ファミリーマートや小田急電鉄等が展開してきたセルフサービスのロッカーをアマゾンも始める

 ファミリーマートや小田急電鉄等が展開してきたセルフサービスのロッカーを利便性に着目しアマゾンも始める、に関連する最新のWeb情報を引用すると、
Amazonは、新たな商品受け取りサービス「Amazon Hub」を開始する。セルフサービスのロッカー「Amazon Hub ロッカー」と、対面で荷物を受け取れる「Amazon Hub カウンター」を展開し、受け取りの選択肢を拡大する。東京と神奈川において、9月中に数十箇所のAmazon Hubを展開し、年末までに200カ所へ拡大。2020年以降全国へ拡大する、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

アマゾンが宅配ロッカー参入。「Amazon Hub ロッカー」をファミマ等に設置
9/18(水) 10:49配信     写真:Impress Watch

Amazonは、新たな商品受け取りサービス「Amazon Hub」を開始する。セルフサービスのロッカー「Amazon Hub ロッカー」と、対面で荷物を受け取れる「Amazon Hub カウンター」を展開し、受け取りの選択肢を拡大する。東京と神奈川において、9月中に数十箇所のAmazon Hubを展開し、年末までに200カ所へ拡大。2020年以降全国へ拡大する。
【この記事に関する別の画像を見る】 
Amazon Hub ロッカーでは、24時間の受け取りが可能で、当日お急ぎ便などに対応。セルフサービスで配達物をいつでも取り出せる。Amazon Hub カウンターは、店舗などを受取拠点にできるもので、店舗にいく“ついで”に荷物を受け取れる。
Amazonの再配達削減などのために、パートナー各社と協力。Amazon Hub ロッカーは、ファミリーマートや小田急電鉄、富士シティオ、東京海上日動、昭和女子大学が展開。Amazon Hub カウンターは、荷物預かりの「Ecbo」、マッサージの「りらく」、大学生生協事業連合が導入する。今後、中小事業者を含めて対応拠点を増やしていく。 Amazon Hub ロッカーの利用者は、Amazonの注文時に配送先として希望のロッカーを指定。Amazonから商品発送され、配達完了すると受け取り準備完了の通知メールが送信される。受け取りバーコードをロッカーのスキャナーでスキャンすると、ロッカーが開き荷物が受け取れる。ロッカーの保管期間は3日間。 
ロッカーには固有の名前がつけられており判別しやすくしている。今回披露したロッカーの名前は「サンマ」。また、マップからロッカーを設置している拠点を確認できる。 Amazon Hubカウンターは、普段利用者が使っている店舗でAmazonからの荷物受け取りを可能にするもの。店舗スタッフが受け取りバーコードをスキャンして、利用者に引き渡す。保管期限は14日以内。荷物預かりの「ecbo clock」加盟店や、マッサージの「りらくる」などと連携し、店舗への送客増加も、Amazon Hubカウンターの狙いの一つ。なお、HubロッカーとHubカウンターへの配送は、デリバリープロバイダーが行なう。
■再配達削減を目指すAmazon。導入店舗は来客増を狙うアマゾンジャパン オペレーション部門責任者のジェフ・ハヤシダ社長は、当日お急ぎ便などの配達サービス強化への取り組みや、最近強化している玄関などに荷物をおいて配達完了とする「置き配」について説明した。 置き配は、27都道府県で拡大し、さらに多治見市では置き配を標準の配達方法にする実証実験を展開している。こうした配達改善の一環としてAmazon Hubロッカー/カウンターを紹介し、「荷物お再配達の解決は、社会的な大きな課題。Hubにより再配達を軽減し、ユーザーの利便性の向上とドライバーの支援を目指す」とした。 Amazon Hubロッカーのメリットとしては、「在宅する必要がない」、「家の外で受け取れる」「お急ぎ便が使える」の3点を強調。家の外で受け取れるため、家族へのサプライズプレゼントなどにも使えるとした、なお、現時点でAmazon Hubロッカーが対応しているのは、商品の「受け取り」のみ。海外では商品の返品も受け付けているが、返品も含め、将来的な機能拡充を検討していく。今回のロッカーは、米国などで展開しているものと同じ(カラーはオレンジからブルーになった)。サイズもかなり大きく、設置できる場所が限られそうだが、サイズの問題も「いろいろ検討していく」とした。また、Amazon以外の事業者へのロッカーの開放についても検討課題の一つ。ファミリーマートは2019年度内に約50店舗でAmazon Hub ロッカーを導入。利用者が待つこと無く、受け取りできるほか、オペレーションの効率化や利用客の拡大を狙う。ファミリーマートの澤田貴司社長は、「ファミリーマートの宅配物の約8割がAmazonのもの。多い店では1日40-50個になる。店員の負担とともに、店舗への集客についても期待している」とした。また、店舗内の保管スペース確保という点でも、専用ロッカーの導入は重要という。2019年中は、東京と神奈川を中心にAmazon Hub ロッカー/カウンターを各100カ所、合計200カ所に設置する。2020年以降の全国展開を目指す。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190918-00000159-impress-sci

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

また政府の受けを狙って淡路島、兵庫県、和歌山県、瀬戸内沿岸県の漁業、(かっちの言い分)https://31634308.at.webry.info/201909/article_17.html

安倍政権で衆参の投票率が低下。TVの選挙報道が減少。安倍は、選挙中の(日本がアブナイ!)https://mewrun7.exblog.jp/28579694/

大津市市民活動センターでのSDGsフォーラムのご案内(市民社会フォーラム)http://civilesociety.jugem.jp/?eid=40434

「れいわ新選組」の党本部が赤坂にオープン! …赤かぶ(282)(阿修羅2019/9/17)http://www.asyura2.com/19/senkyo265/msg/587.html

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント