近所の洋服屋では就活応援セールが行われている・景気が回復復し求人が売り手市場なのは一部の業種だけが真

 近所の洋服屋では就活応援セールが行われている・景気が回復復し求人が売り手市場なのは一部の業種だけが真相の証明なのだ、〈さて、就活市場はいま“売り手市場”と言われている。リクルートワークス研究所によると、2019年卒の求人倍率は1.88倍。一般に1.6倍以上は“売り手”と言われるから、一見すると“売り手”になる。しかし、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

就活は本当に“売り手市場”? ルール廃止で激変する「就活戦線」の必勝戦略
2/16(土) 8:00配信     業種別 求人倍率の推移  “売り手市場”という幻想 〈さて、就活市場はいま“売り手市場”と言われている。リクルートワークス研究所によると、2019年卒の求人倍率は1.88倍。一般に1.6倍以上は“売り手”と言われるから、一見すると“売り手”になる。しかし――〉  数字に惑わされてはいけません。業種別に求人倍率を見てみると、簡単に“売り手”“買い手”と言えないのです(グラフ参照)。  たとえば、「製造」は2倍。人手不足と言われる「建設」は10倍、「流通」は13倍です。これらの業種はたしかに“売り手”です。
 一方、「金融」のそれは0.2倍しかありません。これは信金などを含めての数字ですから、完全に“買い手市場”です。広告などを含む「サービス・情報」も0.5倍と狭き門です。 求人倍率は、企業規模によっても大きな差があります(グラフ参照)。従業員300人未満の中小企業は10倍ですが、5千人以上の大企業では0.4倍になってしまいます。  今の学生の親の世代が就職活動をしていた頃は、ここまで業界間や規模で差はありませんでした。しかし、現在はこれだけの差がある。なので、その平均をとって“売り手市場”と言うことにあまり意味はありません。
“人手が足りない業界”や中小企業に就職するということであれば、たしかに今は超が付く売り手市場ですから、のんびり構えていても構いません。でも、人気業種や大企業に就職したい場合はそうはいきません。 多くの親御さんやお子さんが希望されている企業は、相変わらずの“買い手市場”である、と肝に銘じていただきたいです。 親世代とは異なる就活事情 〈企業の採用方法、学生の活動も親世代の頃と比べて様変わりしている。どう変わったのか。キーワードは“クローズ化”である。〉  大昔の就職活動は、指定校制やリクルーター制、あるいはコネクションを使うなど、クローズドなマーケットで行われていました。 それが25年ほど前、つまり今の学生の親世代が就職活動をしていた頃から、「リクナビ」「マイナビ」といったマス媒体が登場し、誰でもどこでも大量の就職情報を受け取れるようになりました。マーケットがオープン化したのです。
〈“オープン化”により、これまでの学歴一辺倒が影を潜め、雇用機会が均等化されていった。一見すると良いことずくめに思える“オープン化”だが、そこから大きな弊害が生まれた。〉 「誰でも受けることができる」ということは、「絶対に受からない会社も受けることができる」ということ。例えば、食品大手の明治ホールディングスの倍率(応募者/内定者)が何倍かご存知ですか。千倍です。明治に限らず、多くの大手企業、有名企業では、「倍率100倍」は当たり前。私がいた頃のリクルート社でも、2万人が受けています。ワンクリックで済む「プレエントリー」を含めると5万人を超えていました。しかし、採用されたのはわずか100人でした。 倍率が100倍だったら、単純に言えば100社受けないと内定が取れないということ。親御さんは、ご自身の体験からすれば信じられないかもしれませんが、今の就活は1人で何十社も受ける時代なのです。 親世代との違いでもう一点。親世代では「大学はサボりまくっていた」なんていう人もいるでしょうが、今の学生たちは8割がきちんと授業に出ています。それが、就活時期を迎え、1人で何十社も受けるとなると当然、授業を休みがちになる。それで大学の先生方が怒っているわけです。  そんな大学の偉い人たちが集まってできたのが「就職問題懇談会(就問懇)」。そこが「学生の本分である学業を妨げるな」と政府に訴えているため、政府から経団連など企業側にルールの遵守を要請しようとしているわけです。 僕も、学生は学業を優先すべきであり、企業は、学生に負担をかけるべきではないと思います。 でも、就問懇のやり方には首を傾げざるを得ません。なぜなら、彼らは、学生の負荷を減らすために“学業を阻害しない時期にやれ”と、単に“時期”のことしか議論していないのです。実は、“時期”は学生の負荷とはあまり関係がありません。それどころか、時期を設定することで、採用活動はルール無視組が“水面下化”し、ルール遵守組とルール無視組が併存することで全体の就活時期が“長期化”し、却って学生に負担を強いています。 学生が負担を感じているのは、“時期”ではなく、“方法”なのです。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190216-00556626-shincho-soci&p=2

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

ABCラジオ 伊藤史隆のラジオノオト(2019/2/15(市民社会フォーラム)http://civilesociety.jugem.jp/?eid=39593

AI を埋め込んだとてつもない 人間そっくりのロボット(京都からの手紙)https://blogs.yahoo.co.jp/kyoto_4192/40359074.html

アベノミクスを見せかけるため国家の基本中の基本の(かっちの言い分)https://31634308.at.webry.info/201902/article_15.html

電力会社オールジャパン 女川再稼働 東海第二再稼(時評日日)http://wapic.blog.fc2.com/blog-entry-1500.html

消費税廃止・最低賃金1500円公約候補全面支援(曲学阿世:真実を追求し、虚実の世)https://blog.goo.ne.jp/lilmica6o/e/7ae76df4033851883a9e8fd7ab6a1fef

《拉致被害者の田中実さんに妻子》≪北朝鮮拉致問題(宝当仙人の野次馬日記)http://y366158.blog.fc2.com/blog-entry-2349.html

安倍がトランプを平和賞に推薦って+拉致被害者の生(日本がアブナイ!)https://mewrun7.exblog.jp/28014445/

●貿易収支赤字深刻 安倍の輸出製造業依存のツケは(世相を斬る あいば達也)https://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/31822acfac2e49aa759ab75c710bf6b1

安倍「自衛隊に非協力」発言。ウソとわかっても「自(“希”動力−人生記録員、伊東勉のページ)http://benitoh96.hatenablog.com/entry/2019/02/17/004109

売上げ減少が続く「宝くじ」、みんな夢を買わなくなった(ヒデと明美の愛のブログ)https://blog.goo.ne.jp/goo112113/e/981c688636770fc42a83d8e2ca0e4270

「バイトに賞与がないのは違法」 正社員の6割(109(アノニマスポスト 政治・外交・経済)
https://anonymous-post.mobi/archives/3918

日本の若者は何してんだろう 辺野古反対を言うでもなし(時評日日)http://wapic.blog.fc2.com/blog-entry-1499.html

外資撤退と不動産のバブル崩壊について(ぐう、ちゃんの一言)https://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/65215400.html

立憲民主党の堀越けいにん議員、放射能に汚染されているとして(アノニマスポスト 政治・外交・経済)
https://anonymous-post.mobi/archives/3901

【大竹まこと×金子勝×室井佑月】 GDP改ざんに繋(飛騨の山猿@飛騨 MAVERICK新聞)https://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/5aa0d0ca82263439869dc2757e9be447

山梨県はリニア中央新幹線関連事業を大幅に変更か((ICT甲府)https://blog.goo.ne.jp/ictkofu/e/1fe67421de40dca8aae05f641c2fdf5c

★自民党の自衛官募集“圧力” 地方議会抑え込み狙う(飛騨の山猿@飛騨 MAVERICK新聞)https://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/a93f4900572e778e2404c9a796a890e7

【入管法】「留学生」と「特定技能」(移民総研BLOG)http://nfeaimin.blog.jp/archives/16092567.html

日本の国民が馬鹿にされているのにただ言葉だけの抗(ヒデと明美の愛のブログ)https://blog.goo.ne.jp/goo112113/e/5c11ef08666aceadc7fa4c3e0165fb59

イカの取れすぎは大地震の前兆?…徳島で4倍も(読売新聞)…赤かぶ(402)(阿修羅2019/2/16)
http://www.asyura2.com/11/jisin17/msg/292.html

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック