知識経済部門を中心とした日米独等8ヶ国経済比較: 1995〜2011年産業連関分析

アメリカ: 表Ⅳおよび図34を検証すると、全産業部門生産額(GO total industries)はリーマンショック発生の2008年まで漸増したが、発生翌年の2009年に2006年時の生産額まで急落したが翌年から回復し2011年は1995年のほぼ2倍、2011/1995年比:1.998。製造業部門は1995〜2004年徐々…
コメント:0

続きを読むread more

知識経済部門を中心とした日米独等8ヶ国経済比較: 1995〜2011年産業連関分析

 第5節第3項  日米独等8ヶ国1995〜2011年生産額推移分析             1995〜2011年の変化を測定するための2011/1995年の比を指標とする8ヶ国各 国の生産額2011/1995年比の推移*を、表Ⅴに、更に添付ファイルのExcel図:8ヶ国の生産額推移*1995〜2011年を図33〜40に示す。 …
コメント:0

続きを読むread more

知識経済部門を中心とした日米独等8ヶ国経済比較: 1995〜2011年産業連関分析

デンマーク: デンマーク:  1995年のスカイライン図29の電気ガス水道部門を除く農林水産業~建設業までの製造業部門の内自給率が100%以下の部門は、鉱業・繊維&衣料・皮革&履物・パルプ紙印刷・石炭石油製品・基礎金属&製品・電気・光学製品・輸送機器の8部門であるが、2…
コメント:0

続きを読むread more

知識経済部門を中心とした日米独等8ヶ国経済比較: 1995〜2011年産業連関分析

スウェーデン: スウェーデン:  1995年のスカイライン図25の電気ガス水道部門を除く農林水産業~建設業までの製造業部門の内自給率が100%以下の部門は、鉱業・飲食料煙草・繊維&衣料・皮革&履物の4部門であるが、2005年に農林水産業部門の自給率が100%以下に下落…
コメント:0

続きを読むread more

知識経済部門を中心とした日米独等8ヶ国経済比較: 1995〜2011年産業連関分析

フィンランド: フィンランド: 1995年のスカイライン図21の電気ガス水道部門を除く農林水産業~建設業までの製造業部門の内自給率が100%以下の部門は、鉱業・繊維&衣料・皮革&履物・化学品・輸送機器の5部門であったが、2005年に飲食料煙草部門の自給率が…
コメント:0

続きを読むread more

知識経済部門を中心とした日米独等8ヶ国経済比較: 1995〜2011年産業連関分析

フランス: フランス: 1995年のスカイライン図17の電気ガス水道部門を除く農林水産業~建設業までの製造業部門の内自給率が100%以下の部門は、鉱業・繊維&衣料・皮革&履物・木製品・パルプ紙印刷・石炭石油製品の6部門であったが、年々自給率が100%以下に下落す…
コメント:0

続きを読むread more

知識経済部門を中心とした日米独等8ヶ国経済比較: 1995〜2011年産業連関分析

ドイツ: ドイツ: 1995年のスカイライン図13の電気ガス水道部門を除く農林水産業~建設業までの製造業部門の内自給率が100%以下の部門は、農林水産業・鉱業・飲食料煙草・繊維&衣料・皮革&履物・石炭石油製品・製造関係リサイクル品の8部門であり、飲食料煙草部門は20…
コメント:0

続きを読むread more

知識経済部門を中心とした日米独等8ヶ国経済比較: 1995〜2011年産業連関分析

イギリス: イギリス: 1995年のスカイライン図9の電気ガス水道部門を除く農林水産業~建設業までの製造業部門の内自給率が100%以下の部門は、農林水産業・飲食料煙草・繊維&衣料・パルプ紙印刷・輸送機器・製造関係リサイクル品の6部門であり、この6部門以外の部門でも下落…
コメント:0

続きを読むread more

知識経済部門を中心とした日米独等8ヶ国経済比較: 1995〜2011年産業連関分析

イギリス: イギリス: 1995年のスカイライン図9の電気ガス水道部門を除く農林水産業~建設業までの製造業部門の内自給率が100%以下の部門は、農林水産業・飲食料煙草・繊維&衣料・パルプ紙印刷・輸送機器・製造関係リサイクル品の6部門であり、この6部門以外の部門でも下落…
コメント:0

続きを読むread more

知識経済部門を中心とした日米独等8ヶ国経済比較: 1995〜2011年産業連関分析

第5節第2項  日米独等8ヶ国スカイライン分析                    日米独等8ヶ国各国の1995、2000、2005、及び2011年のスカイライン図を 図1〜32に示す。最初にスカイライン図の分析方法を述べると、自給率100%は国内生産水準が国内最終需要を満たすラインであり、超過部分は国内最終需要以上の生産を挙げ海…
コメント:0

続きを読むread more

知識経済部門を中心とした日米独等8ヶ国経済比較: 1995〜2011年産業連関分析

第5節  日米英独等8ヶ国経済比較:1995〜2011年産業連関分析          第5節第1項  スカイライン分析と経済(生産額)成長の関係               経済(生産額)成長の関係把握は1995〜2011年2011/1995年比の比較で可能だが、スカイライン図分析は各国の経済構造変化を明らかにするだけで、表Ⅹ 8…
コメント:0

続きを読むread more