テーマ:消費税lは消費者だけが負担

政府税調の法人税の実効税率を引き下げとは中小企業への増税、弱い者イジメの典型

 政府税調は法人税の実効税率を引き下げる一方、大企業に偏っている税負担を、中小企業も含めて「広く薄く」負担する構造に転換すべきだと指摘。赤字法人にも課税する地方税の「外形標準課税」を資本金1億円以下の法人にも適用拡大すると答申をまとめたそうだ、トヨタの例が示すとおり大企業の大半は海外に生産拠点を移しているのに、大企業には減税し、減税分を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費増税と企業減税は法人には笑いが止まらず国民は泣き面にハチ、5年間法人税ゼロのトヨタが今期営業利益

 トヨタは、2008年度から12年度の5年間という長きにわたり法人税(国税分)を1円も払わない一方、株主には1兆円を超える配当をしたうえ、内部留保も増やしていた。「参考情報:消費税増税で、笑いの止まらないートヨタの怪!その原因は!?、http://blogs.yahoo.co.jp/biwalakesix/32835426.html 」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アベノミクスのため7週続いている燃料油の値上がりはこの先も続き国民生活の圧迫も続く

 ガソリンやトラックの燃料のジーゼル油の値上がりが続いている。その原因は民主党の野田内閣が自公の安倍内閣に変わった時点でアベノミクスが宣伝され、為替相場が約¥80/約$1米から約¥100/約$1米に円が下落したためであり、最近は原油調達コストが高いためガソリンやジーゼル油は7週連続の値上がりで、消費増税前からは7.6円の値上がりとなり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍内閣やめろの声を上げ、次回選挙で自公政権を壊滅させることこそ、国民の生活を守る道

 安倍晋三首相は六月にまとめる成長戦略に法人税減税を明記すると報道されるが、 法人税率を1%下げれば国の収入は四千七百億円減る。法人税実効税率(約35%)を20%台、仮に約25%に引き下げると国の収入は4兆7千億円も減ることになる。安倍内閣がこの大企業減税の財源を個人・中小に求めることは、誰の目にも明らかだ。企業減税の影響が出始め、ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生活必需品に軽減税率を導入せよ、低所得者は収入増には無縁の上消費税アップで生活防衛に追われる毎日なの

 消費税率を低く抑える軽減税率を導入せよ、高額所得者はいざ知らず、大多数の消費者、特に低所得者は収入増が起きないのに、消費税アップで生活防衛に追われているのだ。生活必需品に軽減税率を実現せよ、安倍首相の諮問機関である政府税制調査会が11日の総会で、与党が生活必需品などの消費税率を低く抑える軽減税率の導入に向けてまとめた制度素案について議…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IMFが消費税15%必要としたのは、経済成長・規制緩和・女性や高齢者の雇用拡大に投資せよと同義語なの

 国際通貨基金(IMF)が30日、2014年の日本経済を審査した後の声明では、改革が不十分とし、具体的な改革としてエネルギーや農業分野での規制緩和、女性や高齢者の雇用拡大などに努力するよう求めた。消費税率は「最低でも15%まで段階的に引き上げる」ことが望ましいとしたが、これはこれまで同じようなアドバイスをだしてきたにもかかわらず規制緩和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more