体内被曝でも“原爆小頭症”で生まれてきた・生まれる前の被爆で不幸な一生が決まる原爆廃止を訴えよう

 体内被曝でも“原爆小頭症”で生まれてきた人がいる・生まれる前の被爆で不幸な一生が決まる原爆廃止を訴えよう、原爆だけでなく原料を複製する原発の廃止にも声を上げよう、 被爆直後のナガサキの街は「70年は草木も生えない」と言われた。被爆した妊婦からは「肢体の不自由な子が生まれる」-。しばらくすると、そんなうわさも流れた、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

胎内被爆で発症“原爆小頭症” 「生まれながらに不条理」患者や家族、苦難の人生
8/15(木) 8:30配信    爆心地から3・2キロで被爆した事実を記載する被爆者健康手帳を手にする岳野カズヱさん。被爆から2週間で出産を迎えた=7月22日、長崎県西海市   被爆直後のナガサキの街は「70年は草木も生えない」と言われた。被爆した妊婦からは「肢体の不自由な子が生まれる」-。しばらくすると、そんなうわさも流れた。  臨月に入っていた当時19歳の岳野カズヱさん(93)=長崎県西海市=はあの日、自宅で裁縫中だった。夫は不在で、身重の体がつらく、早朝に空襲警報が鳴っても防空壕(ごう)に行かなかった。爆心地から3・2キロ。ピカッと感じ、とっさに布団をかぶった。爆風で壁やタンスが吹き飛んだが、辛うじて生き延びた。
「無事に生まれてくれてよかった」
 長女が生まれたのは2週間後の8月22日。自宅再建もままならない中、元気な産声に胸をなで下ろした。「ただただ、無事に生まれてくれてよかった」。今春入所した特養ホームで岳野さんは振り返る。 胎内で被爆した長女はいま、73歳になった。放射線の健康への影響は今でもはっきりしないことが多いが、幸い、大きな病気もなく過ごしてきた。 長女によると、米国の原爆傷害調査委員会(ABCC)の調査を小学4、5年まで年1回受けた。ジープ型の車が家の前まで迎えに来て、体のあちこちを調べられた。お菓子をもらえるので最初は行くのが楽しみだったが、学校では「原爆はうつる」と陰口をたたく人もいた。 中学卒業後に就職した長女。「生活が苦しく、自分が被爆者かどうかなんて考える余裕はなかった」。友人にも、自分が被爆者だと伝えたことはない。
生を受けたときから苦難の道を歩んできた人たち
 放射線の影響による流産や死産を免れたものの、生を受けたときから苦難の道を歩んできた人たちがいる。知能や身体に障害を伴う「原爆小頭症」の被爆者だ。 長崎原爆に遭った大場幸江さん(仮名)=当時18歳=の長男、正一さん(同)もその一人。幸江さんは爆心地から1キロで被爆し、高熱や吐血などの急性症状に苦しめられた。髪の毛は抜け落ち、ようやく床を離れられるようになった1946年1月に出産。正一さんは頭が小さく、発育が遅かった。年を経るにつれて2歳下の弟との間に知能の差が現れた。その「違い」がやるせなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190815-00010001-nishinpc-soci

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

参議院選挙が終わって噂通り、米中貿易戦争で売れなくなった農産物を買わされる(かっちの言い分)https://31634308.at.webry.info/201908/article_13.html

アメリカに見捨てられた韓国と朝鮮半島の行方と日本(日本を守るのに右も左もない)http://blog.nihon-syakai.net/blog/2019/08/9120.html

小沢一郎(事務所)「予想通り参院選が終わってから、どんどんこの手の話が出…赤かぶ(401)(阿修羅2019/814)
http://www.asyura2.com/19/senkyo264/msg/449.html

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

"体内被曝でも“原爆小頭症”で生まれてきた・生まれる前の被爆で不幸な一生が決まる原爆廃止を訴えよう" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント