中国の知的財産大手のファーウェイが世界で重要性増す

 中国の知的財産大手のファーウェイが世界で重要性増す、[ロンドン 20日 ロイター] - 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]は20日、自社のスマートフォンやタブレットへのセキュリティー更新とサービスの提供を継続すると表明した、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

ファーウェイ、スマートフォンやタブレットへのサポート継続表明

5/20(月) 18:48配信     5月20日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は、自社のスマートフォンやタブレットへのセキュリティー更新とサービスの提供を継続すると表明した。写真は同社のロゴマーク。16日撮影(2019年 ロイター/Charles Platiau) [ロンドン 20日 ロイター] - 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]は20日、自社のスマートフォンやタブレットへのセキュリティー更新とサービスの提供を継続すると表明した。米アルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルがファーウェイへのソフトの提供など一部ビジネスを停止。これにより、ファーウェイはグーグルが開発する基本ソフト(OS)「アンドロイド」のアップデートができなくなる。ファーウェイ広報担当者は「われわれは世界中でアンドロイドの発展と成長に多大な貢献を果たした」と指摘。その上で「ファーウェイは引き続き、全ての既存のファーウェイおよびHonorスマートフォン・タブレット製品へのセキュリティー更新やアフターセールサービスを提供する」とした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000076-reut-bus_all

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

アメリカと中国の 貿易戦争重大な事態になる可能性を秘めています(京都からの手紙)https://blogs.yahoo.co.jp/kyoto_4192/40420220.html

威力業務妨害罪と往来妨害罪(ヒデと明美の愛のブログ)https://blog.goo.ne.jp/goo112113/e/b99c1570d4f6ed091856da553f30eebd

西日本や東海で局地的に激しい雨 土砂災害など警戒を(親父と息子の口喧嘩)
https://ameblo.jp/abiko2/entry-12462757791.html

部落差別を煽って参議院議員になろうとしています(市民社会フォーラム)http://civilesociety.jugem.jp/?eid=39986

丸山議員は自分の発言が問われているのに全て他人の問題にすり(かっちの言い分)https://31634308.at.webry.info/201905/article_18.html

硫黄島で在日米軍が訓練 悪天候時には騒音問題も(小笠原父島オガツアーのブログ3)http://blog.livedoor.jp/ogatour/archives/53381873.html

こんなものを延ばしてもらったからと言って憲法を改正との穿った(Social News Site「bizdoor」)https://blog.goo.ne.jp/bizdoor/e/f6394196681000b37f6de62f411bc49c

電気自動車には大きな欠陥あり、(須磨アルプスのエネルギー問題に関する)https://blog.goo.ne.jp/ngyuu2013/e/17feb2519c0d18bf87db37bf38faedcb

今自然が大きく破壊されている⤵️🥶(京都からの手紙)https://blogs.yahoo.co.jp/kyoto_4192/40419773.html

プレジ・公明党壊滅への秒読み、熱心なのはシニアだけ。共産が全く同じ状況。…ポスト(545)(阿修羅2019/5/20)http://www.asyura2.com/19/cult21/msg/109.html

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック