福島第一原子力発電所の立地選択及び建設は日本そして世界への大罪・福島原発危機の教訓(B)

 福島第一原発は津波対策を全く考慮しない場所に建設されている。フリー百科事典のウィキペディアで調べてみると、福島第一原子力発電所の立地選択及び建設は、福島県と東電が一体となり、また建設許可申請或いはその前から国が関与し進められたことが分かる。しかもこの地域は高さ30m余りの断崖が続いているため、1964年に沖合い800mに防波堤を建設する計画とあるので現在地は埋めたたられた土地、或いは狭い浜の様である。即ち海抜0mの地点に建設されているのである。

この地域は、明治の三陸大津波の記憶が人々に残っている地域に近接した場所であるから、建設計画の時点で国・県・東電とも、少なくとも国民の生活・安全を守る義務(憲法上)のある国は、過去の記録を精査すべきであった。
メディアが度々報じているように、海沿いでも海抜14.8mの地点に設置されている女川原子力発電所は、運転開始:1984年(昭和59年)6月1日だが、今回の大地震・大津波で冷却系統も被害を受けたが、非常用装置を使うことで原子炉の冷却を継続し福島原発ほどの大事と至っていない。

 東電・保安院は大津波は想定外の被害とメディアで幾度も繰り返しているが、『新収 日本地震史料第二巻』で引用されている江戸時代の『磐城御領内大風雨大波洪水之節覚書』を検証していれば、せめて写真に見える丘の上に建設していたであろう。そうすれば、東北電力の女川原発同様な対策がとれる状態で済んでいた筈である。

 福島第一原子力発電所の立地条件の悪さは、週刊現代4月16日大特集「溶けだした福島第一原発「第3の恐怖」」の11〜12ページに掲載されている写真、即ち「ついに捉えた・福島第一原発の真実」のタイトルで掲載されている3月24日午前11時26に無人飛行機で高度300mから撮影された原発の写真を見れば、一目で判明する。写真左手上部より中部に、断崖を削り整地したと思われる丘が見えることで納得できる筈である。

13〜14ページの写真の左下部にも丘は見えるが、この写真は更に恐ろしい事実を示している。右上部の説明にあるように、プルサーマル方式を採用している3号機の損傷が著しいのである。即ち死の灰であるプルトニュウムが、飛散したと思われるからである。

プルサーマル方式採用の3号機は、震災の2日後の13日11時1分に3号機の建屋が爆発し東京電力と協力企業の作業員、及び自衛隊員の合わせて11人が怪我、そしてそれまで安定していた2号機でも原子炉内部に冷却水を送り込むことができなくなり、被害を増幅させたのである。プルサーマル方式3号機の異常な大きさの爆発は、放射能物質を撒き散らし他の原子炉の冷却機能を止めたのである。 知らなかったこととはいえ、プルサーマル方式の採用に反対した佐藤英佐久知事の告訴・裁判は国民の不幸を幾層倍も大きくしたことが悔やまれてならない。

また「国民は真実を知り・国民に役立つ「エネルギー政策」を実施させよう・原子力事故再発可能性を0にせよ」 http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_6.html

更に「震災復興に忘れてはならない事実と深刻な危機の原因」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_2.html

また「東電役員や原発関連法人役員管理職および自公時代の大臣達にも大震災復興資金を拠出させよ」 http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_1.html

更に「福島原発の安全を祈る・党内融和で与野党一致で難局に当たれ」    
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201103/article_13.html
も是非参照して下さい。

何時もご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

norton
2011年07月02日 18:47
津波・原発事故の賠償問題が、議会・政府主導で可決されようとしています。それよりも、東電の資産凍結・幹部の個人資産凍結ーリビアのカダフィに対して行ったようなーの仮処分を裁判所に提訴することはできないでしょうか

この記事へのトラックバック