「自由森議員、参議院で沖縄問題を滅多切り。出てきたのは嘘だらけ。」について

自由森議員、参議院で沖縄問題を滅多切り。出てきたのは嘘だらけ。」について

驚いた ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 0

自由は国民民主と統一会派を組んだことにより、小沢氏がかつて総理にしたいと漏らした森ゆうこ議員が参議院の野党筆頭理事になったことは、あまり知られていない。その森氏が国民民主の時間も貰って長時間の質問を行った。NHKは一切野党の質問は取り上げない。御用NHKだから仕方ないが。この中で、森議員は国民の代表として政府を追及した。一部、質疑を書き起こした。

森ゆうこ議員「大戦で一番被害を受けた沖縄の人々の県民投票の結果をどう受け止めてるのか?」
安倍首相「沖縄の基地軽減に向けてさらに力を尽くしたい」
森議員「真摯に受け止めるって言葉はやめたのですか?」
議長「森さん、もう一度言って下さい」
森議員「真摯に受け止めるって言葉はやめたのですか?」
安倍首相「あのう、先ほど、そう申し上げた」

森議員の2度の質問に、「真摯に」という言葉は一切言っていないのに、「先ほど、そう申し上げた」と述べる。日頃、平気で嘘を言ったり、はぐらかすが、今日は森氏の圧力に言っていないことまで、聞こえてくるらしい。「私は国家」、「私は行政府の長」、「総理なので森羅万象すべて担当している」などを聞くにつけ、もう自分は
神の領域にまで来ていると思っているかもしれない。

森議員は、辺野古基地埋め立ての問題に切り込む。

森議員「今までかかった総額、これからかかる総額を言って下さい」
岩屋大臣「これまでの執行の総額は1270億円だと思いますが、ええ、全体の経費がいくらかかるかの質問ですか?それはですね、この段階での確たることは申し上げられません。先般、軟弱地盤の工事が必要であることを申し上げていますが、詳細な設計が、あのう出来次第、概要がわかり次第ですね、総額を報告したいと思います」
森議員「ここ予算委員会なんですけど。総額がいくらかかるかわからない、何時できるかわからない、そんな公共事業の予算があるんですか?一体いくらかかるんですか?いつになったら出来るのですか?それくらい言わなきゃダメなんじゃないですか?」

森議員は、辺野古基地の沖には3年前から軟弱基盤であったことがわかっていたのに、何故基本設計も出来ていないのかと追及した。沖縄県試算では2兆数千億円と見積もっている。森氏が文殊の二の舞になるのではないか?と追及した。

昨日の日曜討論で自民党の参議院幹事長が、うっかり?普天間基地の1/3が辺野古に移動すると述べた。辺野古が出来れば、普天間がなくなると思っていたことが真っ赤な嘘であることが分かった。もう安倍政権は嘘だらけで信用出来ない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック