空爆国ヨルダンへの1億ドル無償資金供与が原因で後藤さんはISに殺された、安倍晋三の責任を追及せよ

 空爆国ヨルダンへの1億ドル無償資金供与が原因で後藤さんはISに殺された、国民は安倍晋三の責任を追及せよ。後藤健二さん(47)が殺害されたとメディアが報道。後藤さん母が同じ日本人を助けるためにシリアに行った・息子の勇気分かってほしいとコメント。「ヨルダンに協力を求め後藤さんを救出せよ、米英等イスラム国との戦争当事者にお伺いをする愚を犯すな」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201501/article_26.html
で引用したように、安倍晋三は、2015年1月17日 - 16日、カイロ近郊ギザで大エジプト博物館の建設現場を視察する安倍首相(右から2 人目)=共同 ... 過激派「イスラム国」の台頭に伴う難民支援などのため、トルコや ヨルダンなど周辺国に2億ドル(約235億円)を無償資金協力として供与する。(内ヨルダンへ1億ドル贈呈(無償資金供与))しているのが、ISを怒らせたことが原因だ。ISが空爆したヨルダンパイロットを捕虜としているように
空爆国を敵視しているし、空爆をしているスポンサーの米英などを敵視しているのに、安倍晋三は空爆国に資金供与をしたため、後藤さんは殺害されたのだ、日本国民は安倍晋三のヨルダンへの無償資金供与を非難せよ、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

「息子の勇気分かってほしい」=後藤さん母がコメント
 過激組織「イスラム国」に後藤健二さん(47)が殺害されたとみられる動画が公開されたことについて、後藤さんの母石堂順子さんは1日、「今は気が動転していて言葉を選べる状態ではありません。同じ日本人を助けるためにシリアに行った息子の優しさと勇気を分かってほしい」とするコメントを出した。 (時事通信)
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6148031 

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

後藤健二さんも殺害した「イスラム国」(☆時事チップス☆別刊・歴史チップス(最新報道版) http://blogs.yahoo.co.jp/jijichips/19044101.html

後藤健二。その名はレジェンドとなり、日本をひとつにする。(やわぱんのまぜるな危険!)http://blog.yawapan.info/?p=1241

【マスメディアの凋落】(マスコミの暴走)
http://gensen7keijiban.blog.fc2.com/blog-entry-831.html

ドイツの道徳的権威だったリヒャルト・フォン=ヴァイツゼッカー・元ドイツ大統領死去。(村野瀬玲奈の秘書課広報室)
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-6262.html

福島県内の子供が危ない!個人線量計が最大4割低く表示!子供たちは間違いなく年間1ミリ以上被曝している!(みんなが知るべき情報/今日の物語)
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/303bb214eb1f045fe4aa0bf19eb14593?fm=rss

「苗字が違う、在日だ!」、「迷惑をかけた自決しろ!」 と後藤健二さんに暴言を吐きかける”死神将軍”と”鬼夫人”。歓喜する頭の壊れた馬鹿ウヨたち。(つねひさ和平のブログ)http://blogs.yahoo.co.jp/salamatchin0910/64877828.html

日本全体で、安倍首相の失態をかばう風潮に吐き気がしてくる(あるワーキングプアの意見)http://opinion.blog.jp/archives/21763930.html 

人口減少で子どもを産ませることだけを議論するのは失礼だろ(やわぱんのまぜるな危険!)http://blog.yawapan.info/?p=1223

他国で武器を使える国にしたい安倍首相は、平和な日本を超危険な国にしてしまう。(かっちの言い分)http://31634308.at.webry.info/201501/article_28.html

朝日新聞が在日カルト創価学会と業務提携で池田大作の新連載開始か?(憂国広場Y)http://yaplog.jp/warabidani/archive/3944

NHKニュース7のおかしいTPP報道。(めごぶろぐ)
http://blogs.yahoo.co.jp/jyafuoku2007/41972987.html

【人質事件】「私、ないと思うんです」朝日新聞論説委員・恵村順一郎氏が、 自衛隊の人質救出能力に疑問を呈す…『報道ステーション』(にゅーすちゃんねる)
http://newsch2.blog.fc2.com/blog-entry-4620.html 

『太平洋戦争の肉声 第1巻―文藝春秋戦後70年企画 開戦百日の栄光』(めんどくせぇことばかり)http://jhfk1413.blog.fc2.com/blog-entry-3136.html

ストーカー被害の深刻さ 一生涯つきまとわれるということ(弁護士 猪野亨のブログ)http://inotoru.blog.fc2.com/blog-entry-1215.html

道徳を「特別の教科」にすることについて その?-3(みんなすてなんじょにがするべ!)http://blog.goo.ne.jp/love-9jyo/e/f4711d7ee4d113f87961422f71885069?fm=rss

若い人を不幸に導く大人たち、これからどんな時代が・・・(ぽんのんの)
http://amo399.blog.fc2.com/blog-entry-5076.html

安倍政治に欠如しているのは「利して利する勿れ」と「杜撰」である(ぐう、ちゃんの一言)http://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/63460830.html

百田尚樹氏がNHK経営委員からいなくなる!(弁護士 猪野亨のブログ)
http://inotoru.blog.fc2.com/blog-entry-1214.html

◎トマ・ピケティ講演「格差・税制・成長 『21 世紀の資本』の射程を問う」(☆YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞)
http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/1a039484b146465e0cbc229c5a72c92d?fm=rss

辺野古 ゲート前、約120人が抗議 過剰警備に批判(hiryuの写真日刊紙)
http://plaza.rakuten.co.jp/no23nit/diary/201501310001/

創薬後進国である日本(kohou5382)
http://blogs.yahoo.co.jp/kohou5382/12874560.html

【大阪府内企業の大企業 内部留保30兆円】(かえるネット木津川南のブログ)
http://blog.goo.ne.jp/kizugawaminami/e/82caec3d52921a373c91e2e5715d343c?fm=rss

【イスラム国・後藤氏救出を】まるで『仁義なき戦い』の世界だ(北京老学生・日本に帰国)http://blogs.yahoo.co.jp/mochimoma/19758594.html

[転載]安倍政権の驕り、ここに極まれり。緊張感のない白けた国会に怒りを覚える。(ぐう、ちゃんの一言)http://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/63460621.html 

日本の産業の地殻変動(経済破局は来るのか?)http://blog.goo.ne.jp/ns-japan/e/047fd4eba609d594c02add208f6acf93?fm=rss

邦人救出熱審に見えぬ安倍政権の「人命第一」(曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するような)http://blog.goo.ne.jp/lilmica6o/e/9bef24b5f1a80c10fdf8b1dda4d40482?fm=rss 

「集団的自衛権・国民投票」の勉強会を行います(志村建世のブログ)
http://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/archives/55625592.html

【百田尚樹】『NHK経営委員退任へ』の報道、首相の任命責任を明確にすべき(北京老学生・日本に帰国)http://blogs.yahoo.co.jp/mochimoma/19758442.html 

◆核も武器も新自由主義もいらない!経産省抗議行動(☆YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞)http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/5a3cd7ef279c4be2b9ace4000653f1db?fm=rss

一月31日(土) 後藤さんのこと、進展なし(御言葉をください2)
http://kyurios.exblog.jp/20827299/

特定秘密保護法で必要な情報は隠されていく一方で、個人情報は凄まじい勢いでルーズに:三宅雪子氏(晴耕雨読)http://sun.ap.teacup.com/souun/16512.html 

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック