女性が安心して育児だけでなく働く出来る環境を整備することが必要だ

 女性が安心して育児だけでなく家庭から近くで働く出来る環境を整備することが必要だ、安倍政権は、結婚して子どもを産みたい人の希望が全てかなう「希望出生率1.8」を2025年度に達成する目標を掲げる。しかし、実際の合計特殊出生率は3年連続で0.01ポイント低下し、実現にはほど遠い、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

出生率1.42 目標「1.8」遠く 育児支援策は不可欠
6/7(金) 19:47配信    厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影   安倍政権は、結婚して子どもを産みたい人の希望が全てかなう「希望出生率1.8」を2025年度に達成する目標を掲げる。しかし、実際の合計特殊出生率は3年連続で0.01ポイント低下し、実現にはほど遠い。
 出生率の低下が続くのは、39歳以下の出産が伸びていないことに加え、かつて年間の出生数が200万人を超えた「団塊ジュニア」世代(1971~74年生まれ)が40歳代半ばになったことが大きい。産む女性の数が減れば、子ども全体の数も減少する。 戦後日本の出生率は、2度のベビーブームを経てから一貫して下落傾向にあり、2005年には過去最低の1.26にまで落ち込んだ。近年は、認可保育所の整備や不妊治療を受ける人への助成拡大などさまざまな施策による後押しも手伝い、微増傾向が続いていたが、ここにきて足踏み状態が続く。未婚化や晩婚化が影響しているとみられる。 10月から幼児教育・保育の無償化が始まるが、子育て支援策の拡充は今後も欠かせない。女性の就労が進む中、出産・育児と仕事が両立しやすい環境を整えることによる「安心感」の醸成が必要だ。【阿部亮介】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190607-00000073-mai-soci

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

騙されているのか、金を掴まされたのか、本当のバカか(北海道釧路発 neoおやじの日々)http://blog.livedoor.jp/neo310h/archives/1074817875.html

安倍、米と「密約」ではなく「紳士協定」?+防衛省、住民だます。イージス(日本がアブナイ!)
https://mewrun7.exblog.jp/28368084/

格差社会の正体は・・・?(ミニマリスト主婦、自分を捨てました(ミニマリスト主婦、自分を捨てました)https://plaza.rakuten.co.jp/meminimalist/diary/201906060000/

金融庁よ!老後は2000万円必要ってどの口がいうのさ!(借金あるけど節約して中学受験!|)
https://www.fuwafuwahituji-omochayasan.com/archives/4339

国連の言論と自由の勧告事例11例がほとんど不履行。(かっちの言い分)https://31634308.at.webry.info/201906/article_6.html

玉木雄一郎・国民民主党代表「消費減税も選択肢」(市民社会フォーラム)http://civilesociety.jugem.jp/

小泉進次郎は山本太郎のツメの垢でも煎じて飲むがいい! …赤かぶ(210)(阿修羅2019/6/7)
http://www.asyura2.com/19/senkyo261/msg/622.html

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

"女性が安心して育児だけでなく働く出来る環境を整備することが必要だ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント