海底探査は地下資源の探査と海底資源の有効活用に道を開くことに

 海底探査は地下資源の探査と海底資源の有効活用に道を開くことに
通じ喜ばしい、 潜水艇型の海中ロボットで測量した海底の地形図の正確さを競う国際レースの決勝で、日本財団が出資し、海上保安庁職員も参加した国際チームが優勝した。主催した米Xプライズ財団が5月31日(日本時間6月1日)、モナコであった表彰式で発表した。準優勝は、日本の研究機関や企業でつくる「チームKUROSHIO(クロシオ)」。それぞれ賞金約4億4千万円と約1億1千万円を獲得した、に関連する最新のWeb情報を引用すると、


国際海底探査レース、日本チーム準優勝 賞金1億円
6/1(土) 5:41配信 海底を測量する潜水艇(チームKUROSHIO提供)  潜水艇型の海中ロボットで測量した海底の地形図の正確さを競う国際レースの決勝で、日本財団が出資し、海上保安庁職員も参加した国際チームが優勝した。主催した米Xプライズ財団が5月31日(日本時間6月1日)、モナコであった表彰式で発表した。準優勝は、日本の研究機関や企業でつくる「チームKUROSHIO(クロシオ)」。それぞれ賞金約4億4千万円と約1億1千万円を獲得した。
【写真】深海探査のイメージ。2台の潜水艇で海底を計測し、洋上の無人船を通じて人工衛星経由でデータを送信する=チームKUROSHIOのサイトから
 両チームは2017年、19チームによる予選を通過。ギリシャ沖で昨年あった決勝で米独、スイスなどのチームと水深1千メートル以深の海底を測量し、地形図の広さと正確さを競った。 優勝した国際チームは、14カ国が参加し、海上保安庁職員の住吉昌直さんは測量データの処理を担当していた。クロシオは海洋研究開発機構や東京大、民間企業などのチーム。朝日新聞社のクラウドファンディング「A-port」で750万円を募って決勝に挑んでいた。レースで培った技術を安価な資源探査などにつなげたい考えだ。
 Xプライズ財団は、1995年に設立された米国の非営利組織。日本のチーム「HAKUTO」が参加した民間による月探査レースなど、世界規模のレースを主催している。(杉本崇)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000011-asahi-soci


政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

れいわ新選組に蓮池透氏の参戦で蟻の一穴になる予感。(かっちの言い分)
https://31634308.at.webry.info/201906/article_1.html

「人生100年時代に自助努力を、と国が示して怒っている人は、「一部」と(ありあはんとのブログ)
http://bank-d.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-2d4b14.html

れいわ新撰組、庶民が資金出す新しい政治!苦しい生活の中から【山本太郎(みんなが知るべき情報/今日の物語)https://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/3aee940929c87a972783c94660057cfc

歌山放送ラジオ 伊藤宏の脳にきくニュース(2019/6/1) トランプ大統(市民社会フォーラム)http://civilesociety.jugem.jp/?eid=40044

蓮池透氏を擁立山本太郎氏「れいわ新選組」の“破壊力”(日刊ゲンダ… 赤かぶ(60)(阿修羅2019/6/1)
http://www.asyura2.com/19/senkyo261/msg/460.html

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック