「共産宮本氏を野党統一候補支持は国民民主、自由、社民、社保。何故いない立憲。」について

共産宮本氏を野党統一候補支持は国民民主、自由、社民、社保。何故いない立憲。」について


画像


 共産党は、衆院大阪12区補選(4月9日告示、21日投開票)に宮本岳志衆院議員(比例代表近畿ブロック)を無所属で擁立すると発表した。擁立を決めていた新人の元衆院議員秘書、吉井芳子氏(56)と宮本氏を差し替えた。同補選には、宮本氏以外に自民公認の北川晋平氏、日本維新の会公認の藤田文武氏、無所属の樽床伸二氏が立候補を表明している。

共産の志位和夫委員長は、野党の統一候補として宮本氏として共闘を呼びかけている。これに対して、志位氏のツイートのように、国民民主玉木代表、自由小沢代表、社民吉川幹事長、社保の野田代表が対応してくれて統一候補として推す方向になっている。自由は完全に推薦する決定されている。これは画期的な共闘である。自由党は統一候補としての決断に敬意を示すと表明している。

皆さんもお気づきのように、この中には立憲枝野代表の文字はない。このブログで野党で束になって自民安倍政権に共闘して対抗してほしいと書いているので、立憲を批判はしたくはないが、野党の第一党が無いのはどういうつもりなのか?と言いたい。共産は野党第一党の立憲には当然是非とお願いしているはずである。自党の候補者が立っているならまだしも。やはり統一候補は「持ちかけられるのは迷惑だ」ということなのか。そうなら、あまりに偏屈!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック