検察審査会による強制起訴制度が国民のための制度となるためには官僚制度を跳ね返す国民の成熟と時間が必要

 検察審査会による強制起訴制度が国民のための制度となるためには官僚制度を跳ね返す国民の成熟と時間が必要だ。くじで選ばれた国民からなる検察審査会も、残念ながら官僚機構が大マスコミを利用して狙いを定めた被告に不利な情報をジャンジャン流した後検察審査会が選ばれるので、官僚機構が有罪を望まない被告には無罪判決が下り、国民のための判決は下らないのが現状だ。国民のための検察審査会となるためには国民の成熟と時間が必要だ。くじで選ばれた国民からなる検察審査会(検審)による強制起訴制度が、平成21年5月の導入から6年を迎える。検察官が独占していた起訴権を国民にも開放する改革だったが、制度導入が成功だったか評価は定まっていない、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

「強制起訴」6年、放置されるこれだけの問題点…被告負担の補償なし、検証舞台も不明
産経新聞 5月5日(火)21時5分配信

東京電力福島第1原発事故で、検察審査会が当時の東電経営陣を「起訴相当」とした議決書を張り出す職員=平成26年7月、東京・霞が関(栗橋隆悦撮影)(写真:産経新聞)
 くじで選ばれた国民からなる検察審査会(検審)による強制起訴制度が、平成21年5月の導入から6年を迎える。検察官が独占していた起訴権を国民にも開放する改革だったが、制度導入が成功だったか評価は定まっていない。制度導入後に強制起訴に至った8つの事件で有罪判決が下ったのは2件のみ。とりわけ多くの人が死傷した過失事件では無罪判決が相次ぎ、「いたずらに刑事被告人を作り出している」「制度見直しが必要」との声も上がる。制度を検証し、今後の在り方を探った。(小野田雄一)  ■制度への評価分かれる
 検審は、有権者からくじで選ばれた国民11人が、検察官が不起訴とした事件について審査し、不起訴が妥当だったかどうかを判断する機関。昭和23年に設置された。しかし平成21年の改革までは、検審が「検察の不起訴は不当で、起訴すべきだ」と議決(起訴議決)をしても法的な強制力はなく、「有名無実化している」との批判があった。 さらに改革前の司法は、裁判官・検察官・弁護士の専門家のみで運営されていた。しかし検察官の起訴・不起訴の判断や裁判官の判決が国民感覚から乖離(かいり)しているとの批判が強まっていた。そのため強制起訴制度は、裁判員制度とともに司法の国民参加の一環として導入。検審が2回「起訴すべきだ」と議決した事件では、容疑者は自動的に起訴され、裁判所から指定された弁護士が検察官役として立証を担うことになった。 ただ、制度運用の現状評価が分かれている。
 平成13年7月、兵庫県明石市の花火大会中、歩道橋で見物客が折り重なって転倒し、11人が死亡、247人が重軽傷を負った事故では、県警明石署の元署長が制度導入後初めて強制起訴された。しかし1、2審とも免訴となった。
 17年に乗客106人が死亡した同県尼崎市のJR福知山線脱線事故でも、JR西日本の歴代3社長が強制起訴されたが、大阪高裁は今年3月、無罪判決を下している。 この他にも、これまでに強制起訴が行われた8事件のうち有罪判決は2件のみ。多くは無罪や免訴となっている。 検察官による起訴の有罪率が99%と極めて高い日本で、刑事被告人となることは被告にとって社会的・身体的な負担が大きいとされ、「無罪の可能性が高い人を被告にしている」などとの批判が起きている。 また、強制起訴後に無罪が確定しても、検察審査会法上、金銭などの補償の規定はない。さらに強制起訴は在宅で行われるため、身柄拘束を前提とした刑事補償法の対象にもならない。強制起訴自体には違法性はないため、国家による不法行為を要件とする国家賠償請求の対象ともならないと解釈されている。このように強制起訴された被告を守る仕組みが不十分であるとの指摘もなされている。 ただ、検審の議決に強制力を持たせたことで、「検察官がいっそう証拠を厳密に吟味し、慎重に起訴・不起訴を判断するようになった。実際にいったん検察官が不起訴にしても、検審の議決を受け、再捜査をして起訴する事件も多くあり、成果は表れている」(検察幹部)と一定の評価をする声もある。  ■「少しでも有罪の可能性あれば」
 強制起訴事件で無罪が多いのはなぜなのか。
 強制起訴の問題点をテーマにした論文を執筆した神戸学院大法学部の春日勉教授(刑事訴訟法)はその理由について、「検察官は『有罪の高度の見込み』がある場合のみ起訴するが、検審は『少しでも有罪の可能性があれば起訴し裁判で白黒付けるべきだ』と考える傾向がある。検審の方が検察官よりも起訴のハードルが低くなっている以上、無罪が増えるのは自然といえる」と指摘した。
 春日教授はこの他にも、本来は個人責任を追及する場である刑事裁判で、真相解明や再発防止を期待して起訴議決がなされた事例がある▽容疑者の犯罪は明白だが、情状などを考慮して不起訴にする「起訴猶予」だけでなく、犯罪を立証する証拠が不十分などで検察官が有罪を取れないと判断した「嫌疑不十分」で不起訴にした事件でも、起訴議決は制度上、可能になっている▽近年の日本は、政治資金がらみの事件や被害者が多数にのぼる大型の過失事件などが起きた場合、「市民vs社会の敵」という構図が描かれ、「社会の敵を排除しなければならない」という市民側の論理で起訴議決がなされる場合がある-などを挙げた。 実際に、強制起訴の制度設計を議論した政府の有識者会議「裁判員制度・刑事検討会」の議事録によると、一部の委員から「強制起訴が可能なのは、起訴猶予事件に限った方が良いのではないか」「起訴のハードルが下がり、明らかに無罪の人が、強制起訴で刑事被告人に仕立て上げられるのではないか」などと懸念する意見も出たが、その後、検討会で議論が深まった形跡は見られない。個人の刑事責任追及を超えて真相解明や再発防止を主眼として強制起訴が行われうるという想定は、議題にもなっていない。 春日教授は「強制起訴は検審で11人中8人以上が2度『検察官の不起訴処分は正しくない、起訴して裁判にかけるべきだ』と判断して起訴議決をすれば可能になる。だが、刑事被告人の負担や推定無罪の原則を考えれば、この起訴議決に必要な条件を全員一致に変えるべきではないか。また、検審に審査を申し立てる遺族らは、検察官による不起訴の説明が足りないと感じている。検察官にはより丁寧な説明が求められる。検審も、議決の結果だけを公表する今の運営を改め、議事録も公開する方向に変え、透明性を高めるべきだ」と話した。その上で「そもそも本来の意味での司法の市民参加とは、不起訴だけでなく、検察が行った起訴の妥当性についても市民が判断することだ。将来的にそうした議論も必要になるのではないか」と指摘した。 ただ、強制起訴を盛り込んだ検察審査会法と同時期に施行された裁判員法には「制度導入後、3年経過後に制度運用状況を検証する」との規定があったが、検審法にはこうした規定はない。また強制起訴で無罪判決が出るたび、歴代の法相は「必要があれば見直しも検討する」などと説明してきた。しかし法務省は「現時点で見直し作業はしていない」としており、制度の検証すら進んでいないのが実情だ。 ■刑事被告人への負担軽減策が必要    検討会で委員を務めた東京経済大現代法学部の大出良知教授(刑事法学)は「起訴基準の変化への懸念や司法への国民参加の在り方などについて、検討会で深い議論がなされたとは言い難いのは事実。当時は強制起訴の導入は既定路線と多くの委員が考えていたのではないか。理念よりも具体的な制度設計の方に議論の重点が置かれていた」と明かす。 その上で大出教授は「検察官より検審の方が起訴のハードルが低いので無罪が相次いでいるとの指摘があるが、そもそも起訴基準がどうあるべきかということは、刑事裁判のあり方に関わる問題であり、簡単に結論が出るものではない。検察官が有罪が見込めると考えた場合だけ起訴し、有罪率が99%という状況は、実質的には検察官が密室で有罪・無罪を決めているのと同じ。起訴のハードルを下げ、公開の裁判で有罪か無罪を判断する方向に進めるべきであり、裁判中心の司法へと後押ししただけでも改革の意義はあった」と強調する。 さらに強制起訴による刑事被告人について、大出教授は「そもそも刑事被告人に必要以上の負担が掛かる現状が間違っている。検察官の密室での判断が無罪推定の原則を蔑(ないがし)ろにする雰囲気を生み出している。報道の扱いや身体拘束のあり方など、無罪の推定を前提とした対策は可能なはずだ」と指摘した。
 ある検察幹部は「検察が内部で刑事責任の有無を判断せず、起訴して公開の法廷で白黒つけるべきという国民の感覚も分かるが、たとえば10人以上亡くなった事故だから、起訴のハードルを下げよう、というわけにはいかない。逆に強制起訴で有罪ばかりになれば『検察は何をやっているんだ』となるため、無罪が増えるのは仕方ない」と話す。 強制起訴導入に携わった別の検察幹部も「検察官とは別の、国民の理解が得られる起訴のルートができただけも意義がある。ただし、強制起訴の被告人は、(有罪の高度の見込みがある)通常の被告人とは違うということが社会的にもっと認知されるべきだろう」と話している。   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150505-00000545-san-soci 

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

川内原発訴訟を却下した鹿児島裁判所の事実認定には問題(かっちの言い分)
http://31634308.at.webry.info/201505/article_5.html

今こそ、誤用学者を選別せよ。(マスコミの暴走)
http://gensen7keijiban.blog.fc2.com/blog-entry-922.html

事実認定に問題あり!「川内」司法判断に専門家ら異議 学者のほとんどが「大噴火はある」【地裁差し止め却下】(みなと横浜みなみ区3丁目)
http://ojirowashiyokohama.blog.fc2.com/blog-entry-956.html

憲法骨抜き、実質改憲の安保法制法案!(営業せきやんの憂鬱)
http://blogs.yahoo.co.jp/tt23vd8m/13246604.html

◆UPLAN 『5.24に全てを終わらせよう!辺野古に基地を作らせない集中アピール』「写真で伝えよう!」(YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞)
http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/c3e60c74d32e0e0856d38173d3a5deca?fm=rss

≪菅義偉議員が、史上最強の官房長官だと!?≫<ちゃんちゃらオカシイ!《自民党は昭和以来官僚機構に丸投げ政治》を勘案しても>【自民党が、最悪に劣化しているのをカモフラージュ提灯報道】(宝当仙人の野次馬日記)
http://y366158.blog.fc2.com/blog-entry-1281.html

言論の自由の行使は当たり前のこと。 (伊藤和子弁護士の記事を読んで)(村野瀬玲奈の秘書課広報室)http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-6412.html

ネオナチと東京オリンピック!(hiryuの写真日刊紙 )
http://plaza.rakuten.co.jp/no23nit/diary/201505060002/

米軍内性犯罪 14会計年度は1万8900人被害(hiryuの写真日刊紙)
http://plaza.rakuten.co.jp/no23nit/diary/201505060000/

フジテレビと橋下市長に見る「詐欺にパネルは使いよう」 気を付けよう、ハシモトトオルとフジサンケイ。(Everyone says I love you !)
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/622bd31c6f0f352dc0520dc80623bd04?fm=rss

世の中はなんでも言うたもん勝ち?(Social News Site「bizdoor」)
http://blog.goo.ne.jp/bizdoor/e/64d37183d484475ffda290ab5c38b3ab?fm=rss

毎日放送VOICE 大阪徒構想 大阪都は大阪以外では歓迎されていない!(市民社会フォーラム)http://civilesociety.jugem.jp/?eid=29987

地震保険3割も値上げ?(どうなる日本!!)
http://ob4161japan.seesaa.net/article/418404030.html

昔から、政治家、文士、芸人は呼び捨てと相場が決まってる。:松井計氏(晴耕雨読)http://sun.ap.teacup.com/souun/17290.html

天気晴朗なれど波高し!(営業せきやんの憂鬱)
http://blogs.yahoo.co.jp/tt23vd8m/13249433.html 

CIAエージェントがウジャウジャいてその人や組織に取り囲まれた「対米隷属社会」というのが日本の今の姿である!(再掲)(日々坦々)
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-2519.html

人もデバッグする必要がある(教育に情熱を)
http://education.fp-guide.com/?p=3480

ネパール地震で日本に深刻な「通貨」危機!中国への依存度が急上昇(憂国広場Y)http://yaplog.jp/warabidani/archive/4128

中国脅威論に騙されていけない 改憲論は日本人に戦死者を出すことこそ米軍様への「実績」なのだ(弁護士 猪野亨のブログ)
http://inotoru.blog.fc2.com/blog-entry-1325.html

子供が生まれて その子供の子供が生まれて ずっと先の子供まで 自然のめぐみが たえぬよう (ぽんのんの)http://amo399.blog.fc2.com/blog-entry-5221.html

子どもの人口 34年連続減少(石の上にも三年待てない)
http://shufoo148.blog.fc2.com/blog-entry-19.html

≪やっぱり、日本の政治は英国とは似ても似つかない代物だった≫<官僚機構の専横を忘れてはいけない>【総理大臣権限も、派閥の力も全て大ウソだった訳だ】(宝当仙人の野次馬日記)http://y366158.blog.fc2.com/blog-entry-1280.html

反原発聞いたことがないどういうことだ(Masatoshi Style)
http://kibou.couple.jp/style/hangenpatu-3/ 

連休の終わり前に政権に反対する理由を書いておく(トラカリコン!)
http://blog.goo.ne.jp/kanra-toriko/e/0efacff6a072ad490ec36eebdbc41832?fm=rss

こどもの日 安倍政権と子どもの減少数日本一の大阪維新はデンマークの少子化対策に学べ(Everyone says I love you !)
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/a5011d23f37a7b7edba9d36eeb1bfff3?fm=rss

原発は斜陽産業 : アレバは経営危機。東芝や日立は原発事業買収に積極的。安部首相はトップセールスに必死ww笑えるww(いるかちゃんの子どもを守れ。リベラル派)http://irukachan.blog.jp/archives/51965841.html

原発はいらない「20の理由」-鈴木耕-?(テレビが面白くない理由)
http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/blog-entry-637.html

安倍首相の英語、「高校生よりひどい」「米国議会に恥ずかしい」 米議会演説批判の民主党小西洋之議員が炎上(にゅーすちゃんねる)
http://newsch2.blog.fc2.com/blog-entry-5079.html

株価と有効求人以外の指標は全滅、金子勝+室井佑月+大竹まこと(動画)(曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するような)
http://blog.goo.ne.jp/lilmica6o/e/5ad2543317035c4fad0b4bd1d85b4e45?fm=rss

【経済】マイナス成長から抜け出す手段 ~実質消費 ..(語られる言葉の河へ)http://blog.goo.ne.jp/humon007/e/d1b7589216db103dfafe88b990e288d5?fm=rss

「アベノミクス」は自民党に利のある特定団体のための..(経済破局は来るのか?)http://blog.goo.ne.jp/ns-japan/e/bafd6e3ed23695d7274e3835cfaa99d0?fm=rss

エネルギーミックス議論で「意見箱」 専門家委員「国..(政治)http://nobuhirob.blog.fc2.com/blog-entry-2152.html 

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

"検察審査会による強制起訴制度が国民のための制度となるためには官僚制度を跳ね返す国民の成熟と時間が必要" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント