「辺野古工事は大臣のせいで自分ではないという卑怯者。日本の民の首相ではない。」について

辺野古工事は大臣のせいで自分ではないという卑怯者。日本の民の首相ではない。」について
今日、参院で福山議員が沖縄の辺野古の投票について首相、防衛大臣の見解を問うた。その一部を書き起こした。岩屋大臣の回答を聞いてひっくりかえってしまった。

福山「あらかじめ県民投票の結果を全く無視して土砂の投入は決めていたのですか?県民投票はちゃんと地方自治体法に基づいた民主的な手続きだが総理は無視するということか?
岩屋大臣「あらかじめ事業は継続させてもらうと決めていた。総理への報告は逐次行っているが了解をいただいていた」
安倍首相「普天間基地の1日も早い全面返還を実現するのが私の方針。この方針のもとに工事を進めるかどうかは防衛大臣が判断している。県民投票の結果について論評する立場にない。沖縄の皆さまの気持ちに応えられるよう基地負担軽減に全力で取り組み政府としての責任を果たしていく所存である。」

岩屋氏は、選挙結果がどうであろうと、あらかじめ事業の継続を決めていたという。それも逐次首相に報告して了解を頂いていたという。この人正直である。逐次了解を得ていたというのだ。あたかも、暗に私は単に指示に従ったまでだ、と答えている。

 一方、安倍氏の方は、「工事を進めるかどうかは大臣が判断している」と述べている。自分が指示しないと工事なんて出来ないのに大臣の意志でやっているとちゃんと逃げ道を作っている。この男、何か都合が悪くなると必ず誰かを身代わりにする。汚く、超卑怯な男だ。

また、県民の投票結果に論評する立場にないという。まるで、沖縄は日本と関係の無い彼方の国のように言っている。少なくとも沖縄の住民は日本国民である。その国民のTOPは残念だが安倍氏である。こんな男は日本の首相ではない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック