準公僕の郵便局幹部が資産である切手をくすねて換金し懐に入れていたのは言語道断の行為で懲戒解雇は当然の罰だ、

 アメリカの圧力で郵便局は会社となっているが公僕であることには変わりはない準公僕の郵便局幹部が資産である切手をくすねて換金し懐に入れていたのは言語道断の行為で懲戒解雇は当然の罰だ、東京都内にある2カ所の郵便局の幹部2人が、「料金別納」郵便の支払いで使われた切手をそれぞれ大量に持ち出し、金券ショップで計約5億4千万円に換金していたことが、関係者の話でわかった。本来は処分しなくてはならない切手を着服し、売り払っていた。日本郵政グループの「日本郵便」は昨年、2人を懲戒解雇としたが公表はしていなかった、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

郵便局幹部2人が切手着服、5.4億円換金 別納を悪用
10/31(木) 5:00配信    神田郵便局=東京都千代田区神田淡路町2丁目   東京都内にある2カ所の郵便局の幹部2人が、「料金別納」郵便の支払いで使われた切手をそれぞれ大量に持ち出し、金券ショップで計約5億4千万円に換金していたことが、関係者の話でわかった。本来は処分しなくてはならない切手を着服し、売り払っていた。日本郵政グループの「日本郵便」は昨年、2人を懲戒解雇としたが公表はしていなかった。    【写真】別納郵便の料金の支払いには、こうした切手シートが使われることが多かった   悪用されたのは、個々の封筒やはがきに切手を貼る代わりに、料金相当額を現金や切手で一括して支払う料金別納の制度。社内規定では、別納の支払いで使われた切手は、窓口の郵便部で「使用済み」を示す消印を押したうえで、総務部で細断処分することになっていた。  関係者によると、同時に大量に出すと料金が割引になる郵便物の支払いで、シート状になった切手が持ち込まれた場合、郵便部の担当者が「どうせ細断されるから」と考え、消印を押す手間を省いて総務部に回すことがあった。  芝郵便局(東京都港区)で総務部課長だった40代男性は、こうした消印のない切手を不正に持ち出して換金。総額は2014~16年度の3年間で計約1億4千万円に上った。当時は出納責任者で、切手の細断処分を実行する立場にあった。立会人も置いていなかったため、持ち出しが可能な状態にあったという。  さらに、神田郵便局(東京都千代田区)で郵便部課長代理だった50代男性は、総務部に回る前の未消印の切手を持ち出していたとみられ、換金額は14~16年度で計約4億円に達したという。換金された切手は回収されておらず、通常の切手として再び流通した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191031-00000005-asahi-soci

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

命を大切に(北海道釧路発 neo)
http://blog.livedoor.jp/neo310h/archives/1076141720.html

籠池夫妻にそれぞれ懲役7年とはちょっとひど過ぎないか(かっちの言い分)https://31634308.at.webry.info/201910/article_27.html

J−WAVE JAM・THE・WORLD(2019/(市民社会フォーラム)
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=40579

<偽善者と呼ばれ、山本太郎が悔し涙!>「悔しいわ…裕福じゃないもん同士が…赤かぶ(268)(阿修羅2019/10/30)
http://www.asyura2.com/19/senkyo266/msg/855.html

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント