「塚田副大臣の「忖度」発言は職務違反。きっぱり辞任すべき。国民はもっと怒れ!」について

塚田副大臣の「忖度」発言は職務違反。きっぱり辞任すべき。国民はもっと怒れ!」について
塚田副大臣が、地元講演会で「首相とか副総理が言えないので私が忖度した」、 「これは首相と副総理の地元の事業だよ(と言われた)。私は物分かりがいい。すぐ忖度する。分かりましたと応じた」
と述べた。この録音をTVで実際に聞いたが、全く悪びれもしなく、至極堂々と上記のように述べていた。それも明確に録音され、字幕で報道された。

この発言は誰が聞いても致命的である。今まで「忖度する」と言われていたのは、例えば政治家、官僚の関係で「結果」を客観的に見て、傍の人が「官僚が政治家に忖度している」という言い方であった。別に官僚が自分自身で「私は政治家に忖度しました」などとは決して言わない。言わないのは何故か?それはそんなことを言えば、職務規則違反であることがわかっているからだ。つまり、塚田副大臣は職務違反を犯している。

それを、塚田氏は国民の代表であるながら、自分の行為を彼自身が「忖度」と述べいる。それも、2度も忖度したと述べている。ちょっと口を滑らしたような話ではなく確信犯である。この発言でも安倍首相は絶対に辞めさせない。最も職務規範に厳しいはずのTOPがその犯罪に近い発言を認める。もうどうしようもない。

上記の発言が許されるのなら、かつて民主党政権で鉢呂大臣が、福島原発で廃墟になった街を見て、ぽつりと「死の町」のようだと述べ辞任したことはかわいそうである。さらに記者とのオフレコの会見で記者に対してふざけて「放射能をうつしてやる」と述べて、マスコミにバラされて、自民に騒がれて辞任したことを思うと、塚田氏の発言とあまりの対応の違いにギャップを感じる。今の政府の堕落に国民は本当に怒らないのが不思議でならない。もう安倍首相に慣らされていけないのだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック