国民の生活が第一は人づくりにあり

アクセスカウンタ

zoom RSS 電源三法を国民のため・発電インフラ輸出・雇用創出に役立つ法律への改変を訴えよう

<<   作成日時 : 2011/06/19 11:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

 本日6月19日(日)の日経新聞のサイエンスページには、見出し:「次世代火力、CO₂を削減」「石炭ガス化、発電効率も高く」の記事が大きく紹介されている。
記事の中には、米中やインドなど石炭火力発電に頼っている国へIGCC(石炭ガス化発電)設備・ノウハウ輸出が有望と印象付ける記述がある。

 下記に転載するネット情報では、確かに三菱重工の技術は欧米に競合できる技術である模様なので、それが確かなら原子力偏重で運用していた電源三法を国民のため・発電インフラ輸出・雇用創出に役立つ法律へ改変すべきと訴えたい。 日本技術の優位性についての真偽については、注を参照して下さい、

「2.4 世界のIGCC市場展望」
http://www.brain-c-jcoal.info/worldcoalreport/S02-02-04.html
(1)至近年の動向
建設コストの上昇とカーボンポリシーの未整備が原因でIGCCは低迷
欧米の電力会社は当面の需給対応としてGTCCと再生可能エネルギー主体の新設に注力

「海外のIGCC(石炭ガス化複合発電)プロジェクト|クリーンコールパワー」」 ...
http://www.ccpower.co.jp/igcc/foreign_situation.html

「世界の石炭利用技術(IGCC・CCS)を巡る動向 ― 第 2 回 オーストラリア ―
(PDF)  http://eneken.ieej.or.jp/data/pdf/1750.pdf#search='世界の石炭ガス化発電'

 国民に役だっていない電源三法の情報伝えるブログを下記に転載、
「電源三法一両損 」(村野瀬玲奈の秘書課広報室)
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-2609.html

要点:電源三法とは、電源開発促進税法、特別会計に関する法律(旧 電源開発促進対策特別会計法)および発電用施設周辺地域整備法の三法のことで、政府が原子力発電に力を入れるようになってからは、デメリットのある原子力発電所を建設地に受け入れさせるように懐柔策として払うお金のための財源を確保する法律となっています。

注意すべきは、特別会計を通じて多額の税金が注入され続け・核廃棄物の最終処分を考慮するなら(現在は最終処分はお先真っ暗で決まっていない)。参照お願いします、
「モンゴルなど他国への原発核廃棄物輸出と処理に反対しよう・原子力発電のコスト高い」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201105/article_9.html

脱原発・再生可能エネルギーの社会実現を訴えたい。
参照に値するブログを下記に転載する、
【国連特別報告書】 エネルギー:2050年には再生可能が最大77%と報告+「問われる「脱成長」 (どこへ行く、日本。)
http://ameblo.jp/warm-heart/entry-10887165969.html

参照お願いします、
「二重行政・無責任行政が次世代国民の生命・日本の将来を脅かしている」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_31.html

更に「福島原発3号機の早期安定化を実現させ・代替クリーンエネルギー普及運動を起こそう」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_18.html

「プルサーマル発電3号機の強力な爆発は人災だった・福島原発危機の教訓(C)」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_11.html

更に「原子炉の冷温停止状態の早急実現こそ日本だけでなく世界を救う」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_9.html

また「東電役員や原発関連法人役員管理職および自「福島第一原子力発電所の立地選択及び建設は日本そして世界への大罪・福島原発危機の教訓(B)」http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_10.html

また「自公時代の大臣達にも大震災復興資金を拠出させよ」 
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_1.html

更に「福島原発の安全を祈る・党内融和で与野党一致で難局に当たれ」    
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201103/article_13.html
の参照をお願いします。

何時もご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/vo6l33x20n7g

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
電源三法一両損
   ...続きを見る
村野瀬玲奈の秘書課広報室
2011/06/19 13:51
ドイツ(太陽光発電関係雇用増大は鉄鋼産業分野より大)に見習い・太陽光発電で原子力から国民を解放せよ
 日本はドイツ(太陽光発電関係雇用増大は鉄鋼産業分野より大)に見習い・太陽光発電でも雇用増大と再生可能エネルギー発電の政策近代化を実現し・原子力発電の呪縛から国民を解放せよ。 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2011/06/20 11:11
「エネルギー戦略」には世界並の電力価格実現・「発送電分離」「全量固定価格買い取り制度」を盛り込むべき
「エネルギー戦略」には最初から世界と競合出来る電力価格実現を目標とし・「発送電会社分離」「全量固定価格買い取り制度」を盛り込むことを提案する。 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2011/06/23 18:43
ドイツ並みの自然エネルギー投資政策と雇用拡大そして脱原発を要求しよう
ドイツ並に毎年自然エネルギー開発に投資すれば、人口約2倍の日本では自然エネルギー関係雇用は50万人以上の大産業部門となり・安全な自然エネルギーコストも原発電力以下となる。脱原発・自然エネルギー開発は、最初の目標設定と投資にかかっている。 水温が上がる夏・原発発電に依存しているフランスが電力を大量に輸入している事実も重要な情報である。 ...続きを見る
国民の生活が第一は人づくりにあり
2011/06/24 10:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

koenaikoe_negaiをフォローしましょう
電源三法を国民のため・発電インフラ輸出・雇用創出に役立つ法律への改変を訴えよう 国民の生活が第一は人づくりにあり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる