辺野古工事に対する「刑事特別法」適用に抗議しよう

 自主性0だがアメリカのためには国民の願いも無視する安倍政権は辺野古工事に対する沖縄県民の抵抗を予想し「刑事特別法」適用を予告し国民を威嚇。平和を愛する国民は皆抗議の声を挙げよう、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

辺野古工事 刑事特別法適用へ 海保も投入、妨害即検挙
産経新聞 12月29日(日)7時55分配信
 政府は28日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古への移設について、辺野古での代替施設建設に対する妨害を排除するため、米軍施設・区域への侵入を禁じる「刑事特別法」を適用する方針を固めた。建設場所のキャンプ・シュワブ沿岸部は立ち入り制限海域で、同法の適用が可能だ。海上保安庁と沖縄県警を積極投入して妨害を厳正に取り締まる。 政府は、今年度中に代替施設の設計で民間業者と契約する。設計は通常1年かかり、その間、辺野古のシュワブ沿岸部で海底地盤の強度などを調べるボーリング調査も業者が実施。その後、5年かけて埋め立てる。
 平成18年にシュワブ沿岸部に2本の滑走路をV字形に建設する計画で日米合意したのは、反対派の妨害を排除する狙いもあった。14年に決定した辺野古の沖合に滑走路1本を建設する移設計画のボーリング調査が、過激な妨害を受け頓挫したことを教訓にした。 来年度から実施するボーリング調査でも反対派がボートやカヌーで近づき、妨害する恐れが強い。ただ、14年決定の移設計画と異なり、米軍の排他的使用のため常時制限されるシュワブ周辺海域から作業を進めていくため、海域に侵入した時点で刑事特別法の適用で即座に検挙できる。 「反対派の活動に威力業務妨害罪は適用しにくい」(防衛省幹部)と指摘される点も、刑事特別法の適用でカバーできる。

 妨害の監視と摘発のため、海保の巡視艇を周辺海域に常時配備する。陸上部分でも座り込みで工事車両の通行を妨げる行為が予想されるが、政府は沖縄県警に道路交通法の適用で積極的に摘発させる方針だ。 刑事特別法の適用例としては今年9月、普天間飛行場に無許可で侵入した男を宜野湾署が逮捕している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131229-00000008-san-pol 

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

【靖国参拝、10+2.26】安倍首相が『石原化』した日(北京老学生・日本に帰国)
http://blogs.yahoo.co.jp/mochimoma/18549500.html

沖縄、お金かよ! そのお金を誰が使うの?何に使うの?それは子供たちにきれいな自然を残すより、大事な事なの?(ぽんのんの) http://amo399.blog84.fc2.com/blog-entry-4495.html

靖国参拝の何が問題のか(弁護士 猪野亨のブログ)
http://inotoru.blog.fc2.com/blog-entry-929.html

【宇都宮健児氏が都知事選出馬を表明】:水野誠一氏(晴耕雨読)
http://sun.ap.teacup.com/souun/12993.html 

生活の党の一年を振り替えると、お叱り、ご批判を多く頂いた政策がいくつかあった。:三宅雪子氏(晴耕雨読) http://sun.ap.teacup.com/souun/12992.html

非民主的&無責任な辺野古の埋め立て承認but民意の力で抵抗を!+keiba(日本がアブナイ!)
http://mewrun7.exblog.jp/21505735/ 

憂鬱な南の島のメディア、血迷った靖国批判(BALL&CHAIN)
http://erath0515.at.webry.info/201312/article_14.html

特定機密保護法が異例のスピード採決されたのは何故か?(後編)(日本を守るのに右も左もない) http://blog.nihon-syakai.net/blog/2013/12/002676.html

【安保戦略】靖国参拝の折は、『積極平和主義』を隠すという『ご都合主義』 その3(北京老学生・日本に帰国) http://blogs.yahoo.co.jp/mochimoma/18548993.html

普通なら相手にされないのだが、自民党が総裁にしたから、民族の悲劇になってきた:兵頭正俊氏 (晴耕雨読) http://sun.ap.teacup.com/souun/12991.html

参考・宇都宮健児君、立候補はおやめなさいーその7/澤藤統一郎の憲法日記(薔薇、または陽だまりの猫) http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/9f50517378a52a49557537d5e3885ed2?fm=rss

時代「先取り」している埼玉県越谷市!秘密保護法ツイート問題で「反省求める決議」深夜に可決(薔薇、または陽だまりの猫)
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/182d16a0d0f7b69ac4fe3c996c957dd5?fm=rss

1993年当時に比べると、従軍慰安婦をめぐる2013年の日本の歴史認識と道義的態度はひどく崩壊している。(村野瀬玲奈の秘書課広報室)
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-5153.html

仲井真知事の詭弁(あなたの話しを聞かせて下さい)
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/kkkuzuma/view/20131229/1388266794 

松井・広島市長:「循環型エネに軸足を」 脱原発政策求める /広島(目がポーン( д )=゚゚ブログ ) http://megaporn311.blog.shinobi.jp/Entry/972/

都知事選・宇都宮けんじ候補は安倍政権批判の受け皿になる(志村建世のブログ)
http://pub.ne.jp/shimura/?entry_id=5157352

安倍さんは、靖国参拝で中国と対立させて、戦争へと導きたい?(新時代創造)
http://soubiken.blog20.fc2.com/blog-entry-1544.html 

特定機密保護法が異例のスピード採決されたのは何故か?(前編)(日本を守るのに右も左)
http://blog.nihon-syakai.net/blog/2013/12/002675.html

日本を変えたいなら政党が変われ!(その2)(未来に希望をつなぐために)
http://blogs.yahoo.co.jp/ryo_tororo/11602897.html

無責任なコメンテイターたち(テレビが面白くない理由)
http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/blog-entry-287.html

「沖縄米軍基地移設問題」のパラドックス。仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事が、辺野古移設へ同意したようだ、予想通り、沖縄県民の反発は過激化しつつある。靖国参拝問題もそうだが、沖縄米軍基地移設問題も簡単に解決できる問題ではない 。その「解決できない問題」に取り組まなければならないのが「政治家」だ。外野席からは、反対することも賛成することも容易だが、しかし政治指導者は、そういう訳にはいかない。どんな(文藝評論家=山崎行太郎の政治ブログ『毒蛇山荘日記』) http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20131228/1388234178

野田佳彦ら「オリジナル民主党」の面々こそが「自民一強」衆参絶対安定多数のやりたい放題の政治状況を作った元凶で張本人である!(日々坦々)http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-2219.html 

政教の完全分離は戦前の国家神道と軍国主義との融合を反省(特定社労士しのづか「労働問題の視点」  http://sr-partners.net/archives/51924713.html

従軍慰安婦に対する「軍による強制性」についての史料について (メモ)(村野瀬玲奈の秘書課広報室) http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-5152.html 

◆沖縄県知事の米軍普天間基地の辺野古沖移設のための埋立申請の承認について(☆YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞)
http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/2494b68ad4e63c07bee0d419f8e4007f?fm=rss

都知事選に 日弁連・元会長の宇都宮氏立候補表明! 大歓迎!(JUNSKYblog2008)
http://blog.goo.ne.jp/junsky/e/58f7a699dc46d83ae624c1a618f53ba8?fm=rss

〖速報〗都知事選、宇都宮健児氏「多くの応援得られたら、それに応える覚悟ある(ぐう、ちゃんの一言) http://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/62722181.html

アメとムチに沖縄県知事屈する(かせいさん)
http://blogs.yahoo.co.jp/kasei123123/68905595.html 

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック