には、自民にはあの有名な現職の西田議員がいる。5期連続当選している。自民の副幹事長である。西田氏は安倍首相と同じ細田派であり、安倍首相の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国民民主は自由の合流で内部で化学変化が起き、野党共闘にやっと弾みが出てきた。」について

「国民民主は自由の合流で内部で化学変化が起き、野党共闘にやっと弾みが出てきた。」について 画像 国民民主と自由党が合併した。自由党から衆参議員の6人が入党した。国民の議員数は、合計64人と(衆院40人、参院24人)なった。この人数でも立憲民主(78人:衆院54人、参院24人)に次ぐ野党第2党であることには変わらない。自由は、総…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「立憲枝野代表の野党共闘に動いたことで、国民生活に一筋の光がさしてきた。」について

「立憲枝野代表の野党共闘に動いたことで、国民生活に一筋の光がさしてきた。」について 立憲の枝野代表が、国民民主の玉木代表と会談し、参議院選挙だけでなく、衆議院選挙においても野党の共闘を行うことで一致した。当初は、枝野代表も野党の一本化には消極的であった。小沢代表が統一候補の話を出したとき、迷惑だとまで述べたのに。 枝野代表は順次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「沖縄に野党4党首がそろい踏み。共闘のキックオフとすべし。」について

「沖縄に野党4党首がそろい踏み。共闘のキックオフとすべし。」について 自由の小沢代表の呼びかけで、野党4党の党首の枝野代表、玉木代表、志位委員長、小沢代表の揃い踏みはやはり壮観である。 画像 沖縄の補選は絶対に落とせない。ここで落とせば、辺野古基地埋め立ての県民投票の結果がパーになってしまう。自民党は、鬼の首を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「立憲・枝野代表が宮本たけし事務所に表敬訪問。がんばれ。」について

「立憲・枝野代表が宮本たけし事務所に表敬訪問。がんばれ。」について 立憲 枝野代表が大阪12区の宮本たけし氏の選挙区に応援に入ると言っていたが、ツイッターに枝野氏が宮本氏の事務所に表敬訪問した動画が出ていた。堅い握手を交わしていた。こういう姿がもっとマスコミに広がればいい。辻元国対委員長も同伴している。 画像 立憲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「沖縄補選は屋良氏がリード。大坂12区に立憲・枝野代表が入ることに野党共闘の象徴に!」について

「沖縄補選は屋良氏がリード。大坂12区に立憲・枝野代表が入ることに野党共闘の象徴に!」について 現在、衆議院の補選を行っている。沖縄3区の補選は、屋良ともひろと島尻安伊子沖縄相が争っているが、屋良氏が先行しているという。この動向は、米兵による日本人殺人により決定的になると思われる。それにしても、沖縄はやはり異常である。まるで、まだ終戦直…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「立憲枝野代表、菅氏発言に謝罪。この機会に野党で安倍政権に対抗してくれ。」について

「立憲枝野代表、菅氏発言に謝罪。この機会に野党で安倍政権に対抗してくれ。」について 一昨日、以下のタイトルで菅立憲最高顧問の発言について批判した。うぬぼれも甚だしいと。 『菅立憲最高顧問のいう純血主義では野党第一党が野党共闘を阻む。』 https://31634308.at.webry.info/201904/article_10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「菅立憲最高顧問のいう純血主義では野党第一党が野党共闘を阻む。」について

「菅立憲最高顧問のいう純血主義では野党第一党が野党共闘を阻む。」について 立憲はうぬぼれていないか?あまり野党について批判は憚れるが、一言言わざるを得ない。 立憲の最高顧問の菅元首相が、ツイートやブログで以下のように述ている。 〇「小池都知事が結成した希望の党と民進党が合併した国民民主党は、政治理念が不明確なので解散し、参院選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「 やはり自由小沢代表が言う統一候補でまとまるような共闘でないと政権など夢である。」について

「 やはり自由小沢代表が言う統一候補でまとまるような共闘でないと政権など夢である。」について 今回の知事選挙では、野党共闘の象徴が北海道の石川知裕氏候補であった。結果は、鈴木 直道氏が、自民・公明・大地推薦で1,621,171(62.7%)、石川氏が963,942(37.3%)でほぼダブルスコアに近い数であった。鈴木氏は夕張市長であった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「共産宮本氏を野党統一候補支持は国民民主、自由、社民、社保。何故いない立憲。」について

「共産宮本氏を野党統一候補支持は国民民主、自由、社民、社保。何故いない立憲。」について 画像  共産党は、衆院大阪12区補選(4月9日告示、21日投開票)に宮本岳志衆院議員(比例代表近畿ブロック)を無所属で擁立すると発表した。擁立を決めていた新人の元衆院議員秘書、吉井芳子氏(56)と宮本氏を差し替えた。同補選には、宮本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「安倍首相にバカにされっぱなし。野党はやはり小異を捨てて大同につくべき。」について

「安倍首相にバカにされっぱなし。野党はやはり小異を捨てて大同につくべき。」について 今日、また安倍首相が旧民主党時代の政権批判を行った。当時の子供手当について、「あの頃、愚か者と考えていた人は多いのでは」と述べた。2月の自民党大会では「あの悪夢のような民主党政権」と述べていた。まあ、いくら悪態をついても、政権は安泰と思っているのだろう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「自由が国民と連携することにより野党共闘は進む。」について

「自由が国民と連携することにより野党共闘は進む。」について 自由党が国民と統一会派を結成した。これを受けて、自由と統一会派を形成していた社民が立憲と連携した。参議院は国民が第一野党になったと思ったが、社民2議席を取り込んで同数になったので、国民と立憲が話し合うという。立憲は自由の取り込みをせず失敗したと思っているかもしれない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more