非正規雇用問題解決は、貧困撲滅・景気回復・雇用増大・財政再建など経済の課題解決への道 3)

 反貧困ネットワークの事務局長湯浅誠氏が反貧困ネットワークの活動を行うようになった動機や歴史の紹介は、湯浅誠 - Wikipediaが簡潔に紹介していると思うのですが、広がり深刻化する一方の貧困について分かり易く紹介しているネット情報として下記同氏著書の書評を引用します。

「自分で何とかしなければ」そんな人ほど落ちていく~『反貧困』
画像

湯浅誠著(評:澁川祐子) 岩波新書、740円(税別)
澁川 祐子

>>バックナンバー
2008年6月13日(金)
3時間30分

『反貧困──「すべり台社会」からの脱出 』湯浅誠著、岩波新書、740円(税別)
 「ネットカフェ難民」という言葉が初めて使われたのは、2007年1月に放映された「NNNドキュメント」(日本テレビ)だった
。たまたま深夜にこの番組を観た私は、暗澹たる気持ちを抱えたまま、布団にもぐりこんだことを鮮明に覚えている。 番組では、10代、20代の男女が昼は日雇い派遣で働き、夜はネットカフェの椅子で眠りながら、100円200円を必死で切り詰めて生活している姿が映し出されていた。ある18歳の女の子の手帳には、「強くなる」「責任感を持つ」の言葉の後に「夜ご飯食べない」という文字が書かれていた。 どうしてそういう生活に陥ってしまったのか。誰も頼る人はいなかったのか。這い上がるチャンスはどこにもないのか──「夜ご飯食べない」という言葉が放つ切実さに衝撃を受け、疑問が次から次へとわいた。以降気がつけば、私は貧困やワーキングプアを取り上げたドキュメンタリーをチェックするようになっていた。 この手の話になると、必ず登場するのが「努力が足りないから、貧困に陥った」という「自己責任論」である。むろん、楽して保護を受けようというフリーライダー(ただ乗り)や、仕事を選り好みして夢を追い続けるフリーターもいるだろう。だが、はたしてすべてを「努力不足」の一言で片付けてしまっていいのだろうか。 家族との離別や死、自身の病気、リストラといった思いがけぬ事態に直面し、それらが引き金となって貧困へと転落していく人々。ひとたび落ちてしまえば、必死で働いても這い上がることは容易ではない。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20080612/161848/   続く、

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ??棒

    Excerpt: 本来我已???个失望了,?得?个没有前途了,心里充?了悲哀。 Weblog: ??棒 racked: 2013-08-08 02:09
  • 丁字?

    Excerpt: 本来我决定不会在社区回任何帖子了,但是看了?的帖子,我告?自己?个帖子是一定要回的!?是百年?得一?的好??! Weblog: 丁字? racked: 2013-08-08 02:09