4年前の東日本大地震は巨大地震の前触れを歴史が警告、国民の安全第一に政府は原発廃止を決定せよ

 4年前の東日本大地震は巨大地震の前触れを歴史が警告、国民の安全第一に政府は原発廃止を決定せよ。日本は明らかに地震国であり、火山国、日本の国土面積は世界の0.28%だが、世界の地震の10%は日本で起きており、過去の記録は巨大地震が近い可能性を示している。 1100年前の貞観地震の9年後に関東で直下型の大地震が起きており、さらにその9年後には「仁和地震」が起きている。仁和地震は、南海トラフ巨大地震のことだと考えられている、この先人が残した貴重な記録・警告、巨大地震は連続した起こる過去の歴史を無視することは許されない、安倍政権は「原子力規制委の審査を通過した原発は再稼働させる」を即刻改め原発廃止を決めるべきでる。関西電力や九州電力など老朽原発を抱える電力4社が18日にも計5基の原発の廃炉を正式決定するそうだが、関電について言えば保有する原発11基の内の稼働40年越えの2基のみで5基も稼働35年以上で危険極まりない、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

<老朽原発>5基廃炉、正式決定へ…4社、18日にも表明
毎日新聞 3月12日(木)2時31分配信   廃炉予定の老朽原発

 関西電力や九州電力など老朽原発を抱える電力4社が18日にも計5基の原発の廃炉を正式決定し、地元自治体に説明する方向で最終調整していることが11日、分かった。いずれも来年までに運転開始から40年が経過する原発で出力規模が小さいため、運転延長による再稼働を目指しても、安全対策などに多額の費用がかかり、採算確保が難しいと判断したようだ。
【すべてはここから…】津波に襲われる福島第1原発
 廃炉が正式に決まるのは、関西電力の美浜原発1、2号機(福井県)▽日本原子力発電の敦賀原発1号機(同)▽中国電力の島根原発1号機(島根県)▽九州電力の玄海原発1号機(佐賀県)の4社計5基。各社は廃炉を正式決定し地元に説明した上で、経済産業省に報告する。 政府は原発政策で「原子力規制委の審査を通過した原発は再稼働させる」とする一方、運転開始から40年を超える原発について、関電など各社に対して廃炉の是非を早急に判断するように求めていた。【安藤大介、浜中慎哉】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150312-00000002-mai-bus_all 

日本列島は活動期に 巨大地震・火山噴火に挑む日本の予知力
ダイヤモンド・オンライン 3月12日(木)8時0分配信 この3月3日にはチリ南部の活火山・ビジャリカ山が噴火。日本列島も明らかに活動期に入っており、巨大地震や火山噴火が続くことを覚悟しなければならない
Photo:新華社/アフロ
 「想定外」というキーワードで語られる東日本大震災だが、歴史的に見れば、同じ規模の巨大地震は繰り返し起きている。「起こることは確実だが、いつなのか? 」という難問に、科学者たちはどのようにアプローチしているのだろうか。東海大学海洋研究所教授で地震予知研究センター長を務める長尾年恭氏に聞いた。(聞き手/ダイヤモンド・オンライン編集部 津本朋子)
【詳細画像または表】
● 活動期に入った日本列島 西日本で超巨大地震の可能性も
 ――3.11以降、日本列島は地震や火山噴火の活動期に入ったのでしょうか?  そもそも、日本は明らかに地震国であり、火山国です。日本の国土面積は世界の0.28%ですが、世界の地震の10%は日本で起きている。火山活動は7~10%です。そして、地震や火山の活動には、揺らぎがあります。つまり「活動期」と「静穏期」があり、行ったり来たりする。今がどうかというと、明らかに活動期に入ったと見るべきでしょう。
 東日本大震災では「想定外」という言葉を多くの人が使いましたが、これは正しくない。なぜなら、およそ1100年前に起きた「貞観地震」の記録が残っているからです。 さらに言えば、貞観地震の9年後に関東で直下型の大地震が起きており、さらにその9年後には「仁和地震」が起きている。仁和地震は、南海トラフ巨大地震のことだと考えられています。
 こうした地震は、各地に残っている古文書をもとに研究されています。代表的な古文書である古事記や日本書紀は700年代に作られたもので、それ以前に関しては地質調査で調べます。 そして3.11以降の地質調査の結果で、西日本では2000年に1度、超巨大地震が起きていることが分かったのです。南海トラフ巨大地震は、東海地震・東南海地震・南海地震の3連動地震のことですが、2000年周期で、地震の範囲が九州や沖縄まで延びて、かつ非常に大きな規模のもの起きているのです。 一方、東日本では、貞観地震や3.11クラスの地震が1000年に1度のサイクルで起きている。注意すべきなのは、この西日本での2000年に1度の超巨大地震の少し前に、東日本で巨大地震が起きている点です。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150312-00068220-diamond-sci 

関西電力:原発9基再稼働方針 老朽廃炉は2基
毎日新聞 2015年02月03日 大阪朝刊

 関西電力は2日、稼働39〜40年で施設の老朽具合の特別点検をしている高浜原発1、2号機(福井県)について、稼働38年の美浜原発3号機(同)とともに、3月末までに新規制基準に基づく安全審査を原子力規制委員会に申請すると発表した。稼働から35年経過する大飯原発1、2号機(同)も春以降に申請すると表明。これで関電は、保有する原発11基のうち、稼働から40年を超え、廃炉の方向で検討している美浜1、2号機(同)を除く9基を再稼働させる意向を明確にした。
 関電は、原発が長期間停止しているため、2015年3月期は1610億円の4年連続の連結最終(当期)赤字になる見通しだ。昨年末には、今春からの電気料金の再値上げを申請したが、抜本的に収支を改善するためには原発再稼働しかないと判断し、再稼働に必要な手続きを急ぐことにした。収支改善により、電気料金は再値上げ後に早期に値下げをしたい考えだ。
 関電は既に高浜原発3、4号機と大飯原発3、4号機(いずれも福井県)については、原子力規制委員会に安全審査を申請済み。高浜3、4号機は、合格証となる「審査書」作りが大詰めを迎えており、今年11月までの再稼働を目指している。大飯3、4号機も審査の最大のハードルとされる基準地震動(想定される地震の最大の揺れ)が決定済みで、再稼働に向けて前進している。【浜中慎哉、古屋敷尚子】
http://mainichi.jp/area/news/20150203ddn001040002000c.html 

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

東京大空襲70周年と大震災4周年の二つの記念日から学ぶべきことは非戦・非核の誓いを通して民主主義を守ること(みなと横浜みなみ区3丁目)
http://ojirowashiyokohama.blog.fc2.com/blog-entry-898.html

ECRR 欧州放射線リスク委員会2003 年勧告~規制当局者のために実行すべき結論(テレビが面白くない理由)http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/blog-entry-582.html

追悼するのは何のため(志村建世のブログ)
http://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/archives/55631474.html

東日本大震災・福島原発事故から4年 迫害を受ける福島に戻れない人々、出られない人々 誰か故郷を想はざる(Everyone says I love you !)
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/7cc2fd203aa46d1887c29e22c97b751d?fm=rss

あっという間の4年 被災地は今も変わらない!(日産自動車とたたかう仲間たち)http://siroyagi2.blog.so-net.ne.jp/2015-03-11

福島事故4年、反原発集会=国会前など延べ2万3000人-東京(いるかちゃんの子どもを守れ。リベラル派)
http://blog.livedoor.jp/irukachan2009/archives/51960473.html

東日本大震災の犠牲者の最大の追悼は、自公政権による震災便乗の利己的暴政をやめさせ、政治への無関心を反省し、脱原発を鮮明にすることである。(村野瀬玲奈の秘書課広報室)http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-6344.html 

20キロ圏の除染ボランティア3万人余 被ばく管理の対象外 : 政府は管理して責任を持て!(いるかちゃんの子どもを守れ。リベラル派)
http://blog.livedoor.jp/irukachan2009/archives/51960471.html 

東日本大震災、福島第一原発事故から4年を迎えて(曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するような)
http://blog.goo.ne.jp/lilmica6o/e/a743de6217b114789c278425aa94816d?fm=rss

原発事故を徹底して隠す読売新聞――本日、事故から4年目(ぐう、ちゃんの一言)http://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/63519880.html 

?事故4年後の福島原発Now(自論公論NHK)(YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞)http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/7e97678bc14f1880d948788809699164?fm=rss 

中原徹大阪府教育長が辞任! 自滅にあっぱれ 強権政治のつけ(弁護士 猪野亨のブログ)http://inotoru.blog.fc2.com/blog-entry-1256.html

安倍首相の「美容室でカット」は違法?「男の散髪」をめぐる奇妙なルール(ばうのまたたび日記)http://ameblo.jp/baw-baw-baw/entry-12000381325.html

平和主義の日本が、今やアジアの不安要素になっている。「不安倍増」略して「安倍」。(かっちの言い分)http://31634308.at.webry.info/201503/article_11.html

南三陸の防災庁舎は解体派。(めごぶろぐ)
http://blogs.yahoo.co.jp/jyafuoku2007/42042951.html

満蒙開拓平和記念館の運営は順調(かせいさん)
http://blogs.yahoo.co.jp/kasei123123/70211180.html

子どもは使い捨てではない(教育に情熱を)
http://education.fp-guide.com/?p=2770

日本の港の国際競争力を強化せよ(kohou5382)
http://blogs.yahoo.co.jp/kohou5382/13029111.html

金貸し支配の後に来る期待・応合の共認充足社会(マスコミの暴走)
http://gensen7keijiban.blog.fc2.com/blog-entry-868.html 

復帰した 林 芳正農林水産大臣って、テロ資金法案を棄権してるんだね。(マスコミは荒野に死す)http://viewpol.net/blog1/abe-14/

なぜ日本はいまだに中国に服さないのか?その答えは太平洋戦争にあった!?(にゅーすちゃんねる)http://newsch2.blog.fc2.com/blog-entry-4753.html

安倍首相が党大会で靖国参拝に意欲・・韓国ネットは「経済的報復しかない」「本当に戦争がしたいのか?」(にゅーすちゃんねる)
http://newsch2.blog.fc2.com/blog-entry-4751.html

経産省前テント村まだ残ってます。(hiryuの写真日刊紙 )
http://plaza.rakuten.co.jp/no23nit/diary/201503110004/

≪日本政府=官僚機構にとって、シャッポとして最後の切り札。。安倍首相≫<プロパガンダ・扇動が成立しなくなるから、何もかもやりたいのだ!>【だから全官僚機構と大新聞・大マスコミは焦っている】(宝当仙人の野次馬日記)
http://y366158.blog.fc2.com/blog-entry-1230.html 

アメリカ医療大崩壊次は日本だ!国家戦略特区で企業天国が誕生!(曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するような)
http://blog.goo.ne.jp/lilmica6o/e/b015968b0f39dd36a13d8b03a0a60b38?fm=rss 

時宜にかなったTV番組でした(みんなすてなんじょにがするべ!)
http://blog.goo.ne.jp/love-9jyo/e/0e7b4c1d32d697038edd2d7f1891a9a5?fm=rss 

「クリミア共和国」に舞い降りた鳩山由紀夫元首相(☆時事チップス☆別刊・歴史チップス(最新報道版) http://blogs.yahoo.co.jp/jijichips/19140136.html

単純な奴 VS 冷静な知事】 この差ははなんだ? いかに日本があぶないか? :satoto_m氏(晴耕雨読)http://sun.ap.teacup.com/souun/16841.html

リッパート大使襲撃事件で米政府激怒!警備体制は手抜き!金基宗は頸動脈を狙った事実発覚!(憂国広場Y)http://yaplog.jp/warabidani/archive/4019

【メルケルの忠告】『リットン調査団』を思い出す 安倍首相に『聞く耳』はあるのか…(北京老学生・日本に帰国)http://blogs.yahoo.co.jp/mochimoma/19860223.html

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック