原発再開の是非そして核融合炉の開発の是非を問う国民投票実施を要求しよう

 原発再開の是非を問う国民投票実施を要求しよう。国民投票実施が実現すれば、これまで電力政策についての知識が乏しい人・お上の計画の変更は無理と諦めていた人・安全で安価な発電方法は無いとの宣伝に惑わされていた人等々総ての人が電力政策と国民経済の関係について理解を深めることとなるだけでなく、核廃棄物の処理に超膨大な費用と危険を子や孫やその子供たちに負の遺産として残すことの是非についても人々の理解が深まります、更に再生可能なエネルギー発電についての規制緩和と促進そして原子力発電の廃止に向けての第一歩が始まると思います。

 本日6月14日(火)の日経新聞は、イタリアの国民投票が「原発再開否決」を決めたことを一面で報じていることもあり、原子力発電の関係記事が多数掲載されている。例えば、総合ページには見出し:「原発再開 戸惑う自治体・福井知事・安全が第一・佐賀知事・国は説明を」、「原発比率21%に低下・5月発電量」、
「経済2」ページには見出し:「外国人の訪日自粛理由・原発懸念が86%」、「国際核融合炉 実験遅れへ・国内の試験施設被災で」、「汚染水・浄化装置の修理完了・福島第一原発 きょう試運転」  「国際1」及び「社会」ページにも関係記事がありますが割愛します。

 核融合炉の開発から日本は即時撤退すべきです。 大本営発表に専念しているマスコミは「物づくり立国の日本の技術は世界一」との印象を国民にばら撒いているが、福島第一原発の事故では調査のため原発建屋内に入り撮影するロボット、汚染水の処理設備などなど事故処理に必要な機材・技術は外国頼りではないですか。水分に触れるだけで爆発するナトリュウムを冷却に使用する核融合炉は、既存技術の軽水炉型発電より危険は無限大に大きいのです。核融合炉開発の是非についても、国民投票は絶対行うべきです。

参照して頂きたいブログを幾つか下記に転載します、
ついに出た、アレバ内部告発。フランスも脱原発に向け... (晴耕雨読)
http://sun.ap.teacup.com/souun/4791.html

武田先生からの警告・・このままでは汚染は広がるばか... (晴耕雨読)
http://sun.ap.teacup.com/souun/4800.html

脱原発なくして政権維持なし (市民社会フォーラム)
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=8943

退職者&高齢(元記事) 定年退職者や高齢の者による「決死隊」270人、無報酬で福島原発に突撃の真相 (憂国広場iza) http://warabidani.iza.ne.jp/blog/entry/2320135/

国民の声を聞かない!権力亡者の民主党一派が保身に走っている間も 死の灰 はダダ漏れ (23:47ゆきひろ社会科日記)
http://yukihiro-go.at.webry.info/201106/article_9.html

【110527 琉球大学名誉教授矢ケ崎克馬氏インタビュー】byIWJ 岩上安身氏 一部サマリーと私見? ~「内部被曝」を見せないようにしたアメリカの核戦略から見たICRPの実情~ (19:36SEKILALA&ZOWIE)
http://threechords.blog134.fc2.com/blog-entry-856.html

脱・反原発への動きが止まらない (カナダde日本語)
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-2741.html

参照お願いします、
「原発廃止を願い・自然エネルギー発電増を願う人達はドイツ緑の党の活動を範とせよ」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201105/article_30.html

「前福島県知事の無実の罪をでっち上げた東京地検特捜部は東北地方永久破壊の元凶」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201105/article_21.html
の中で指摘した3号機からの永久毒プルトニュウムの拡散が東北地方だけでなく今も日本全国そして世界中に広がっています。

「プルトニウムを漏えいしているプルサーマル発電の大罪」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201103/article_32.html
で転載・報告したように、「プルトリウムが小さなホコリみたいに空気中に舞ったり、あるいは飲食物の中に含まれていてそれを摂取する、食べると、体の中に入りますと骨に沈着、特に呼吸器系に入った時に一番奥まで到達し、肺胞という組織にくっ付きますと、直にアルファ線を肺の細胞に与えますので、少ない放射線で少ないプルトニウムの量で、大きな被ばくを与えることになる」のです。

更に「核燃料再処理事業に税金が投入されておりコストは巨大しかもお先真っ暗」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201105/article_10.html

「プルトニュウムの拡散予測は国民の生活・安全に重大な影響がある」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201105/article_4.html

更に「福島原発3号機の早期安定化を実現させ・代替クリーンエネルギー普及運動を起こそう」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_18.html

また「自公時代の大臣達にも大震災復興資金を拠出させよ」
 http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_1.html

更に「福島原発の安全を祈る・党内融和で与野党一致で難局に当たれ」    
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201103/article_13.html
の参照をお願いします。

何時もご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 ****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 日本の原子力政策は国民投票で決めよう

    Excerpt: ケーブルテレビチャンネルで視聴できる「ニュースの深層朝日ニューススター」の6月14日(火)の番組、司会:上杉 隆、ゲスト:高名な?な田原総一朗(ジャーナリスト)が出演し 6/14(火)日本は原子力と.. Weblog: 国民の生活が第一は人づくりにあり racked: 2011-06-16 11:46
  • 電力自由化で未利用電力資源の活用と電力価格の低下を・雇用増大を実現しよう

    Excerpt:  本日6月16日(木)の日経新聞の「経済2」ページに、見出し:「がれき木材で発電・被災地、処理と電力確保両立・農水省方針、5ヶ所に設置」の記事が記載されている。 この記事中に掲載され入れる図のタイト.. Weblog: 国民の生活が第一は人づくりにあり racked: 2011-06-16 12:30