国民は真実を知り・国民に役立つ「エネルギー政策」を実施させよう・原子力事故再発可能性を0にせよ

  下記に全国民を恐怖に陥れている真犯人についての情報を報じる(週刊朝日)がある。
ブログ人口は、この情報を出来る限り多くの人に伝え、今月の地方議会選挙で国民のための政治・「国民の生活が第一」政策を実施出来る制度実現のために夫々の方法で力を尽くすことを呼び掛ける。

佐藤栄佐久・前福島県知事が告発 「国民を欺いた国の責任をただせ」(週刊朝日)投稿者 阿保の洞窟 日時 2011 年 4 月 04 日記事の重要な部分は、

 {福島第一原発の事故で、首都圏は計画停電を強いられる事態となっています。石原慎太郎・東京都知事は00年4月、日本原子力産業会議の年次大会で、「東京湾に原発をつくってもらっても構わない」と発言しましたが、この事態を見ても、同じことを言うのでしょうか。}

「日本の原子力政策は、大多数の国会議員には触れることのできない内閣の専権事項となっています。担当大臣すら実質的には役所にコントロールされている。つまり、経産省や内閣府の原子力委員会など“原子力村の人々”が、政策の方向性を事実上すべて決め、政治家だけではなく原発を抱える地方自治体には何の権限も与えられていないのです。

 国や電力会社は原発に関して、地元自治体を「蚊帳の外」にしただけではないという。佐藤氏が「8・29」と呼ぶ事件がある。2002年8月29日、原子力安全・保安院から福島県庁に「福島第一原発と第二原発で、原子炉の故障やひび割れを隠すため、東電が点検記録を長年にわたってごまかしていた」という恐るべき内容が書かれた内部告発のファクスが届いたのだ。検察も原発災害に責任があるといえるね。

コメント:Fq4geKScII
佐藤栄佐久氏を国策捜査で弾圧した東京地検特捜部、特に大鶴と前田は、日本国を滅ぼした大罪人だ。こいつらを操ったのが、アメリカ・中曽根・自民党政権・マスコミ・電力会社・電事連だ。前田恒彦は、村木厚子氏の捜査と、石川知裕議員の捜査にも加わった、正真正銘の人間のクズだ。

コメント:tEuMUcieh
これほどひどいでっち上げ容疑は、まず他にない。
立件側の検察も狂っているが、(執行猶予付き)有罪の判決をおこなった
裁判所は尚狂っている。
この判例以降、あらゆる検察・裁判所の言動はどうしても信じられない。

コメント:4uc0SZ7kqo
まず、佐藤栄佐久元知事を落とししめた、この巨大な利権グループを国民の目まえにさらさねばならない。マスコミは当てにならない。フリージャーナリスト、殊に国民が目をさますべきだ。
長い政治の戦いとなるが、国民のための国民の政治を勝ち取るしか、この国の存在価値はない。

コメント:HvBz4SvZls
そこで考えます。

国会議事堂と議員会館、省庁などの首都機能を福島県に移転してもらいます。
東電の本社は飯舘村に来てもらいます!
そして、建物の電力は太陽光発電と地熱発電です。
フクシマ県が自然エネルギーでの世界的シンボルとなるのです。

 上記は、下記ブログよりの転載です。この情報を全国民が認識し、プルトニュウム汚染を回避する正しい方策を理解し「国民の生活」の再建に役立てるべきと考えます。

佐藤栄佐久・前福島県知事が告発 「国民を欺いた国の責任をただせ」(週刊朝日)
(晴耕雨読)ブログ

また「前福島県知事の無実の罪は小沢一郎前代表の検察審査会告発と同じ構図」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_5.html

 更に「震災復興に忘れてはならない事実と深刻な危機の原因」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_2.html

更に「東電役員や原発関連法人役員管理職および自公時代の大臣達にも大震災復興資金を拠出させよ」 http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_1.html

更に「福島原発の安全を祈る・党内融和で与野党一致で難局に当たれ」    
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201103/article_13.html
も是非参照して下さい。

何時もご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 ****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。

"国民は真実を知り・国民に役立つ「エネルギー政策」を実施させよう・原子力事故再発可能性を0にせよ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント