「国民の生活が第一」のためには経済成長が先決だ情報を伝えるブログの推薦

ブログ村の書評・レビューカテゴリーで常に上位にあるブログ「語られる言葉の河へ」は、「国民の生活が第一」のために役立つ情報を公開しています。当ブログのリンクから直ちにアクセスできます。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
今日も一票お願いします。
にほんブログ村


2010/11/22に 【読書余滴】野口悠紀雄の、経済回復から独り置き去りにされた日本 ~「超」整理日記No.538~ を公開しています。内容は

(1) 日米経済の基本的な違い 米国の失業率は、高止まりしている。この点で米国経済が大きな問題を抱えているのは事実だ。 その半面、米国企業の利益は、記録的な水準を更新しつつある。ダウ平均株価は、リーマンショック前の水準を取り戻した。 日米のパフォーマンスに大差があることに注意が必要だ。このことは、株価をみれば明白だ。続きはクリックすることでアクセスできる上記ブログをご覧ください。

【読書余滴】野口悠紀雄の、日本のものづくりを冷静に考え直そう ~「超」整理日記No.537~ (2)

(1)日本の製造業をめぐる条件 このところ、急速に変化している。 (ア)9月の鉱工業生産指数が4ヵ月連続低下となった。背景に、エコカー補助金廃止と対中国輸出の伸び悩みがある(2009年春からの景気回復の要因)。 (イ)円高を背景に、生産拠点の海外移転が加速している。日本の製造業の大企業は、続きはクリックすることでアクセスできる上記ブログをご覧ください。

マスコミが好んで報道し雇用も景気も悪化させる増税必要論より、先ず雇用を増やしGDPを成長を確実にすることが先決です、(本ブログ11月20日の「1995年~2005年日本の雇用はマイナス成長・先進国はプラス成長」http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201011/article_29.htmlおよび「研究資金を独立法人が配布する制度は経済成長・雇用増大を阻害」http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201011/article_30.htmlをお読み頂ければ、雇用を増やしGDPの成長を確実にする政策・欧米諸国が実行している政策の必要性・優位性がお分かりになると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック