国民の生活が第一は人づくりにあり

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍晋三の農協改革とはTPPで農業をアメリカに捧げ、農協の金融機関の資金を自由にする改悪

<<   作成日時 : 2015/02/10 10:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 安倍晋三の農協改革とはTPPで農業をアメリカに捧げ、農協の金融機関の資金を自由にする改悪。安倍は、JA全中が強硬に反対してきた環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉を進めやすくするために、表向きは「地域農協の経営の自由度を高めることで、農家の所得向上につながるような創意工夫を促す」のが目的と唱えているのだ。同時に莫大な資産を持つJAバンクの資産も自由にすることなのだ。JAバンクの保有資産は莫大で、JA共済の契約保有高は約300兆円。組合員に事業融資や住宅ローンなどを提供するJAバンクの貯金残高は約90兆円で、日本の個人の預貯金残高に占める割合は10.5%にのぼる(2012年度末)。これは、三菱東京UFJ銀行よりも高い比率なのだ。JA組合員は兼業・零細のコメ農家が中心を占めていることもあり、JAグループの頂点に立つ全中は急速な大規模化や企業の農業参入に抵抗姿勢を示してきた。しかしグループの問題ではなく、日々の暮らしに目を向けがちの個々のJA組合員は、今回の農協改革で全中の弱体化が進む→→アメリカ農産物を溢れさせる改革であるのに、「本気で農業に取り組む担い手のための改革が加速する」が進むと誤った期待の声も出ている、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

クローズアップ2015:農協60年ぶり改革 政府、抵抗押し切る
毎日新聞 2015年02月10日 東京朝刊

拡大写真 全国農業協同組合中央会(JA全中)の監査・指導権の廃止を盛り込んだ農協改革案をまとめたことで、政府は疲弊する日本の農業を成長産業に転換するための大きな一歩を踏み出した。中央会制度導入から約60年ぶりの抜本改革で弱体化を迫られる全中は抵抗姿勢を示したものの、農業や医療の改革に強い意欲を示す安倍政権に押し切られた形だ。ただ、今回の農協改革は地域農協の意識を変えるための象徴的な意味合いが強く、実質的な競争力の強化策は今後の課題として残された。
 ◇「聖域」突破の象徴に
 「農業、医療、エネルギー、雇用といった分野で改革を実現する法案が骨抜きになることがないよう全力で準備を進める」。安倍晋三首相は9日の政府・与党連絡会議の冒頭で「農業」を最初に挙げて規制改革に向けた意欲を語った。 農村所得の倍増を成長戦略に掲げる安倍政権は、競争の促進こそが所得倍増実現の鍵を握ると判断。意欲ある農業者に大規模農地を貸し出す「農地集積バンク」発足▽減反廃止−−などにも着手し、農協改革は一連の改革の集大成として昨年5月、政府の規制改革会議が提起したものだった。 農協は自民党にとって、医師会、建設業界などと並ぶ伝統的な「集票マシン」だ。にもかかわらず安倍政権が農協改革を進めるのは、規制改革に「聖域」を設けては成長戦略の実効性が担保できない上、改革姿勢に揺らぎがないことを示し、農業以外の改革への原動力にする狙いがあるためだ。このまま農業が衰退すれば、自民党にとって票田の農村が消滅しかねないとの危機感も背景にあった。 農協は、主な収益を金融事業に頼り、「本業の農業がおろそかになっている」との批判は絶えない。農協は職員21万人を抱える巨大組織で、自民党の地方議員に大きな影響力を持ち、参院には組織内候補も擁立している。そこで政府は、改革の矛先を、農協組織の頂点に立つJA全中の権限の縮小に事実上、限定した。地域農協にとっては経営の自由度を増す改革となるため、農業の現場の反発は抑えられると計算した。 JA全中は自民党農林族を巻き込んで反対運動を展開。昨年12月の衆院選では、自民党候補に改革反対を推薦条件とする「踏み絵」を迫った。年明けに農協法改正案に関する党内の議論が始まると、傘下の都道府県中央会を通じて地方選出の議員らに圧力をかけ、巻き返しに成功したかに見えた。 しかし、政府がJA全中の下部組織、都道府県中央会は農協法上の組織として存続を認めるなどの妥協姿勢を示すと、反対論は勢いをそがれた。農村部の議員にとって選挙のパートナーは地域農協の組合長が役員を務める都道府県中央会であり、「JA全中なんて行ったこともない」(東北選出の衆院議員)ためだ。
 党内協議が決着する前日の8日、自民党農林族幹部が東京都内でJA全中の万歳章会長と会談し、改革の最終案を協議したが、政府はその数日前、12日に予定される安倍首相の施政方針演説での農協改革関連部分の原稿案を党幹部に示しており、農協が抵抗したとしても押し切る構えだった。
 今回の改革で、JA全中は、農協から集めてきた年間80億円の賦課金も失い、政治力だけでなく資金力も大幅にそがれることになる。政府側には、JA全中が強硬に反対してきた環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉を進めやすくなるという計算もあった。政府はTPP加盟に伴い、財政支援を含めた国内農業保護策の検討に入っているが、JA全中という「重し」を失った農協が、どこまでの保護策を勝ち取れるかは不透明だ。【宮島寛】     ◇農業再生へ課題山積
 西川公也農相は9日、農協改革の意義について「制限を加えたり、指導が行き過ぎたりしないようにして、自由な発想で経営をやってもらうことが農家の所得増につながると信じている」と、胸を張った。「農業は必ず成長産業になる」 日本の農業は長年にわたり衰退の一途をたどってきた。農業を主な仕事とする農家の平均年齢は66・1歳(2010年)と著しい高齢化が進み、耕作放棄地は約40万ヘクタール(同)で滋賀県とほぼ同じ面積まで拡大している。地域農協の自主的な経営を後押しするための農協改革は「農業再生の足がかり」(農水省幹部)に過ぎず、取り組むべき課題は山積している。 課題の一つが、農地の集約などで大規模化を進め、生産コストを下げ、競争力を高めることだ。政府は、都道府県に設置した農地中間管理機構(農地集積バンク)を通じて、耕作放棄地となっている農地などを意欲ある農家に貸し出すことを進めている。しかし、農地の提供者が思うようには集まらず、農地利用の希望に十分に応えられていないのが実情だ。 農家らが農業生産法人を設立して、地域の特産物の加工から販売も手掛けるなどの「6次産業化」の取り組みも競争力の強化や農家の所得向上のために必要だ。また、農地を保有できる農業生産法人に企業が出資できる比率は現在、25%以下に制限されているが、政府は50%未満まで認める方針。企業の参入拡大は、農業の担い手不足を補い、より経営意識が高い農業が期待できるからだ。今後は企業が農地を直接所有することを視野に入れた参入促進策も課題になりそうだ。
 JA組合員は兼業・零細のコメ農家が中心を占めていることもあり、JAグループの頂点に立つ全中は急速な大規模化や企業の農業参入に抵抗姿勢を示してきた。今回の農協改革で全中の弱体化が進むことで、農業関係者からは「本気で農業に取り組む担い手のための改革が加速する」との期待の声もある。 全中の監査・指導権の廃止によって自由度が高まる地域農協が、農家所得の向上につながるような経営にカジを切れるかも今後の大きな焦点となる。「上部組織ばかりを見ていた農協組合長にコスト意識の高い経営が可能なのか」(農業経営専門家)との声は根強く、政府には地域の人材育成などの支援策も求められそうだ。【田口雅士】
http://mainichi.jp/shimen/news/20150210ddm003010046000c.html 

農協改革って何をするの?そもそも農協ってどんな組織?
THE PAGE 2014年5月23日(金)16時0分配信
[画像]農協ってどんな組織?
 農協改革に関する議論が急激に盛り上がりを見せています。農協はよく耳にする団体ですが、具体的にどのような組織になっているのかはあまり知られていません。農協とはどのような組織で、農協改革とはどのようなことを目指しているのでしょうか。 農業協同組合(JA)は、農業従事者や農業を営む法人によって組織された協同組合です。全国各地にある農協を取りまとめる中央組織として、全国農業協同組合中央会(JA全中)が存在しており、グループ全体の方向性の決定や指導などを行っています。また農産物の集荷や販売を一手に担う全国農業協同組合連合会(JA全農)や生命保険や損害保険のサービスを提供する全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)などの組織もあります。 農協はもともと農業従事者のために設立された組織ですが、今では1万人以上の従業員を抱える巨大組織に膨れあがっています。全農はある意味で、日本で最大級の農業関連商社と言い換えることができますし、JA共済連は大規模な生損保会社ということになります。政治的な活動を行うJA全中は、いわばJAグループのためだけに存在する経団連とでもいうべき存在です。
 日本がまだ途上国だった時代には、農協に農作物を納めていれば、確実に代金を回収できたので、農家は安心して農作業に集中できるというメリットがありました。また、農家が農機具を購入する場合でも、農協を通した方が安心して購入することができました。資金的に困難であれば、農協は金融機関としての役割もありますから、融資のサービスを受けることも可能だったわけです。
 しかし、今ではネット直販など様々な販売ルートが存在しますし、農機具の購入にしても、オークションなど、安価に購入できる手段が整っています。関係者の一部からは、農協は農業従事者のための協同組合ではなく、その組織を維持・拡大することが目的になっているという声も聞こえてきます。農業従事者の中には、農協との関係を面倒なものと捉える人も出てきているのです。
 日本の農業はTPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉の進展など大きな岐路に立たされています。政府は、外国産の農作物に関税をかけたり、一律にコメを買い上げるといった保護的な政策から、地域ごとに競争力のある農業を育成する政策に舵を切り始めています。その流れの中で、農協のあり方も変えるべきという声が高まってきています。 政府の規制改革会議・農業ワーキンググループでは、全中の指導によって全国一律の活動を行う体制をあらため、各農協が独立し、地域の実情に合ったサービスを提供するよう提言を行いました。しかし農業従事者の中には、全国一律の体制を崩してしまうと、弱い立場の農家の声が農政に反映されなくなるとして反発する人もいます。農協は自民党の有力な支持基盤のひとつでもあり、農協改革をめぐる与党内の調整は難航しそうな状況です。   (The Capital Tribune Japan)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140523-00000024-wordleaf-bus_all 

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

農協改革 安倍官邸の狙いは約400兆円の“農協マネー”(ポン吉のブログー反TPP宣言ー)http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11987860170.html

TPPの罠 日本は大丈夫なの?(日産自動車とたたかう仲間たち)
http://siroyagi2.blog.so-net.ne.jp/2015-02-10

安倍政権の農協改革案を受け入れた万歳章JA全中会長(☆時事チップス☆別刊・歴史チップス(最新報道版) http://blogs.yahoo.co.jp/jijichips/19064990.html

アベノミクスで経常収支黒字額が過去最少の2.6兆円!内1兆円は売国益(憂国広場Y)http://yaplog.jp/warabidani/archive/3960

安倍首相、JA全中改革を成し遂げる。(マスコミは荒野に死す)
http://viewpol.net/blog1/abe-10/

みずからの」「野望」の赴くままの政治を続けている安倍首相の国会答弁は何一つとして国民のための答え方になっていない!(ぐう、ちゃんの一言)http://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/63474115.html

ピケティがアベノミクスを大批判! 世界が注目する経..(政治)http://nobuhirob.blog.fc2.com/blog-entry-2099.html

【『安倍2億ドル演説』支持の池内恵氏】著『イスラーム国の衝撃』は奇妙な本 後篇(北京老学生・日本に帰国)http://blogs.yahoo.co.jp/mochimoma/19784561.html

シュワブ米兵、拳銃抜き歩く 辺野古抗議活動市民「威嚇だ」(hiryuの写真日刊紙 )http://plaza.rakuten.co.jp/no23nit/diary/201502100001/

[京都脱原発訴訟:0144] 京都府議会への陳情書(市民社会フォーラム)
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=29031

【拡散お願い】 バイバイ原発3.7きょうと@円山公園(市民社会フォーラム)
http://civilesociety.jugem.jp/?eid=29030

救出交渉のチャンス無視で、安倍官邸、人質を見捨てる。but 国会ではやや逃げ腰(日本がアブナイ!)http://mewrun7.exblog.jp/22795252/

「大寒いっ!」凍りつく列島の国の因は、永田町からのブリザード(営業せきやんの憂鬱)http://blogs.yahoo.co.jp/tt23vd8m/13010108.html

報道機関に懐柔する安倍政権と体制に迎合し自主規制するマスメディア(2/8.9のツイートまとめ)(日々坦々)http://etc8.blog83.fc2.com/blog-entry-2449.html 

安倍首相の外国での大盤振る舞いで今年度消費増税分はすでに帳消しになっている。 (ニュースサイト「HUNTER」から)(村野瀬玲奈の秘書課広報室)
http://muranoserena.blog91.fc2.com/blog-entry-6280.html 

「ジャーナリスト」ははた迷惑なあぶれ者か、知らしめる役目は公正なのか・・・。(BALL&CHAIN)http://erath0515.at.webry.info/201502/article_2.html 

放射線被爆とがんの関係〜白血病(テレビが面白くない理由)
http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/blog-entry-552.html

政府の人質情報公開が無くても、政府の中東訪問のタイミング悪かったことは誰でもわかる。(かっちの言い分)http://31634308.at.webry.info/201502/article_9.html

インドで邦人女性またレイプ。ネット「なんで見ず知らずのガイドにホイホイついていくの?」(よのなかのことかんがえる)
http://ameblo.jp/metisophia/entry-11987805730.html

毎日ジョギング、そしておやすみなさい(ドクターブロガー・ユーヤ・エメリヤーエンコのブログ)http://ameblo.jp/davidsunrise/entry-11987802840.html

なぜ新聞による世論操作は、インターネットよりもいまだに有効なのか?(マスコミの暴走)http://gensen7keijiban.blog.fc2.com/blog-entry-838.html 

●UPLAN【講演会】森ゆうこ「私達には夢がある〜この国のあり方〜」(☆YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞)
http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/a72a32bb919082f4b44a01dff08ed484?fm=rss 

昔に比べて、ハゲや薄毛って増えてるの? カラダの不思議(にゅーすちゃんねる)http://newsch2.blog.fc2.com/blog-entry-4644.html 

「発送電分離」 5年後に実施で調整へ(にゅーすちゃんねる)
http://newsch2.blog.fc2.com/blog-entry-4643.html

日本は有志連合離脱か五輪開催返上を迫られてしまうのではないのか?(☆時事チップス☆別刊・歴史チップス(最新報道版) http://blogs.yahoo.co.jp/jijichips/19063294.html

自衛隊はジブチ基地を拠点に中東進出の予行演習+砂漠での軍事演習も実施済み(日本がアブナイ!)http://mewrun7.exblog.jp/22793457/ 

【ピケティ】アベノミクス批判 〜金融緩和・消費税 .(語られる言葉の河へ)http://blog.goo.ne.jp/humon007/e/b9f07ca78e5d54726e414088b1bbca9f?fm=rss

ユダ金はアメリカを見捨ててとっくに富・財産を他に移..(経済破局は来るのか?)http://blog.goo.ne.jp/ns-japan/e/847d58c00c9a6f5ed4476468607e83af?fm=rss

異聞・イスラム国と日本の宣戦(右から斬る!政治と社会)
http://blogs.yahoo.co.jp/teiounonamida/33798533.html

「イスラム国」事件利用で改憲と自衛隊海外派兵を狙う安倍首相は日本国民をテロの脅威にさらした(2)(Everyone says I love you !)
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/ad47669d3c18df4fa08b4f32408ff145?fm=rss

NHKに討ち入れ『日曜討論』 一郎・太郎外しで、偏向目に余るNHK放送法を守れ!(ぐう、ちゃんの一言)http://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/63473903.html

水力発電で電力小売を拡大(hiryuの写真日刊)
http://plaza.rakuten.co.jp/no23nit/diary/201502090002/

「集団的自衛権・国民投票」を求める運動について(志村建世のブログ)
http://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/archives/55627019.html

「イスラム国」非難決議に棄権 山本太郎参議院議員の英断を支持する(弁護士 猪野亨のブログ)http://inotoru.blog.fc2.com/blog-entry-1225.html 

憲法に環境権を加える改憲ならOK? いいえ、ダメです。憲法の破壊行為です(弁護士 猪野亨のブログ)http://inotoru.blog.fc2.com/blog-entry-1224.html 

「テロリズム」は絶望から生まれる。希望がないから破壊にすがるしかないのだ。:高橋源一郎氏(晴耕雨読)http://sun.ap.teacup.com/souun/16593.html 

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/vo6l33x20n7g

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

koenaikoe_negaiをフォローしましょう
安倍晋三の農協改革とはTPPで農業をアメリカに捧げ、農協の金融機関の資金を自由にする改悪 国民の生活が第一は人づくりにあり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる