対日赤字は時限爆弾なのか・トランプ米大統領が対日貿易赤字是正について発言

 対日赤字は時限爆弾なのか・トランプ米大統領が対日貿易赤字是正について発言、 【ビアリッツ(フランス南西部)=塩原永久】トランプ米大統領は26日の記者会見で、日本車に高関税を課す措置を「現時点では」考えていないと述べ、将来的な発動は可能だとの認識を示した。日米は貿易交渉で大枠合意し、9月下旬の正式署名を目指すが、交渉カードとしての自動車関税を“温存”し、さらに対日貿易赤字の是正を迫る構えだ、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

日本車への高関税、排除せず トランプ氏の会見

8/27(火) 9:05配信   【ビアリッツ(フランス南西部)=塩原永久】トランプ米大統領は26日の記者会見で、日本車に高関税を課す措置を「現時点では」考えていないと述べ、将来的な発動は可能だとの認識を示した。日米は貿易交渉で大枠合意し、9月下旬の正式署名を目指すが、交渉カードとしての自動車関税を“温存”し、さらに対日貿易赤字の是正を迫る構えだ。
 トランプ氏は先進7カ国首脳会議(G7サミット)の閉幕に合わせ会見した。
 日米両政府は25日に貿易協定について合意した。トランプ氏は会見で、交渉がまとまったことから自動車関税は当面発動しないが、「やろうと思えば後日できる」と指摘し、選択肢を手放さない考えを示した。 トランプ氏は26日、記者団に対し、巨額の対日貿易赤字に不満を表明した。協定内容の詳細を詰め、9月下旬に署名できると自信をみせる一方、「米国にはさまざまなカードがある」と強調。日本が署名を拒めば、自動車関税の発動も視野に入れて対処すると示唆していた。 日本から米市場への輸入車には通常2・5%の関税が上乗せされる。日本は貿易交渉で、農業市場の開放を認める引き換えに、米国に対し、自動車に通常かける関税の撤廃を求めていた。
 トランプ氏は記者団から、交渉の大筋妥結に際して関税撤廃をしないかと聞かれ、「なんで、そんなことをするのか? 教えてくれ」と否定した。 米政府は「通商拡大法232条」に基づき、自動車・同部品の輸入が安全保障を脅かす恐れがあるとし、最大25%の追加関税を検討。トランプ氏は5月に判断をいったん先送りしたが、11月に再び判断期限を迎える。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190827-00000525-san-n_ame

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

トランプが「最大規模の貿易協定」が言う恐ろしさ。日本の農業壊滅か?(かっちの言い分)https://31634308.at.webry.info/201908/article_24.html

9.19 AI兵器規制と武器貿易条約に関する合同報告会(事前申込制)(
市民社会フォーラム)http://civilesociety.jugem.jp/?eid=40365

埼玉知事選で野党候補が勝利。自民の戦略ミス、菅の力に衰えか。出馬とりやめに…笑坊(244)(阿修羅2019/8/26)http://www.asyura2.com/19/senkyo264/msg/826.html

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント