小沢元幹事長の政倫審査会招致問題は「国民の生活」と無縁な政争の道具である事実を報じ始めたマスメディア

 本日親戚のお葬式があり時間を取られたため良いブログは書けませんが、「国民の生活が第一」に大きな影響がある小沢元幹事長の問題だけに焦点を当てます。

日経新聞1月21日(金)の「総合・政治」ページは、小沢元幹事長の政倫審査会招致問題を大きく報じているが、その記事の中で
‐‐‐‐‐‐ ‐‐‐‐‐‐ 議院証言法では、証人喚問で虚偽答弁をすれば偽証罪に問われ云々‐‐‐‐‐‐ ‐‐‐‐‐‐ 小見出し「野党あくまで証人喚問要求」の中で、
野党各党は‐‐‐‐‐‐ ‐‐‐‐‐‐ 証人喚問要求を強めていく構えだ。と報じ、

また、「党の処分にも壁」の小見出しでの記述で、検察審査会の議決による強制起訴は「通常の起訴とは質が違う」 云々 処分に消極的意見もある、
またコラム:「民主党執行部が想定する小沢元代表への対応と問題点」中の衆院予算委での証人喚問・強制起訴後の実施は困難

以上を考え合わせるなら、昨年夏以降連日のようにマスコミが取り上げてきた「小沢元幹事長の政倫審査会招致問題は「国民の生活」と無縁な政争の道具であることは明白である。

ここ数日の関連する転載する下記のブログ記事と考え合わせれば、マスメディアが如何に「国民生活」無視の報道に熱中してきたかが判明する。

01/19のツイートまとめ
「 取材して得た情報を広く伝達するのがメディアの役割のはず」ブログ「世に噛む日日」より転載  http://eiji008.blog19.fc2.com/blog-entry-477.html 

「政治家の出処進退はその政治家自身が決める」それが大原則のはずだ ブログ「世に噛む日日」より転載  http://eiji008.blog19.fc2.com/blog-entry-475.html


フリージャーナリストらによる「小沢一郎懇談会」開催... ブログ「晴耕雨読」より転載
http://sun.ap.teacup.com/souun/4025.html

「マインドコントロールされている日本人は目覚めよ・小沢氏の対応の正しさこそ日本を救う」http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201012/article_48.html
の参照もお願いします。

何時もご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック