知識経済部門を中心とした日米独等8ヶ国経済比較: 1995〜2011年産業連関分析

 第5節第3項  日米独等8ヶ国1995〜2011年生産額推移分析            
1995〜2011年の変化を測定するための2011/1995年の比を指標とする8ヶ国各
国の生産額2011/1995年比の推移*を、表Ⅴに、更に添付ファイルのExcel図:8ヶ国の生産額推移*1995〜2011年を図33〜40に示す。

表Ⅳ 8ヶ国1995〜2011年生産額2011/1995年比の推移*
                                                       
 国名    全産業部門  製造業部門  サービス部門  知識経済部門  教育部門
日本        98.0%       87.0%      106.8%      127.5% 90.0%
アメリカ      199.8%     160.2%      220.1%     235.5% 243.5%
イギリス      207.0%     140.2%       250.6%      276.8% 205.8%
ドイツ       155.0%      148.5%     156.3%       162.7% 157.9%
フランス      173.8%      167.9%     177.2%      187.5% 161.8%
フィンランド    216.4%    194.8%    236.4%       251.9% 195.0%
スウェーデン   204.4%     193.5%     211.7%      232.8% 200.2%
デンマーク    192.9%     154.4%     215.7%      230.0 %   206.6%

日本:

日本生産額推移1995年~2011年.png

表Ⅳおよび図33を検証すると、全産業部門生産額(GO total industries)は1995年〜2005年までは低迷し、〜2008年にやや増大するもリーマンショック発生翌年の2009年に1995年時の95%に急落したが、翌年から98%に回復、2011/1995年比:0.980で1995年より全産業部門生産額が2.0%減少している。
製造業部門は2002年まで徐々に低落した後、徐々に増大し2007&2008年は1997年レベル、リーマンショックの翌年2009年は1995年の81.5%に急落し翌年やや回復するも2011/1995年比:0.890で1995年生産額より11.0%も減少した。サ-ビス部門計生産額(GO service dept total)は2008年リーマンショックの影響は受けたが翌年から回復基調2011/1995年比:1.065で1995年より6.5%増大とわずかに成長した、知識経済部門計(GO knowledge economy)は1995年以来徐々に増大し、2011/1995年比:1.186で1995年より18.6%増大したが、教育部門(education)は減少続きで、2011/1995年比:0.900で1995年より10%減少している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント