やってくるのか世界経済の悪化・FRBが二度目の政策金利引き下げ

 やってくるのか世界経済の悪化・FRBが二度目の政策金利引き下げ、
備制度理事会(FRB)は18日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を0.25%引き下げ、         【ワシントン時事】米国の中央銀行に当たる連邦準年1.75~2.00%にすることを決めた、に関連する最新のWeb情報を引用すると、


米、0.25%追加利下げ=年内の金融緩和継続に含み
9/19(木) 3:19配信     【ワシントン時事】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は18日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利を0.25%引き下げ、年1.75~2.00%にすることを決めた。  米中貿易摩擦や世界経済の減速を受けて不透明感が強まっていると判断、約10年半ぶりとなった7月に続き、利下げに踏み切った。
 会合後に発表した声明は景気が「緩やかに拡大した」との判断を踏襲した。ただ、貿易摩擦や世界経済減速、インフレ率の2%目標未達など「先行きに不確実性が残っている」と警戒感を表明。「景気拡大の持続に向け適切に行動する」と改めて強調し、10月以降の追加金融緩和に含みを残した。 パウエルFRB議長は記者会見で「リスクに対する保険を掛ける措置」と説明。予防的な利下げとして小幅な金融緩和にとどめたとの考えを示した。「リセッション(景気後退)は予想していない」としつつ、「景気が悪化すればより積極的な利下げが適切」と柔軟な姿勢ものぞかせた。 大幅利下げを執拗(しつよう)に迫っているトランプ大統領は会合直後に「パウエル議長とFRBはまたしくじった。ガッツもなくセンスもなくビジョンもない!」とツイッターで非難した。 政策決定では、投票権を持つ10人のうち3人が0.25%の利下げに反対。1人は0.5%の大幅利下げを主張し、2人が据え置きを求めた。反対が7月から1人増え、政策運営が難しくなっていることを浮き彫りにした。  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-00000002-jij-n_ame

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

朝日新聞、世論調査を実施するも、結果は社論と真逆の方向へ(私的憂国の書)http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-3587.html

増税前にやることがある 民間交流なら私費でやれ(新宿会計士の政治経済評論)https://shinjukuacc.com/20190918-04/

キチガイ政権とカオナシ国民で日本撃沈(電車の中はいつもワイドショウ!!)https://kegonnnotaki.seesaa.net/article/470227455.html

小泉の目くらましに内閣支持率アップ。本質を見極めれば自ずと道は決まる。(かっちの言い分)https://31634308.at.webry.info/201909/article_16.html

政府の台風災害対策を批判する記事がやっと出た~形が優先ゆえ、自衛隊の(日本がアブナイ!)https://mewrun7.exblog.jp/28581336/

マイナス金利の拡大は、歴史的に何を意味するのか(日本を守るのに右も左もない)http://blog.nihon-syakai.net/blog/2019/09/9229.html

韓国が日本の8倍以上のトリチウムを日本海に放出! …赤かぶ(2,286)(阿修羅2019/9/18)http://www.asyura2.com/19/genpatu51/msg/895.html

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント