国民の生活が第一は人づくりにあり

アクセスカウンタ

zoom RSS 高齢化の進行・介護施設の不足だ・地方に移住せよと提案だが、創生会議メンバーの移住を先にせよ

<<   作成日時 : 2015/06/08 09:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 高齢化の進行・介護施設の不足だ・地方に移住せよと提案だが、創生会議メンバーの移住を先にせよ、6月4日、民間有識者でつくる日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)は、「東京など1都3県で高齢化が進行し、介護施設が2025年に13万人分不足する」との推計結果を発表しました。同時に、施設や人材面で医療や介護の受け入れ機能が整っている全国41地域を移住先の候補地として示しています。 この調査結果は政府の地方創生政策と同じベクトルにあります。政府は、大都市圏の人材が多数地方に移住して、地方創生に貢献してもらうという画を描いています。
有識者らで構成する「日本創成会議」(座長=増田寛也元総務相)は4日、東京圏の75歳以上の高齢者が今後10年間で急増し、深刻な医療・介護サービス不足に陥るとして高齢者の地方移住を促すよう政府や自治体に求める提言を発表した。移住先として施設や人材に余裕がある北海道函館市や北九州市、大分県別府市など26道府県の41地域を挙げた
、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

地方創生の具体策:都会のサラリーマンは果たして地方移住を希望するのか?
尾崎弘之 | 神戸大学経営学研究科教授、経営学者

2015年6月7日 8時47分 都会のプロ人材が地方経済貢献に期待されている。 大企業の管理職が地方に移住する
6月4日、民間有識者でつくる日本創成会議(座長・増田寛也元総務相)は、「東京など1都3県で高齢化が進行し、介護施設が2025年に13万人分不足する」との推計結果を発表しました。同時に、施設や人材面で医療や介護の受け入れ機能が整っている全国41地域を移住先の候補地として示しています。
この調査結果は政府の地方創生政策と同じベクトルにあります。政府は、大都市圏の人材が多数地方に移住して、地方創生に貢献してもらうという画を描いています。この場合、若者が農業に従事する、テレワークでIT産業を興すといったパターンと、大企業のベテラン管理職が専門スキルや経験を生かして、地方企業の底上げに貢献するという二つのパターンが想定されています。
後者の管理職を地方へ動かそうという試みのひとつが、4月に発表された、政府系ファンドの『地域経済活性化支援機構』(REVIC)による人材派遣子会社の設立です。新会社は、大企業のベテラン社員である「プロ人材」を、地方の中堅・中小企業に対して、最大で100人規模で紹介する事業を展開するようです。プロ人材とは、財務、マーケティング、生産管理、海外業務などの専門的なスキルや経験を持った人材を指します。40歳代以上が想定されています。
地方企業の成長に貢献する「プロ人材」
地方の中堅・中小企業は一般的にプロ人材が不足しています。地方で優良企業と見做されている会社(食品メーカーが比較的多い)が突如全国区に躍進することがあります。東京のアンテナショップで商品が評判になって口コミで広がる、ネット通販が爆発的に伸びるなどして売上が急増します。ここまでは社長個人の才覚で何とかなっても、その次のステージを目指そうと思うと、社長ひとりではままならなくなるのです。 「次のステージ」とは、生産量の桁を上げる、アジア市場に進出する、生産拠点を海外に移すといったことが典型的です。大量生産に移行するには従来よりも数段上の生産管理が求められます。また、今まで国内の小売店営業ばかりやって来た営業部長が、いきなりASEAN市場を開拓せよと言われても、簡単には行きません。さらに、EUで販売するために規制が厳しいEUで工場を作れと言われても、田舎の工場長には無理です。社内に人がいないからと、外部コンサルタントに丸投げしてもうまく行くはずがありません。事業は社内スタッフにオーナーシップがないとだめなものです。 私は次のステージを狙っている地方企業経営者数十人に聞いてみましたが、「残念ながら自社内にそんな経験を持った人材はいません。」という返答が殆どです。上のステージに行くために必要なスキルと経験を持った人材はどこにいるのか?大企業のプロ人材の中に適任者がいるはずです。
「プロ人材」の地方移住を阻む課題
では、プロ人材の地方移住は円滑に進むのでしょうか?過去にも、似たような構想が存在しましたが、あまりうまく進まなかったのが実情です。都会から地方への移住が円滑に進まない理由は、受け入れ側の地方企業の問題と、転職する側のプロ人材の問題に分けることができます。 前者の受け入れ側の問題は、社長が都会のプロ人材を活かす環境を設定できないことです。専門性が高い人材を雇うのであれば、今までの社内流儀を変える必要があります。「そういうやり方はうちの会社に合いません」と主張する保守的な古参社員がいれば、社長が彼らを説得しなければなりません。そうでないと、転職者は孤立します。 また、グローバル市場に進出するなら、年中、地方にベッタリいるのではなく、フレキシブルな勤務スタイルも必要でしょう。社長主導で人事制度を変えなければなりません。さらに、「うちは大企業みたいに高い給料は払えないから。」という言い訳ばかりしては、良い人材は来てくれません。要するに、経営者が人材活用のあり方を変える本気度を見せないと、プロ人材は魅力を感じないのです。 転職する側のプロ人材の問題は、受け入れ企業側の問題とコインの裏表と言えます。自分に専門性があり高い給与を貰う価値があると主張するなら、目に見える成果を示さなければ周囲は納得してくれません。大企業と違って、人材が不足しているのが中堅・中小企業です。以前なら部下がやってくれた仕事も自分でこなさなければなりません。「俺が三菱◯×で働いていたころは・・・」と、過去の栄光を自慢すると確実に部下にそっぽを向かれ、成果を挙げるどころではなくなるでしょう。 彼らは大企業で役職定年過ぎて社内失業状態になっても、地方の名も無い企業に移るよりは、大企業ブランドに定年までしがみついた方が金銭的・社会的に得かもしれません。そう思う人は地方への転職を結局諦めます。奥さんの反対が転職を断念する決め手になることも多いです。 両サイドの問題は、お互い「向こうが悪いからうまく行かないんだ。」と相手のせいにしやすい構造になっています。多くの地方優良企業は、大企業のプロ人材を多少であれば雇った経験があります。もし、過去に上記のような問題が生じていれば、「大企業から雇っても、カルチャーが違うからうまく行かない。」ということになってしまうでしょう。 人材サービス協議会の『ホワイトカラー中途採用実態調査』によると、中途採用実績がある会社の過半数が「いい人がいれば採用したい」と回答しており、「積極的に採用したい」の13.1%を大きく上回っています。プロ人材の採用が簡単でないことがここでも分かります。 プロ人材の地方移住を仕掛けるREVICの関係者も、こういった問題は意識しているようです。各道府県に「プロフェッショナル人材センター」を置いて、プロ人材を本気で採用したいと考えている地元経営者の発掘を行っています。都会と地方の給与格差を一定期間埋める補助金もメニューに含まれています。また、プロ人材が地方に行った時に失敗しないよう、彼らに対する研修プログラム作成も手掛けるようです。
政府の施策では足りないこととは
ただ、REVICの試みでは解決できない重要な問題があります。それは、たとえ地方移住に興味を持っていても、実際に「手を挙げる」プロ人材がなかなか現れないことです。 現実は、今の動きを冷ややかに見ているプロ人材が少なくありません。経産省は『人活支援サービス支援創出事業』という、中堅・中小企業に移る大企業社員を増やす研修プログラムの作成事業を数年前に実施しました。補助金が出るためタダで研修を受けられるのですが、参加企業の人事担当者によると、応募する社員を集めるのにかなり苦労したようです。さらに問題なのは、研修を受けても、実際に転職した社員の数が極めて少なかったことです。地方移住だと政府が笛や太鼓を叩いても、肝心のプロ人材たちが殆ど踊らない可能性があるのです。 しかし、大企業内で大きな比率を構成しているバブル入社世代が、あと数年で50歳になります。さらに10年後には、人数が多い団塊ジュニア世代が50歳代になります。彼らの大半が60過ぎまで社内に残れば、プロ人材といっても、大量の社内失業者になってしまいます。これでは、本人達の精神衛生上も悪いし、人事の停滞による企業競争力の低下にもつながります。 このコラムでこの問題の解決方法について、様々な角度から論じて行きます。
Copyright©2015 Hiroyuki Ozaki. All Rights Reserved.
http://bylines.news.yahoo.co.jp/hiroyukiozaki/20150607-00046383/

高齢者、41地域に移住を 医療・介護、東京圏は限界 創成会議提言
産経新聞 6月5日(金)7時55分配信

医療・介護ともに受け入れ能力のある地方都市圏(写真:産経新聞)
 有識者らで構成する「日本創成会議」(座長=増田寛也元総務相)は4日、東京圏の75歳以上の高齢者が今後10年間で急増し、深刻な医療・介護サービス不足に陥るとして高齢者の地方移住を促すよう政府や自治体に求める提言を発表した。移住先として施設や人材に余裕がある北海道函館市や北九州市、大分県別府市など26道府県の41地域を挙げた。 提言は、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口データを利用し作成。東京圏(埼玉、千葉、東京、神奈川の4都県)では、今後10年間で75歳以上の後期高齢者が平成27年の397万人から175万人増の572万人となり、増加数は全国の3分の1を占めるとした。 急速な高齢化を受けて37年には東京圏で医療・介護需要が急増。埼玉、千葉、神奈川県では全国平均の32%を大きく上回る50%前後の水準で伸びると予想した。東京圏内では土地の確保などが難しく、医療・介護施設の充足には限界があると指摘。医療・介護などに携わる人材も37年までに80万〜90万人の増員が必要となると試算した。ただ、東京圏で充実を目指せば費用も膨らむ上、地方の人口流出に拍車がかかるとみて、施設や人材に余裕があり、サービス費用も安い地方に移住を促すための環境整備を進めるよう求めた。 このほかの対策として(1)介護人材として外国人の受け入れやロボットなどの活用(2)大規模団地の再生などによる高齢者の集住化(3)4都県の連携や広域対応(4)退職した高齢者の地方移住の受け皿となる日本版CCRC構想の推進−などを挙げた。 増田氏は同日の記者会見で「東京一極集中のリスクは地震といわれていたが、高齢化問題も脅威だ。4都県と地方圏の連携した取り組みが重要だ」と訴えた。
【関連記事】
• 50代男性の半数が関心 高齢者の「地方移住」促進、3つのカギ
• 「長生き本当に幸せか」問う筆者 80代ストーカー、78歳AV女優…高齢者の性と犯罪
• 夫が突然死んだ場合にすぐにでも行うべき5つの重要な手続き
• 「介護に疲れ…」高齢者虐待、7年連続で最多更新 認知症患者8割超
• 子育て世代の“孫ターン”が増加 地方回帰が様変わり!?
最終更新:6月5日(金)10時9分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150605-00000088-san-soci 

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

山菜高濃度セシウム 飯舘村の山除染手つかず : 自然減衰を待つしかありません。避難区域を解除すべきではない。住民は移住するしかない。(いるかちゃんの子どもを守れ。リベラル派)http://irukachan.blog.jp/archives/51969015.html 

戦争法案は「会議は踊る、されど進まず」みたいな。(ありあはんとのブログ)
http://bank-d.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-020a.html 

「木を見て森を見ず」とは?(1)(池田幸一メール) (志村建世のブログ)
http://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/archives/55643884.html

保育園で「父の日」「母の日」行事の中止相次ぐ ひとり親の子どもに「つらい思い」させないため(にゅーすちゃんねる)http://newsch2.blog.fc2.com/blog-entry-5250.html

こんな政府が戦争や紛争の当事者となれば、講和や協定という形式での収束は不可能だろう:山崎 雅弘氏(晴耕雨読)http://sun.ap.teacup.com/souun/17548.html

朝日放送おはようコール 伊藤惇夫がG7サミットを語る(市民社会フォーラム)
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=30312

憲法学者に否定された戦争法案(一夜十起の思考)
http://ichiyajukki.seesaa.net/article/420263321.html

●問われる、哲学の有り無し 資本主義の投資&金融資本主義の投機(世相を斬る あいば達也)http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/375aef7eec96f017045710e50123c78e?fm=rss

安倍暴走内閣の支持率もっと下がっているだろ(Masatoshi Style)
http://kibou.couple.jp/style/atohitooshi/

国会審議で繰り返される安倍晋三首相のヤジ癖は無反省と学習能力欠如と社会人失格ぶりを示しており、日本の没落を予感させる。(村野瀬玲奈の秘書課広報室)
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-6442.html

昔陸軍、今自民党、ということか。:落合洋司氏(晴耕雨読)
http://sun.ap.teacup.com/souun/17554.html

新党憲法9条 <32>G7サミットで戰爭大好きは安倍はオミット?ダト中戰爭 嗤う!(営業せきやんの憂鬱)http://blogs.yahoo.co.jp/tt23vd8m/13340402.html

【立憲主義の危機】シンポでの佐藤教授の話 その3 毎日新聞はネットで詳報も(北京老学生・日本に帰国)http://blogs.yahoo.co.jp/mochimoma/20090565.html

福岡市で川内再稼働反対の集会 : 同じ鹿児島県内にある口永良部噴火で改めて火山リスクの関心高まる(いるかちゃんの子どもを守れ。リベラル派)
http://irukachan.blog.jp/archives/51969036.html 

ストップ再稼働3万人集会(hiryuの写真日刊紙)
http://plaza.rakuten.co.jp/no23nit/diary/201506070000/

投資信託を売りたいらしい(教育に情熱を)
http://education.fp-guide.com/?p=3872

「戦争法案」に対する3学者の「違憲」見解は、公明党にまで危機感を抱かせる(かっちの言い分)http://31634308.at.webry.info/201506/article_7.html

【立憲主義の危機】シンポでの佐藤教授の話 その2 ポツダム宣言の意味(北京老学生・日本に帰国)http://blogs.yahoo.co.jp/mochimoma/20090050.html

良い授業とは核分裂反応のようなもの(教育に情熱を)
http://education.fp-guide.com/?p=3867

安保違憲に言及した長谷部教授が国会で行なった「立憲主義」の説明(日本がアブナイ!)http://mewrun7.exblog.jp/23231469/

【詩歌】マザー・グース「ぼくがつきをみると」(語られる言葉の河へ)http://blog.goo.ne.jp/humon007/e/0199bed99adae5f44e1832ffabec5df4?fm=rss

機能不全状態に陥り始めた債券先物市場(経済破局は来るのか?)http://blog.goo.ne.jp/ns-japan/e/30839e8639c895e914134c9a560e0736?fm=rss 

グローバル化時代の学校教育の課題(熟女の繰言)
http://satuki8989.blog.fc2.com/blog-entry-587.html

≪国と国との問題、というが。。米国政府とは、まともに交渉など絶対に出来ない日本!≫【民主主義国とは言えない。。国民のための日本政府ではない!ことがやっと解ってきたのか】(宝当仙人の野次馬日記)http://y366158.blog.fc2.com/blog-entry-1321.html

13歳の原発への想い、なかなか核心ついてます?(マスコミの暴走)
http://gensen7keijiban.blog.fc2.com/blog-entry-955.html

原発テロ攻撃リスクを隠蔽する自民党にあの山本太郎が苦言(憂国広場Y)
http://yaplog.jp/warabidani/archive/4193

害悪しかない訪問販売を禁止しよう 訪問販売業者のいかがわしさ その3(弁護士 猪野亨のブログ)http://inotoru.blog.fc2.com/blog-entry-1364.html

『日本戦後史論』 内田樹 白井聡(めんどくせぇことばかり)
http://jhfk1413.blog.fc2.com/blog-entry-3391.html

裁判所も認めた!世紀の謀略「小沢事件」全内幕?〜大マスコミが1行しか報じない調書不採用決定文衝撃の中身(テレビが面白くない理由)
http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/blog-entry-670.html 

「日本人を守る責任」 だから戦争法案? 小野寺五典元防衛相(弁護士 猪野亨のブログ)http://inotoru.blog.fc2.com/blog-entry-1363.html

日本年金機構自身のHPさえ閉鎖中なのでこちらでもお知らせ。相談ダイヤル(無料)は0120-818211です!(Everyone says I love you !)
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/0a8c0158d901be26c32e4ccb5e3c0e9a?fm=rss

国籍なきロヒンギャ族、群馬館林に定住進む 朝日(石の上にも三年待てない)
http://shufoo148.blog.fc2.com/blog-entry-56.html

国際的な非難に晒されるイルカ漁について(小野寺かずたかと申します)
http://ameblo.jp/ikki-0829/entry-12032622205.html

仏原発大手アルバが経営危機に陥る中、オーストラリアが核燃料サイクル推進へ!?(ぐう、ちゃんの一言)http://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/63675507.html

「僕の知らなかった原子力発電その13」(「僕の知らなかった・・・・・」)
http://blog.livedoor.jp/mnkinta-hiko/archives/32951948.html 

闘ったオナガ知事と,被爆に目を背けた福島知事と・・・そしてアメリカの対応・・・(ぽんのんの)http://amo399.blog.fc2.com/blog-entry-5248.html

安保法制は消費増税と関係あるのか?(☆時事チップス☆別刊・歴史チップス(最新報道版))http://blogs.yahoo.co.jp/jijichips/19350191.html

とめよう!戦争法案集まろう!国会へ6月14日・6月24日・☆アカイブス(曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するような)
http://blog.goo.ne.jp/lilmica6o/e/0151def74dcd76264b8cb3d715bc1442?fm=rss

「僕の知らなかった原子力発電その12」(「僕の知らなかった・・・・・」)
http://blog.livedoor.jp/mnkinta-hiko/archives/32944357.html

南シナ海めぐる紛争 米国が韓国に立場表明を要求(にゅーすちゃんねる)
http://newsch2.blog.fc2.com/blog-entry-5249.html

【米国】小学校の食堂職員、貧窮の生徒に昼食与え解雇(にゅーすちゃんねる)
http://newsch2.blog.fc2.com/blog-entry-5248.html

【ダイジェスト】柳澤協二氏:なぜ「安保法制」は間違っているのか(YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞)http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/dd0f109e79ff07533fb6424d9ae60575?fm=rss

「勝てる左派」と「勝てない左派」(ぐう、ちゃんの一言)
http://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/63675327.html

新党憲法9条 <30-1>G7サミットで戰爭抑止?ダト・・、日中戰爭 嗤う!(営業せきやんの憂鬱)http://blogs.yahoo.co.jp/tt23vd8m/13338592.html 

労働者派遣法が大ピンチです。緊急アンケート実施中(市民社会フォーラム)
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=30304

私がバイオ発電にこだわるわけ(須磨アルプスのエネルギー問題に関するブログ)
http://blog.goo.ne.jp/ngyuu2013/e/84402342a20e50e2ededfcaa34fe1894?fm=rss

◆2015.06.06「さようなら原発川越パレード」(埼玉県川越市)(YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞)http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/aabc11cc585e582759d9b5f1f9130213?fm=rss

【立憲主義の危機】シンポでの佐藤教授の話(安倍氏も少しは勉強したら?) その1(北京老学生・日本に帰国)http://blogs.yahoo.co.jp/mochimoma/20088584.html

「国際平和支援法案」と自民党政府が呼ぶ「戦争法案」は違憲だとして強く反対する憲法学者声明と、それについてのメモ(村野瀬玲奈の秘書課広報室)
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-6441.html 

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/vo6l33x20n7g

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

koenaikoe_negaiをフォローしましょう
高齢化の進行・介護施設の不足だ・地方に移住せよと提案だが、創生会議メンバーの移住を先にせよ 国民の生活が第一は人づくりにあり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる