「立憲枝野代表、菅氏発言に謝罪。この機会に野党で安倍政権に対抗してくれ。」について

立憲枝野代表、菅氏発言に謝罪。この機会に野党で安倍政権に対抗してくれ。」について
一昨日、以下のタイトルで菅立憲最高顧問の発言について批判した。うぬぼれも甚だしいと。
『菅立憲最高顧問のいう純血主義では野党第一党が野党共闘を阻む。』
https://31634308.at.webry.info/201904/article_10.html
いやしくも、立憲を代表している最高顧問である。自分は立憲の考えを述べたのだろう思っていた。あまりにうぬぼれていないか?と書いた。自分自身は、別に国民民主のことを熱烈支持している訳ではない。ただ、一点、今の安倍政権を終わらせたいという思いだけだ。政権交代が出来ないのなら、自民の安倍以外の政治家でもいいと思っている。歴代の首相で最低と思っているからだ。その意味で、まずは安倍政権を終わらせる野党勢力を期待している。政権を取れないのなら、今のように与党の絶対多数をまずは打破するしかない。

今日、枝野代表が、「国民民主党は解散すべきだとツイッターに投稿した立民の菅直人元首相を口頭で厳重注意し、10日に国民の玉木雄一郎代表に謝罪したと明らかにした。」という。さすがに、枝野代表も管氏の発言は酷いと思ったのだろう。さらに「政党がどう行動するかはそれぞれの政党の判断だ。改めて国民民主党におわびし、こうしたことを繰り返さないようにしたい」と語った。菅氏は、枝野氏に対し「迷惑をかけて申し訳ない」と話したという。
菅氏の行いは、昔の同じ仲間だった小沢氏を批判した行いと同じである。敵は、別のところにいることを忘れている。野党同士で潰しあいをしても仕方がない。国民とって、安倍政権の悪政の大きさから見れば、野党の差異などは同じである。野党は束になって安倍政権に対抗してほしいのだ。枝野さん、お願いしますよ。



枝野氏、菅元首相を注意
https://www.sankei.com/politics/news/190413/plt1904130008-n1.html

 立憲民主党の枝野幸男代表は13日、国民民主党は解散すべきだとツイッターに投稿した立民の菅直人元首相を口頭で厳重注意し、10日に国民の玉木雄一郎代表に謝罪したと明らかにした。金沢市で記者団に「政党がどう行動するかはそれぞれの政党の判断だ。改めて国民民主党におわびし、こうしたことを繰り返さないようにしたい」と語った。
 菅氏は、枝野氏に対し「迷惑をかけて申し訳ない」と話したという。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック