脱原発の運動は着実に拡大している話題7題、憲法九条を持つ国が国連の核兵器非合法提案の署名を拒否

 脱原発の運動は拡散中、ペンクラブが原発再稼働に反対表明、福島社民党首島根県内を視察し松江市に建設中の島根3号機の営業運転開始に反対、原発賛成のマスコミの意義悪い表題・解説だが、山形酒田市では「福島原発事故」を契機に吉村美栄子知事と阿部寿一市長が方針転嫁し自然公園内への風力発電施設建設を打ちだした、当然ながら歴史的、民俗的文化遺産である飛砂を防ぐ機能林を含む自然公園の景観を守ることは山形県・酒田市・建設会社に求められる。憲法九条を持つ国の日本が、16か国が賛成している国連委員会の核兵器を非合法(英語)とする提案に署名を拒否した、一体誰の差し金なのだ。宮城県登米市の畜産農家出荷の和牛から新基準超えるセシウム検出、宮城県美里で小学生の母親らが女川原発で再稼働反対集会、19日に茨城県の東海村で日本原子力発電東海第2原子力発電所の再稼働中止、廃炉を求める抗議行動が行われた。鹿児島県薩摩川内市の原発に停止中でも核燃料税の課税を決定、原発再開運動の側面援助? 課税は福井県や石川県で既に実施されている、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

原発再稼働に反対=ペンクラブ
日本ペンクラブ(浅田次郎会長)は19日、政府が脱原発の世論を踏みにじり、原発再稼働の動きを加速させているとして、反対声明を発表した。 ...
10月19日(金) 19時24分-社会(時事通信)-記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121019-00000178-jij-soci

福島・社民党首:島根3号機「反対」 県内を2日間視察 /島根
毎日新聞 10月19日(金)16時27分配信
 社民党の福島瑞穂党首は18日まで2日間の日程で県内を視察した。同日は中国電力島根原発(松江市)で建設中の3号機などを見て回り、「脱原発社会に向かうため、3号機は大きなポイント」と述べ、営業運転開始に反対する考えを示した。 福島党首は整備が進む津波対策の防波壁や、3号機の原子炉格納容器や燃料プール、中央制御室を一つずつ確認した。福島党首は視察後、「県庁や市役所に近い。万一の事故時に行政は指揮できるのか。活断層の問題もあり、原子力規制委員会に調査実施を働きかけたい」と話した。 一方、17日には浜田市を訪れ、米軍機とみられる低空飛行訓練の実態を調査。同市旭支所や近くの認定こども園で騒音の状況を聞いた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121019-00000236-mailo-l32

浮遊する民意:酒田市長選を前に/上 プロセスなき意思決定 /山形
毎日新聞 10月19日(金)13時5分配信
 ◇「上意下達」の風力開発 先人の遺産、なおざりに
 庄内海岸の県立自然公園内に計6基の大型風力発電施設を建設する--。8月20日、吉村美栄子知事と阿部寿一市長(当時)は記者会見し、こう発表した。唐突なうえ、これまでとは180度の方向転換。長年、庄内浜のクロマツ林の保全活動に従事してきた男性(80)たちにとっては「寝耳に水」。悪い夢を見ているのではないかとさえ思えた。 1・5~3・0キロの幅を保ちながら約33キロにわたって連なる庄内浜のクロマツ林。酒田から鶴岡まで続く沿岸一帯は「優れた景観」として県が48年に自然公園に指定した。打ち寄せる白波と白い砂浜と針葉樹クロマツの濃緑色の「白砂青松」の色彩。快晴の日に秀峰・鳥海山を望めば、それは「日本人の心を象(かたど)る風景」のひとつだと、多くの人は感じるだろうと誇りにしてきた。 その景観は安易な景観論から生まれたのではない。クロマツ林は庄内沿岸部を襲う大量の飛砂を防ぐ機能林だ。風に巻き上げられて降り注ぎ一夜にして民家や農地、道路といった人の生活圏を「砂漠」にしてしまう飛砂をどうにか防ごうと300年も前から先人が植え続けた歴史的、民俗的文化遺産である。庄内人が生きていくための景観であり、庄内人が作り出した生態系だった。 一方でそれは風力発電の適地の証左でもあって、過去、企業の食指が動いた地域でもあった。01年に新日本製鉄が、10年には庄内風力発電有限会社が建設を計画。だが県は景観価値を盾に認めなかった。 それが一変した。「原発事故」を契機に県は脱原発に動き出し、自らが認めなかった自然公園内への風力発電施設建設を打ち上げた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121019-00000156-mailo-l06

日本、核非合法化署名を拒否 国連委の16カ国声明案(47NEWS)

◇英文の記事
・ Japan will not join initiative put before U.N. to make nuclear weapons illegal(英語) - 16か国はAustria, Chile, Costa Rica, Denmark, Holy See, Egypt, Indonesia, Ireland, Malaysia, Mexico, New Zealand, Nigeria, Norway, the Philippines, South Africa and Switzerland。The Japan Times Online(10月19日)
※Yahoo!翻訳(日本は、核兵器を非合法(英語)とする国連のイニシアティブに賛成しませんでした-賛成した16か国はオーストリア、チリ、コスタリカ、デンマーク、教皇庁、エジプト、インドネシア、アイルランド、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ナイジェリア、ノルウェー、フィリピン、南アフリカとスイス。Theジャパン・タイムズ・オンライン)

◇国連総会第一委員会とは
・ [用語]国連総会第一委員会 - Weblio辞書
・ 国連総会第一委員会における我が国の発言 - 各発言は英語。軍縮会議日本政府代表部
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/nuclear_weapons/?1350610375

東日本大震災:和牛から新基準超えるセシウム 登米の畜産農家出荷 /宮城
毎日新聞 2012年10月18日 地方版
 県は17日、登米市の畜産農家が出荷した黒毛和牛から、食品の放射性セシウム新基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える150ベクレルを検出した、と発表した。県産牛が新基準値を超過したのは初めて。 県によると、東京都の芝浦と場で16日に検査したところ、超過が判明。市場に流通させず、廃棄処分にする。 この農家からは11年10月〜今年9月に22頭を出荷していたが、いずれも検出下限値(50ベクレル)未満だった。また、与えた稲わらは福島第1原発事故後に収穫された稲わらで、ビニールハウスで保管していたという。県が原因を調査している。 県内では昨年8月から今年9月にかけて県内外の食肉市場に出荷した約3万4000頭を検査し、11年9月に1頭、暫定規制値(500ベクレル)を超過していた。【宇多川はるか】
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20121018ddlk04040057000c.html

女川原発:美里で再稼働反対集会--きょう、町後援 /宮城... 同町が後援し、佐々木功悦町長が脱原発の必要性を訴えるあいさつをする。 同町は、南郷地区が女川原発から半径30キロ圏内にあり、小学生の母親らが8月、同会を結成。 ...
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121020-00000053-mailo-l04

東海第2原発:「今、大人が決断を」 再稼働中止など抗議行動、東海村で有志訴え /茨城
毎日新聞 10月20日(土)11時31分配信
 「もしかすると、この地域は誰も住めなくなっていたかもしれない」「今、大人が決断しなければならない」。日本原子力発電東海第2原子力発電所の再稼働中止、廃炉を求める抗議行動が19日夕、東海村のJR東海駅で行われ、約30人が「脱原発は希望の言葉」などと約1時間半にわたり訴えた。抗議行動は7月下旬から水戸市の原電茨城総合事務所前で毎週金曜に行われてきたが、東海村では初めて。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121020-00000021-mailo-l08

<核燃料税>原発停止中も課税へ 鹿児島県が九電と調整
 鹿児島県の伊藤祐一郎知事は19日の記者会見で、九州電力川内原発(同県薩摩川内市)稼働時に徴収していた核燃料税について、停止中でも課税できるよう新たに「出力割」方式を導入する方向で、九電と調整していることを明らかにした。12月県議会に条例改正案を提案し、来年6月からの適用を目指す。税率などは調整中だが、伊藤知事は「先行している福井県や石川県の事例の方向で行くだろう」と述べた。(毎日新聞) http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121020-00000021-mai-soci


関連する最新のWeb情報を引用すると、


「国民の生活が第一」ドイツ脱原発視察団 生中継(17日~随時)(ぐう、ちゃんの一言)
http://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/61862656.html

訪独中の小沢代表は3つの基本政策の順番を変更し、「脱原発」をトップにした:平野 浩氏(晴耕雨読) http://sun.ap.teacup.com/souun/8899.html

大間原発建設凍結求め・・工藤市長密着ドキュメント(目がポーン( д )=゚゚ブログ )
http://megaporn311.blog.shinobi.jp/Entry/509/ 

☆2012/10/18 【市民集会】これでいいのか?「原子力規制委員会」《索引付》(YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞)
http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/3232ed21c93c0dd3745f951c137cd42b?fm=rss

【原発】福島県民でなくとも東電に賠償請求できる ~... (語られる言葉の河へ)http://blog.goo.ne.jp/humon007/e/60e786b292b0d9605007922603234ce5?fm=rss

☆【宮城】脱原発みやぎ金曜デモの動画です。お疲れさんでした。(YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞)
http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/8d127aca50bc41de2013e32238965f81?fm=rss

ベトナム原発建設、先送りも=日本受注、安全性に懸念-科技相(目がポーン( д )=゚゚ブログ) http://megaporn311.blog.shinobi.jp/Entry/510/

福原原発『4号機』 最上階も吹っ飛んでいるその下のコンクリートもメチャメチャ小出裕章氏に聞く(ぐう、ちゃんの一言) http://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/61864099.html

瀬戸内海の不気味な無人島「大黒神島」(MASANAのフォトボックス)
http://blog.livedoor.jp/liveya01/archives/18778096.html

☆普天間の固定化着々と・・・・(YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞)
http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/98c46c9a6f0a309b0062456167902d4c?fm=rss

20121020記 女性暴行事件・オスプレイ配備に抗議し、米軍基地の全面撤去をと  日本には、オバマ米大統領に求めている政党が存在して居ました(ブログ blog で 情報交換)
http://topics.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/20121020-4f1b.html

【戦後史の正体】外国人特派員協会での会見後の海外メディアの反応一部紹介。まだまだ拡大中。(SEKILALA&ZOWIE)http://threechords.blog134.fc2.com/blog-entry-1769.html

「朝鮮・同和」という出自が明かされることは「人権侵害」なのか(太陽光発電日記by太陽に集いしもの) http://yokotakanko.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-ba8b.html

「シロアリ復興予算ポスター」できました(亡国魑魅魍魎録)
http://tamac.seesaa.net/article/298274878.html

流石にすごく傷ついた。(めごぶろぐ)
http://blogs.yahoo.co.jp/jyafuoku2007/40170947.html

小沢が政局の見通し語る&野田辞職も予想+沖縄暴行事件への対応(日本がアブナイ!)
http://mewrun7.exblog.jp/19070697/

日本で何人の女性がセカンドレイプにさらされれば日本でレイプ被害者の尊厳が理解され尊重されるようになるのだろう?(村野瀬玲奈の秘書課広報室)
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-3822.html

年内解散確約の発覚で再び野田総理の嘘がバレる、谷垣前総裁と「来年度の予算編成はしない」の密約(shimarnyのブログ)
http://ameblo.jp/shimarny/entry-11384249166.html

佐藤真言氏の[震災保障詐欺でっち上げ事件] でまた一人石山宏樹というトンデモ検察官が誕生した!(日々坦々)
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-1715.html

[時事]なんのための復興増税(小海キリスト教会牧師所感)
http://d.hatena.ne.jp/koumichristchurch/20121020/p2

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック