二重行政・無責任行政が次世代国民の生命・日本の将来を脅かしている

 原子力(安全)関係官庁が本来持つべき体制・姿勢と知識・見識を持っていないため、日本の子供たちの将来に暗雲がたちこめていることが海外から指摘されている。

米国のスリーマイル島原子力発電所事故、及び25年前のチェルノブイリ原子炉事故、

参照「福島原発3号機の早期安定化を実現させ・代替クリーンエネルギー普及運動を起こそう」http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_18.html
及び「あの黄色い雨は、やはり花粉じゃなかった!チェルノブイリ時にも(大切なものを大切に☆彡)  http://hanbey8.jugem.jp/?eid=262 が伝える事実、
引用:たとえばベラルーシに於ける癌患者は、事故前まで年間平均して人口10万人当り82人だったのが、こんにちでは(2006年にこの記事を書かれた当時)同じく10万人当り数千人と74倍に増えており、‐‐‐‐‐ ‐‐‐‐‐‐‐ 人口全体の数パーセントに当ります)の形で10年、20年〜でなければ影響は顕著に現われない。

のデータを尊重し米国の医師団体が日本に警告している、参照

癌利権か?「子供の許容被ばく線量高すぎる」 文科省の線量の目安に疑問、ノーベル賞受賞した国際的な医師団体が会見 (日本の将来)  http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-1104.html

米医師団体:文科省の基準「20ミリシーベルト」の引き下げを! (真実探究)
http://mscience.jp/truth/?p=666

二重行政の恩恵を享受してきた政治家・学界・マスコミ情報、自民・河野太郎「原発は全体が利権。自民、民主、官僚、学会、マスコミ全てが共犯者。特に自民はカス」 (政経ch)
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-1864.html

国民の安全・日本の将来より・当座の責任逃れの情報提供と政策決定関与に終始する行政の体制について、本日4月30日(土)の日経新聞が、ページ6~7に「原発事故関連の主な動き」の特集記事(3月11日~4月25日間各日の主な出来事)で指摘している、この特集の解説記事中に見出し:「放射能影響予測システム運用「二重行政」弊害あらわ」コラムがあり要点を引用すると、

引用:「放射性物質の拡散を予測する文部科学省の「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)。第一原発の事故での初公開は1号機の水素爆発から10日以上過ぎた3月23日午後9時だ。 ‐‐‐‐‐ ‐‐‐‐‐‐‐ 
結局、公表に踏み切ったのは開発者である文部科学省ではなく内閣府の原子力安全委員会。
事故後班目春樹委員長も‐‐‐‐‐ ‐‐‐‐‐‐‐ 文部科学省の丸投げを示唆する。
安全委と経済産業省の原子力安全・保安院の関係もぎくしゃくし「二重行政」が責任の所在をあいまいにする。
監督役のはずの班目委員長さえ「班目春樹委員長」が情報を出さない。規制官庁としての見解(姿勢と知識・見識)がないと憤る。‐‐‐‐‐ ‐‐‐‐‐‐‐ 

ネット人口は、この二重行政是正が出来る政治の実現を強く訴えよう。

参照お願いします、
「各政党の震災復興ビジョンの中身と「国民の生活」日本の将来」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_25.html

「テレビ朝日番組はマイクロ水力発電が有望と報道・安価で発電効率の高い発電装置情報」 
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_22.html

「プルサーマル発電3号機の強力な爆発は人災だった・福島原発危機の教訓(C)」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_11.html

更に「原子炉の冷温停止状態の早急実現こそ日本だけでなく世界を救う」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_9.html

また「東電役員や原発関連法人役員管理職および自「福島第一原子力発電所の立地選択及び建設は日本そして世界への大罪・福島原発危機の教訓(B)」http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_10.html

また「自公時代の大臣達にも大震災復興資金を拠出させよ」
 http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_1.html

更に「福島原発の安全を祈る・党内融和で与野党一致で難局に当たれ」    
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201103/article_13.html
の参照をお願いします。

何時もご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック