国民の生活が第一は人づくりにあり

アクセスカウンタ

zoom RSS 医学の進歩で長寿日本人は更なら長寿が期待できる時代到来

<<   作成日時 : 2019/03/19 10:55   >>

ナイス ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 0

 医学の進歩で長寿日本人は更なら長寿が期待できる時代到来、「これまで『上(=収縮期血圧)140/下(=拡張期血圧)90』(単位=mmHg)といわれていた高血圧の基準が“見直されるのではないか”と注目されているのが、日本高血圧学会が4月に改訂する予定の『高血圧治療ガイドライン2019』。そこでは『上130/下80』未満まで、降圧目標値が引き下げられる方針なんです」(医療ジャーナリスト)、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

日本高血圧学会が4月改訂予定「高血圧の降圧目標値」とは  
3/18(月) 6:05配信    高血圧の基準値は現状どおりの『上140/下90』で変わりません。今回、改訂される点は、それとは別に、“降圧目標値”という数字が新たに設定されるということなのです。  「これまで『上(=収縮期血圧)140/下(=拡張期血圧)90』(単位=mmHg)といわれていた高血圧の基準が“見直されるのではないか”と注目されているのが、日本高血圧学会が4月に改訂する予定の『高血圧治療ガイドライン2019』。そこでは『上130/下80』未満まで、降圧目標値が引き下げられる方針なんです」(医療ジャーナリスト) 現在、日本には「上140/下90」以上の高血圧患者が推定4300万人いるとされている。もし、それが「上130/下80」に引き下げられると、日本は6300万人の高血圧患者であふれることに。すなわち“国民の2人に1人が高血圧”と認定されるが――。
新小山市民病院の理事長・病院長の島田和幸さんに、さっそく話を聞いた。日本高血圧学会の元理事長でもある人物だ。「確かに勘違いしている方も多いのですが、高血圧の基準値は現状どおりの『上140/下90』で変わりません。今回、改訂される点は、それとは別に、“降圧目標値”という数字が新たに設定されるということなのです。この降圧目標とは、高血圧とは呼べないけれど、心臓血管病の発症するリスクが高まる領域にある人に対して、『生活習慣の改善が必要ですよ』と促すために設定されたものだと説明されています」そうなると、血圧130という数値は、まだすぐに治療を始めるほどではないのだろうか?「実はこの数字は、欧米で高血圧基準値の見直しが行われている、その“最近の流れ”を受けてのものといえます。アメリカでは、'17年にいちはやく『130/80』以上がすべて『高血圧症』と診断されるように基準が改訂されました。'18年には、欧州高血圧学会と欧州心臓病学会が、基準値を『140/90』で据え置いたまま、『降圧目標』を『130/80』未満に引き下げています。それらの大きな根拠となったのが、アメリカ国立心肺血液研究所が行った『SPRINT』という臨床試験の結果でした」'15年に発表された「SPRINT」は、糖尿病のない高血圧患者9,361人を対象に実施され、投薬によって降圧目標を「上140未満」と「上120未満」の2クラスに設定してそれぞれの「心筋梗塞や脳卒中の発生率」と「全死亡率」を比較したもの。 上120未満の人は上140未満の人に比べて、心筋梗塞や脳卒中の発生率で約25%、全死亡率で約27%低いという結果が出た。
「この調査が、血圧は低ければ低いほど“健康で長生きできる”という理屈の裏付けになった。ただ、もし日本で『上130未満』と基準値を10も下げたら、大変な混乱が起きる可能性がある。だから今回は“目標値”として発表することになったのです」この調査結果を知った人の中には、恐怖のあまり「すぐに降圧薬を処方して!」と病院に駆け込む“血圧130台”の人がいるかもしれない。そこで本誌は「高血圧の薬による家計の負担増」を試算してみることにした。
実務薬学総合研究所の薬剤師・水八寿裕さんが解説する。
「高血圧薬の処方として、通例では、まず安価なジェネリックも多いカルシウム拮抗薬が出されます。次に肥満傾向がある場合には利尿薬で体重増加を抑え、必要であれば、ACE阻害薬などが処方されます」高血圧の薬はこの3分類の取り合わせが一般的だが、依然、血圧が高ければ、ほかの生活習慣病とひも付けて考えることが多い。「それぞれ基準値を大きく外れるなどしていれば、抗コレステロールのHMG-CoA還元酵素阻害薬や糖尿病のビグアナイド製薬などが、追加されていくケースが考えられます。仮にこのような計5種類の処方ともなれば、病院での自己負担額と薬局での薬代を合わせて月3000円近い治療費がかかることになるでしょう」水さんは「3割負担で月額1000円以上」になる場合、薬代の見直しが必要ではないかという。
「女性は更年期関連の薬、ご主人は肝臓や尿酸値の薬などが追加で処方されていけば、夫婦で月6000円を超えるかもしれない……。薬剤師に相談するなどして、作用の有無も考えながら“本当に必要なもの”を検討すべきです」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190318-00010003-jisin-soci

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

死亡事故起こした75歳以上 ほぼ半数が認知機能低下など(親父と息子の口喧嘩)https://ameblo.jp/abiko2/entry-12447965416.html

時事通信調査に続き、毎日新聞でも内閣支持率39%(かっちの言い分)https://31634308.at.webry.info/201903/article_16.html

朝鮮人強制連行は事実だ(市民社会フォーラム)http://civilesociety.jugem.jp/?eid=39720

[転載]繰り返すな戦争−日米安保と沖縄− 第2回 「(宝の山)https://blogs.yahoo.co.jp/huwawatanpopo2010/38007951.html

会を始動させるな! 3.19国会議員会館前行動(市民社会フォーラム)http://civilesociety.jugem.jp/?eid=39726

ニュージーランド銃乱射事件 人種差別を乗り越える転生(理想国家日本の条件 自立国家日本)https://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/7dae6f678c372af3686d4ee8e962784a

東京福祉大学、3年間でおよそ1400人の留学生が所(アノニマスポスト 政治・外交・経済)https://anonymous-post.mobi/archives/5050

山本太郎議員「沖縄県だけ消費税ゼロにしろ」〜ネット(アノニマスポスト 政治・外交・経済)https://anonymous-post.mobi/archives/5047

北方領土はもう2島さえも帰ってこない 3(ぐう、ちゃんの一言)https://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/65239812.html

働き方改悪 「店主は労働者ではない」(時評日日)http://wapic.blog.fc2.com/blog-entry-1565.html

マスコミが報じないトランプの「アメリカファースト」(保守ですが何か?)https://ameblo.jp/genten-nippon/entry-12447740356.html

<北朝鮮外務次官のひとことで、米国も日本も大慌てだ!>わずか一日で攻守逆…赤かぶ(2,173)(阿修羅2019/3/18)http://www.asyura2.com/19/kokusai25/msg/712.html

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/vo6l33x20n7g

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

koenaikoe_negaiをフォローしましょう
医学の進歩で長寿日本人は更なら長寿が期待できる時代到来 国民の生活が第一は人づくりにあり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる