米債券保有世界一でも国内景気向上への投資はゼロ?電機大手2社が外国勢に支援求める、オスプレイの低空飛

 日本の米国証券保有高は世界首位の約170兆円(1兆8350億ドル)、これだけの資産を何故国内の景気向上・雇用増大に使わない? 景気低迷・失われた20年の継続のせいで電機大手のシャープは台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業に支援を求めるも成功せず今度は日本の銀行2行から追加融資を受け苦境打開に、昨年破産の半導体大手エルピーダメモリは東京地裁の認可を得て米マイクロン・テクノロジーの傘下で再建に、米財政を左右するほどの債券を保有しながら金持ちケンカせずなのか、国民が迷惑するオスプレイの駐留には目をつぶるだけでなく、今度は岩国基地(山口県岩国市)で低空飛行訓練を行うとの米宣言を黙認、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

日本、米証券保有高でトップ=4年ぶり、国債は中国首位
時事通信 3月1日(金)9時11分配信
 【ワシントン時事】米財務省が28日発表した2012年6月末時点の外国による米国証券保有高の暫定報告によると、米国債に株式や資産担保証券(ABS)などを加えた総保有高で、日本が中国を抜いて首位となった。日本がトップに返り咲くのは08年以来、4年ぶり。
 日本の保有高は1兆8350億ドル(約170兆円)、中国は1兆5920億ドル(約147兆円)。11年6月末時点は中国1兆7270億ドル、日本1兆5850億ドルだった。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130301-00000034-jij-n_ame

主力2行から経営幹部=資本増強策を模索―シャープ
時事通信 2月28日(木)15時1分配信
 シャープが、4月以降の幹部人事で、主力取引銀行2行から経営幹部を受け入れる方向で調整していることが28日、分かった。みずほコーポレート銀行と三菱東京UFJ銀行から1人ずつ、役員含みで迎える見込みだ。幹部受け入れにより、追加融資を取り付けて資本増強を急ぐ。
 主力2行は、シャープの財務管理や業績見通しを不安視し、昨夏ごろから役員の派遣を打診していたが、シャープ側が難色を示したため保留してきた。 しかし、台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業からの約670億円の出資が3月末の期限までに見込めず、新たな資金調達が急務となったため、シャープ側が受け入れざるを得なくなったもようだ。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130228-00000096-jij-bus_all

エルピーダ、米マイクロン傘下に 地裁、更生計画を認可
朝日新聞デジタル2月28日(木)17時49分配信
 会社更生手続き中の半導体大手エルピーダメモリは28日、更生計画が東京地裁から認可されたと発表した。昨年2月の経営破綻(はたん)から1年で、同業の米マイクロン・テクノロジーの傘下で再建することが正式に決まった。債権者への弁済率は平均で45%となる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130228-00000030-asahi-ind

オスプレイ、低空飛行訓練へ=3月6日から、岩国拠点に
時事通信 2月28日(木)17時7分配信
 在日米軍は28日、日本政府に対し、3月6~8日に普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の垂直離着陸輸送機オスプレイ3機を岩国基地(山口県岩国市)に移し、低空飛行訓練を行うと伝えた。鈴木俊一外務副大臣が28日に記者会見し、明らかにした。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130228-00000135-jij-pol

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

安倍がいくら強い日本といったところで、世界からは、バカでなければ嘘つきだとしか見られない:兵頭正俊氏(晴耕雨読)
http://sun.ap.teacup.com/souun/10169.html

中身は自民党極右が橋下という仮面をかぶった維新は、国民を騙し、野党の協力関係を阻害している。(かっちの言い分)
http://31634308.at.webry.info/201302/article_25.html

コンサルタントや評論家][日本がおかしい]コンサルタントがいらない理由 (非正規労働者が能書きをたれてやる)
http://d.hatena.ne.jp/humitake+hiseikikeizai/20130228/1362058545

准正規労働者とは何か?非正規労働者や若者が目指すべきもの(ブラック企業に負けない労働相談)
http://rodosodan.com/blog/business/news/448/                                                                                                                           

アメリカ政府とグローバル企業相手に有利な交渉ができると考える方がどうかしている。平和ボケとはこのこと(晴耕雨読)
http://sun.ap.teacup.com/souun/10159.html

一連の動きを見ると≪ボケてるのは橋下徹≫!『維新の会』は【解党的出直し】をせよ。。(宝当仙人の野次馬日記)
http://aoba266.fruitblog.net/?512ea07e8f5fe

≪日銀総裁人事ボケ論争≫これも『プロパガンダ』というより、【大ウソ騙しコメント】!(宝当仙人の野次馬日記)
http://aoba266.fruitblog.net/?512ed1ad88c3d

富士山と韓国の漢拏山の日韓姉妹山提携を企むトンデモ環境保護団体の正体は?(政治ブログiza)
http://seiginomikata8.iza.ne.jp/blog/entry/3013453/ 

TPPで国益の名のもとに騙されてはなりません:山田正彦氏(晴耕雨読)
http://sun.ap.teacup.com/souun/10166.html

井上章一が橋下・維新を語る(市民社会フォーラム)
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=20104

メルトダウンの危険を無視した安倍首相に原発を再稼働する資格はない(Everyone says I love you !)
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/8efde4781a22d2e76b03e86182c7ec21?fm=rss

「まずは憲法96条改正から」。。その時≪初心な日本国民世論≫は?・・・。【憲法の全てを改正し易く】する仕組(宝当仙人の野次馬日記)
http://aoba266.fruitblog.net/?512f7e3e9cf22

原発政策提言 規制委の独善に注文がついた(2月28日付・読売社説)(目がポーン( д )=゚゚ブログ )http://megaporn311.blog.shinobi.jp/Entry/653/

体罰はなぜなくならないか(教育に情熱をかける教師のために)
http://edlwiss.seesaa.net/article/335019001.html

安倍総理がTPP交渉参加の判断で「なるべく早い段階」、全ての判断は米国の都合次第(Shimarnyのブログ)
http://ameblo.jp/shimarny/entry-11480573872.html

パブリックコメント(公共の意見)完全無視の原子力規制委員会 【原子力防災指針】改訂案で(JUNSKYblog2008)
http://blog.goo.ne.jp/junsky/e/8c37bdb4248ed8f20699029fd3aeabb3?fm=rss

本日16:30より小沢一郎代表による「日本国憲法について」の講演会の様子(ツイキャス中中継 or ツイート)(日々坦々)
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1882.html 

少子化の先はどうなる(志村建世のブログ)
http://pub.ne.jp/shimura/?entry_id=4782881

☆参議院 文教科学委員会・生活の党 谷亮子議員の質疑(☆YAMACHANの捲土重来=<<生活の党>>=@飛騨)
http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/d8e33f1500446b3efeb0044cf7b378c3?fm=rss

原発メーカーの賠償責任・製造物責任を巡って。ビカーシ・モハンティ弁護士・・・/CML(薔薇、または陽だまりの猫)
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/f83e185f8f278aabe1bb34ba7d2b060f?fm=rss

木村氏のような北方ビジネスと称する領土問題解決の足を引っ張っている連中が問題である。:ムネオの日記(晴耕雨読)
http://sun.ap.teacup.com/souun/10157.html

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

"米債券保有世界一でも国内景気向上への投資はゼロ?電機大手2社が外国勢に支援求める、オスプレイの低空飛" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント