今年の夏は異常に暑い・このような年には巨大地震も起きることが多い、国は紀伊半島沖に観測地点を新設するそうだ、拍手拍手

 今年の夏は異常に暑い・このような年には巨大地震も起きることが多い、巨大地震は起きてほしくないが備えを万全にするべきだ、国は紀伊半島沖に観測地点を新設するそうだ、拍手拍手、 海上保安庁は今夏、海底プレートの変動観測を強化するため、紀伊半島南西沖に観測地点を新設する。これに伴い、測量船「海洋」と観測装置「海底局」を9日、和歌山市の和歌山下津港で報道陣に公開した、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

南海トラフ地震に迫れ 紀伊半島沖に「海底局」設置へ
8/10(土) 11:07配信    観測装置の「海底局」について説明する渡辺俊一調査官=和歌山市西浜の和歌山下津港で2019年8月9日午後2時59分、木原真希撮影   海上保安庁は今夏、海底プレートの変動観測を強化するため、紀伊半島南西沖に観測地点を新設する。これに伴い、測量船「海洋」と観測装置「海底局」を9日、和歌山市の和歌山下津港で報道陣に公開した。
【海溝型地震のランク(30年以内の発生確率)】
 南海トラフなど巨大地震の発生メカニズムを解明しようと、海保では2000年ごろから、海底の地殻変動を観測する海底局を想定震源域(静岡県~宮崎県沖)の15地点に設置してきた。海底局は約1メートル四方で重さ約110キロ。水深約3000メートルの海底に、1地点に3台設置している。 年に3~5回、測量船から海底局に音波を送り、海底局の位置を特定することでプレートのずれを観測できるという。観測したデータは、気象庁などに提出して地震発生確率などの研究に役立てる。 今夏から来年度にかけて、これまで未設置だった震源域の南端(紀伊半島南西沖~九州沖)に8地点設置していく。初回は、串本町潮岬から南西約80キロ沖に設置予定。測量船「海洋」が早ければ10日早朝に海底局を投下するという。海上保安庁海洋防災調査室の渡辺俊一調査官は「未観測だった領域でデータを検出できることは、非常に意義がある」と話した。【木原真希】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190810-00000022-mai-soci

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

森本事件の検察再調査の茶番(かっちの言い分)https://31634308.at.webry.info/201908/article_9.html

「安保法制は憲法違反」の判決を要請する署名へのご協力のお願い(市民社会フォーラム)http://civilesociety.jugem.jp/

れいわ・山本代表 進次郎氏クリステルさん官邸報告に皮肉「政治的なにおいが…赤かぶ(241)(阿修羅2019/8/10)
http://www.asyura2.com/19/senkyo264/msg/288.html

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

"今年の夏は異常に暑い・このような年には巨大地震も起きることが多い、国は紀伊半島沖に観測地点を新設するそうだ、拍手拍手" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント