現人類の祖先はやはりアフリカでそこから世界中に広がったとのこと

 現人類の祖先はやはりアフリカでそこから世界中に広がり380年後の現在の考える人が誕生したとのこと、[ワシントン 28日 ロイター] - エチオピアで、380万年前のアウストラロピテクス・アナメンシス(アナメンシス猿人)の頭蓋骨がほぼ完全な形で見つかり、顔が復元された。科学者らが28日発表した、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

380万年前の猿人の頭蓋骨、ほぼ完全な形で見つかる 顔を復元
8/29(木) 13:04配信     エチオピアで、380万年前のアナメンシス猿人の頭蓋骨がほぼ完全な形で見つかり、顔が復元された。科学者らが発表した。提供写真(2019年 ロイター/Matt Crow/Cleveland Museum of Natural History)
[ワシントン 28日 ロイター] - エチオピアで、380万年前のアウストラロピテクス・アナメンシス(アナメンシス猿人)の頭蓋骨がほぼ完全な形で見つかり、顔が復元された。科学者らが28日発表した。 最終的に現生人類へとつながる進化系統の重要な時期に関する手掛かりを示す発見となる。 科学誌ネイチャーに掲載された研究によると、頭蓋骨は2016年にエチオピアの首都アディスアベバの北東約550キロで発見され、成人男性のものだという。これまでの研究では、アナメンシス猿人の身長は約150センチに達したことが示唆されているが、今回は推定身長は示されなかった。  
アナメンシス猿人は、「ルーシー」のニックネームで知られるアウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)の直接の祖先と考えられている。ルーシーは約320万年前に生存していたとされ、化石人骨が1974年にエチオピアで発見された。
研究を主導した米クリーブランド自然史博物館の古人類学者、ヨハネス・ハイレ・セラシエ氏は、頭蓋骨の発見について「これは一生に一度の発見だ。これほどエキサイティングなものはない」とコメント。化石で発見された300万年以上前の初期人類の中で、最も完全な形で残された頭蓋骨だ、と述べた。 これまでに見つかっていたアナメンシス猿人の頭部の化石は顎の一部と歯のみで、この種について完全に理解するのは困難だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190829-00000059-reut-m_est

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

N国の丸山、戦争で領土を取り返す発言繰り返す。N国から非難なし。(かっちの言い分)https://31634308.at.webry.info/201909/article_1.html

岩手知事選に4党党首&小沢が集合。野党系候補の連続勝利を+進次郎の育(日本がアブナイ!)https://mewrun7.exblog.jp/28550025/

アメリカ経済を復活させるのは可能だろうか?(マスコミに載らない海外記事)…赤かぶ(202)http://www.asyura2.com/19/kokusai27/msg/302.html

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント