テレビ朝日番組はマイクロ水力発電が有望と報道・安価で発電効率の高い発電装置情報

 今朝のテレビ朝日ニュース番組で、9時前後にかけて玉川記者が収集した日本の種類別発電量と自然エネルギー利用発電の将来、10年後、20年後、40年後についてが報じられていた。先ずLED利用等の節電対策工夫次第で、現在消費している電力は徐々に減少可能で将来半分程度までにまで減少する、利用できる自然エネルギーの中で単位発電所当たり発電量が大きく有望な形態の第一は地熱発電、活用しだいでは現在の原子力発電3基分が代替出来る、次が水力発電・それもマイクロ水力発電と紹介していた。マイクロ水力発電の実例として、山梨県都留市の水車発電が紹介されていた。
下記のネット情報参照、「都留市市役所庁舎前を流れる家中川小水力市民発電所」
http://www.city.tsuru.yamanashi.jp/forms/info/info.aspx?info_id=2681

しかし当ブログの調査ではマイクロ水力発電の中でも水車発電の発電効率は低く、マイクロ水力発電が普及しているカナダやニュージーランドでは設備費が極小で済む投げ込み型発電機(直流)や交流発電機が普及しており、日本の代理店のカタログが伝えるターゴ発電機の発電効率は、

「カナダのパワーパル・ブランド製品・ターゴT5型、2ノズルのカタログ」
http://www.izumicorp.co.jp/powerpal/t5/t5.htm
水車発電(観光用・宣伝に最適だが)の効率より格段に高いと思われる。

 原子力発電の代替発電を望む人は、「国民の生活が第一」政策を支持する議員に、「個人・NPO」が届出だけで発電と自助努力で雇用創出が可能となる新たな法律制定を呼びかけることを提案する。

参照お願いします、「ニュージーランドの水力発電データは日本の草の根エコ発電の無限の可能性を訴える」 http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_20.html

また「国民は真実を知り・国民に役立つ「エネルギー政策」を実施させよう・原子力事故再発可能性を0にせよ」 http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_6.html

更に「震災復興に忘れてはならない事実と深刻な危機の原因」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_2.html

更に「東電役員や原発関連法人役員管理職および自公時代の大臣達にも大震災復興資金を拠出させよ」 http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_1.html

更に「福島原発の安全を祈る・党内融和で与野党一致で難局に当たれ」    
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201103/article_13.html
も是非参照して下さい。

何時もご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 ****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック