現在の福島原発危機は失われた20年を演出した政治が作りだした

 何時も参考にしているブログ・転載するプルトニウムの恐怖 (カナダde日本語)
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-2624.html を読み、プルサーマル発電の燃料の主成分プルトニウムの半減期が二万四千年(人類の歴史より長い)もあること、即ち人類にとって永久に致命的な毒物であることに気付きました。

 また転載するブログ(日々坦々)原発関連団体は「天下り」の巣窟だった !(日刊ゲン ...ダイ)
http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-954.htmlから、大勢の天下り官僚と原発促進政治家が明治昭和と三陸大地震大津波が起きている地域の一角でプルサーマル発電を促進し、今国民全体の生命を危険に落とし入れていることを知りました。

 「国民の生活を重視」する人は皆、ネットのフリー百科事典ウィキペディア「プルサーマル」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AB
にアクセスし、世界の国々が高速増殖原型炉発電やプルサーマル発電から撤退・或いは計画見直しを進めていたのに、詳しくは高速増殖原型炉について開発が困難であるにも関わらず日本は、常陽 - 実験炉は事故で現在停止中、もんじゅ - 原型炉も二度の事故で現在停止中だが、計画中の開発試験炉 - 実証炉がありまた商用導入炉 - 実用炉プロトタイプ及び実用炉 - 商用炉も合計2機計画中である、一方電力需要の8割近くも原子力発電でまかなっている原子力発電大国のフランスは自力開発を中止し欧州EFR計画に統合している。
一方プルトニウム濃度を4~9%に高めたMOX燃料使用のプルサーマル発電を実施したことのある欧州諸国は大半が撤退或いは見直しを行っているが、積極的にプルサーマルを続けようとしているのはフランスだけとなっているが、日本のみ推進してきた歴史および「原子力発電の事故隠し・データ改ざん一覧」を学習することをお勧めします。
 また現在の福島原発危機は、失われた20年を演出した政治が作りだしたこと・安全な発電制度推進の必要性を人々に訴えることも必要と考えます。

 また「首都圏の方々も放射線飛散情報に注意し対策を」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201103/article_17.html

更に「福島原発の安全を祈る・党内融和で与野党一致で難局に当たれ」    
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201103/article_13.html
も是非参照して下さい。

何時もご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • プルトニウムを漏えいしているプルサーマル発電の大罪

    Excerpt:  昨日の本ブログで記載しなかった情報、「プルサーマル」は和製英語です、即ち「プルサーマル」発電に熱心なのは天下り天国の日本だけのようです。そして「プルサーマル」発電を推進したのは、昨日転載したブログ(.. Weblog: 国民の生活が第一は人づくりにあり racked: 2011-03-31 11:18
  • 東電役員や原発関連法人役員管理職および自公時代の大臣達にも大震災復興資金を拠出させよ

    Excerpt:  テレビや新聞に登場する原子力関係学者達は皆、現在の放射能汚染は心配するレベルではない、汚染は徐々に減少している、水も野菜も魚介類も食べて安全を強調する人達だけであるが、全ての外国がもっと厳しい見方を.. Weblog: 国民の生活が第一は人づくりにあり racked: 2011-04-01 10:35
  • 震災復興に忘れてはならない事実と深刻な危機の原因

    Excerpt:  下記の転載記事を読めば、今回の福島原発事故での永久毒・プルトニュウム漏えいは「過去の政策の責任」であり同時に危険指摘・対策勧告がありながら原子力委員会及び東電の「津波対策無策」である事を理解出来ます.. Weblog: 国民の生活が第一は人づくりにあり racked: 2011-04-02 11:49