知識経済部門を中心とした日米独等8ヶ国経済比較: 1995〜2011年産業連関分析


第5節第5項  日米独等8ヶ国1995〜2011年生産性2011/1995年比の推移分析
 1995〜2011年の変化を測定するための2011/1995年比を指標とする8ヶ国各
国の生産性2011/1995年比の推移を、表Ⅸに、更に添付ファイルのExcel図:8ヶ国の1995〜2011年生産性推移を図49〜56に示す。

表Ⅸ 8ヶ国 1995〜2011年生産性2011/1995年比の推移
                                                 
 国名  全産業部門 製造業部門 サービス部門 知識経済部門 教育部門
日本      110.5%   118.0% 105.0% 99.0% 82.6%
アメリカ    187.1%  223.8% 180.5% 183.6% 178.1%
イギリス    175.9%   163.6% 184.2% 182.8% 161.4%
ドイツ      126.3%   156.0%  115.6% 108.2% 114.8%
フランス    151.0%   156.6% 147.3% 148.1% 167.2%
フィンランド  159.8%   182.2% 162.6% 168.3% 155.3%
スウェーデン 175.5%   175.7% 176.6% 199.1% 169.2%
デンマーク   131.4%  159.7% 124.7% 122.5% 117.3%

日本:
日本生産性推移1995年~2011年.png

表Ⅸおよび図49を検証すると、全産業部門生産性は2008年リーマンショックの年までほぼ横ばい状態だが2009年にやや上昇した後停滞している、2011/1995年比:110.5%。 製造部門生産性は2003年まで成長が見られなかったが、2004年に上昇した後2007年まで高原状態であったが、2007〜2009年は緩やかに下降後、2010年急上昇後停滞した、2011/1995年比:118.0%。サービス部門生産性推移は全産業部門生産性推移に類似し、2011/1995年比:105.0%、知識経済部門生産性は2000年にピークがきたが、その後緩やかに減少し、2011/1995年比:99.0%。教育部門生産性は2000年にピークがきた後減少し、2011/1995年比:82.6%。

アメリカ:
~2011年アメリカ生産性推移1995年.png

表Ⅸおよび図50を検証すると、全産業部門生産性は1995年より上昇が続いたが2007年より上昇が鈍り2008年リーマンショックの年の翌年は下降した後、2009年より上昇、2011/1995年比:187.1%。製造部門生産性は2001年より急上昇したが、2008年リーマンショック後の翌年2009年は下降した後に急上昇、2011/1995年比:223.8%。サービス部門生産性推移および知識経済部門生産性推移は全産業部門生産性推移に類似し、2011/1995年比は各々:180.5%、:183.6%。教育部門の生産性推移は、2000〜2001年に上昇が停滞したがその他の年は2008年リーマンショックの年を含めて上昇、2011/1995年比:178.1%。

イギリス:
イギリス生産性推移1995年~2011年.png

表Ⅸおよび図51を検証すると、全産業部門生産性は2008年まで上昇を続けたが、2008年リーマンショックの翌年2009年より上昇したが停滞、2011/1995年比:175.9%。製造業部門生産性は1996〜1998年に上昇が停滞したが以後2008年リーマンショックの年まで上昇したが以後停滞、2011/1995年比:163.6%。サービス部門生産性推移、知識経済部門生産性推移、および教育部門生産性推移は全産業部門生産性推移に類似し、2011/1995年比は各々:184.2%、:182.8%、:161.4%。

ドイツ:
ドイツ生産性推移1995年~2011年.png
表Ⅸおよび図52を検証すると、全産業部門生産性は2008年まで上昇を続けたが、2008年リーマンショックの翌年2009年は2006年レベルまで急落したが、以後は上昇を回復、2011/1995年比:126.3%。製造業部門生産性は2007年まで急上昇を続けたが2008年に微減後、リーマンショックの翌年2009年は2004年レベルまで大下落したが、以後急上昇を回復、2011/1995年比:156.0%。サービス部門生産性推移は全産業部門生産性推移にやや類似し、2011/1995年比:115.6%。知識経済部門生産性推移および教育部門生産性は2008年リーマンショックの影響をほとんど受けずにゆるやかに上昇を続け、2011/1995年比は各々:108.2%、:114.8%。

フランス:
フランス生産性推移1995年~2011年.png
表Ⅸおよび図53を検証すると、全産業部門生産性は2008年リーマンショックの年まで上昇を続けたが、2008〜2009年は停滞し、2009年以降は上昇回復した、2011/1995年比:151.0%。製造業部門生産性は1998〜2000年に急上昇したが、2000〜2003年は停滞し、以後2008年リーマンショックの年まで上昇を続けた後、翌年の2009年に2006年レベルまで下落した、以後上昇を回復し、2011/1995年比:156.6%。サービス部門生産性推移、知識経済部門生産性推移、及び教育部門生産性推移は全産業部門生産性推移に類似し、2011/1995年比は各々:147.3%、:148.1%、:167.2%。

フィンランド:
フィンランド生産性推移1995年~2011年.png

表Ⅸおよび図54を検証すると、全産業部門生産性は2007年まで上昇を続けたが、2007〜2008年は停滞し、2008年リーマンショックの翌年2009年は急落するも再び上昇に転じた、2011/1995年比:159.8%。製造業部門生産性は2000年まで急上昇したが、2000〜2003年は停滞、その後急上昇を回復したが、2007〜2008年はやや下降し2008年リーマンショックの翌年は2001年レベルまで急下落した、以後急上昇するも上昇は2005年レベルでストップしている、2011/1995年比:182.2%。サービス部門の生産性は上昇を続けたが2007〜2008年に停滞後リーマンショックの翌年2009年は急落し、その後上昇を回復した、2011/1995年比:162.6%。知識経済部門生産性推移および教育部門生産性推移はサービス部門生産性推移に類似し、2011/1995年比は各々:168.3%、:155.3%。

スウェーデン:
スウェーデン生産性推移1995年~2011年.png

表Ⅸおよび図55を検証すると、全産業部門生産性は2008年まで上昇を続けたが、2008年リーマンショックの翌年2009年には2007年レベルに下落したが、以後上昇を回復した、2011/1995年比:175.5%。製造業部門生産性は2001〜2002年に上昇が停滞した時期があったが、2007年まで上昇を続け以後2008年リーマンショックの年を含め急落を続け2004年レベルにまで急落、以後急上昇を回復し、2011/1995年比:175.7%。サービス部門生産性推移、知識経済部門生産性推移、及び教育部門生産性推移は全産業部門生産性推移と類似し、2011/1995年比は各々:176.6%、:199.1%、:169.2%。

デンマーク:
デマーク生産性推移1995年~2011年.png

表Ⅸおよび図56を検証すると、全産業部門生産性は2008年リーマンショックの年まで上昇したが、翌年はやや減少するも2009年以降急上昇した、2011/1995年比:131.4%。製造業部門生産性は2004〜2005年に停滞したが、以後急上昇し、2007〜2008年はやや減少し2008年リーマンショックの翌年急落したが、以後急上昇を回復した、2011/1995年比:159.7%。サービス部門生産性推移、知識経済部門生産性推移、および教育部門生産性推移は全産業部門生産性推移に類似し、2011/1995年比は各々:124.7%、:122.5%、:117.3%。

生産性推移分析:要約
1995年~2011年の全産業部門の生産性は、デンマークが2011/1995年比131.4%~アメリカが187.1%と7ヶ国で上昇しているが日本は110.5%で上昇率は8か国中で最低である。製造業部門の生産性は、7ヶ国で156.0%~223.8%上昇しているが日本は118.0%で最低である、サービス部門の生産性は、7ヶ国で115.6%~184.2%上昇しているが、日本は105.0%で最低である、知識経済部門の生産性は、7ヶ国で108.2%~199.1%上昇しているが、成長が必要な部門であるのに日本は減少し99.0%である、教育部門の生産性は、7ヶ国で114.8%~178.1%上昇しているが、成長が必要な部門であるのに日本は大きく減少し82.6%である。 この生産性上昇の低さ或いは減少は、日本経済低迷の数値的な表れと結論したい。

"知識経済部門を中心とした日米独等8ヶ国経済比較: 1995〜2011年産業連関分析 " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント