前福島県知事の無実の罪は小沢一郎前代表の検察審査会告発と同じ構図 

「知事抹殺」という本の存在を知り、この本は「この国を支配している目に見えない権力の存在を明らかにしている」に違いないと思い、amazon で購入しようと試みたが売り切れ・現在増刷中。公共図書館での閲覧を試みたが、何処も貸し出し中の上・予約者多数で当分は閲覧不可能だった。

 本の内容は、転載する下記ブログ記事が明らかにしているが、
「深刻な事態…これは天災ではない」 佐藤前福島県知事(日本の将来)
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-848.html
要点:佐藤栄佐久前福島県知事は3号機のプルサーマルに反対して、その後0円収賄事件とも言われる事件で逮捕されて失脚されられたのである。佐藤栄佐久前知事を告発した機関・人間や、取り調べた検察検事などは、同種事件の小沢一郎前代表秘書などの告発・取り調べに関連する機関・人達と思われる。

 プルサーマルは福島原発事故の処理を困難にしている「燃料に使用しているプルトニウム」の性質を化学大辞典で安全性に焦点を当てて調べてみると、94番目元素のプルトニウム質量数239の放射性同位体。性質:半減期2万4千360年のα放出体で、‐‐‐‐ ‐‐‐‐‐人体中に入ったプルトニウムは骨に集まる傾向があり、半減期が長く(人類の歴史より長いのだ)排出が遅いので危険な放射性核種。」とある。この情報を知っている世界の報道機関は、佐藤栄佐久前知事や小沢一郎前代表を陥れようとしている勢力とその片棒を担いでいるマスコミの大部分と違い、転載する下記ブログが伝えるような正しい対処法・人々の安全そして類維持事件の再発防止を願う情報を流している。
 
日本で公表されない気象庁の放射性物質拡散予測【読売... (どこへ行く、日本)
http://ameblo.jp/warm-heart/entry-10851500405.html

原発推進に加担してきた大企業の群れ (マンション居住者が生活と政治を考えるブログ)
http://plaza.rakuten.co.jp/izumiku/diary/201104040000/#comment

原子力安全委員 最短週10分の会議出席で年収1650万円... / 放射能汚染の拡散阻止へ叡智結集、真実の報道に全力を... (薔薇、または陽だまりの猫)

福島原発、洗浄が次の難題-「作業は数カ月ではなく数年間」【ウォールストリート・ジャーナル】 (どこへ行く、日本)http://ameblo.jp/warm-heart/entry-10851116879.html

放射線内部被曝の権威、沢田昭二氏による福島原発事故被曝への科学的対処 (村野瀬玲奈の秘書課広報室)http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-2412.html

[転載]◆原発 緊急情報)44)4月1日から3日までの汚染(海を中心にに)◆【転載】
(ぐう、ちゃんの一言)http://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/60470369.html

#seiji 原発事故を巡る国内と海外のあまりに大きな温度差 (いるかちゃん~躁うつ病療養中.体重監視中.)http://blog.livedoor.jp/irukachan2009/archives/51717259.html

巨大震災、大津波災害復旧、復興資金は外為準備金を当てるべき、民主党は忘れたのか。
(寂れ行く天竜峡、南信州ご紹介)http://sky.ap.teacup.com/kazakosisite/1316.html

 また「震災復興に忘れてはならない事実と深刻な危機の原因」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_2.html

更に「東電役員や原発関連法人役員管理職および自公時代の大臣達にも大震災復興資金を拠出させよ」 http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_1.html

更に「福島原発の安全を祈る・党内融和で与野党一致で難局に当たれ」    
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201103/article_13.html
も是非参照して下さい。

何時もご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 ****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック