「元号に「安」が入らなかったのでも歓迎する。ここぞと露出満開。」について

元号に「安」が入らなかったのでも歓迎する。ここぞと露出満開。」について
新元号が、「令和」と決定された。これを聞いたときの第一の感想は「よかった。安〇、〇安でなくて」
である。本当にほっとした。世間も「安」が付くと思っていたと思う。安倍首相なら何でもありと思っていたと思われる。なぜなら、深層心理に安倍首相ならやりかねないと思っていると思うからである。

しかし、あまりに「安」の付く元号が世間から出ていたので、逆説的に政府側も選定しづらくなったと思われる。国民の高等手段である。官邸での記者会見は大部分がやらせであることがわかった。第一声の記者は産経新聞社であった。それもかなり長い質問である。これが東京新聞の望月記者が質問していたとすれば、確実に広報室長から「質問が長すぎまーす」、「簡潔にーー」と言われていたと思われる。安倍首相もそれを受けて長々と回答する。話しながら、原稿をちらちら見ている。次のフジTV記者からも同じパターンである。事前に何が質問されているかわかっていて、その回答文も用意されている。
このぐらいの事でも原稿を見ずに一人で言えない。情けない。

それにしても、安倍首相が前面に露出している。官邸での記者会見は仕方がないが、民放の夕方のニュース以降、各社に出演している。1社でもニュースに出れば、後の企業もメンツのため放映を出さざるをえなくなる。官邸の「談話」だけで済む話を、民放番組に軒並み出てダメを押す。これも参議院選挙への布石である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック