国民の生活が第一は人づくりにあり

アクセスカウンタ

zoom RSS 小沢氏は賃金と雇用について正しいデータを国民に訴えているが、大マスコミのウソのアベノミクス報道が問題

<<   作成日時 : 2014/12/07 10:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 小沢氏は賃金と雇用について正しいデータを国民に訴えているが、大マスコミのウソのアベノミクス報道が問題だ。アベノミクスとはウソノミクスであるデータが揃っているのに、一部のデータのみ引き出して、自公はアベノミクスが経済を向上させると国民を惑わす主張を繰り返している、例えば安倍晋三は、民主党を応援する労働組合の中央組織「連合」の調査で今年の春闘で賃上げ率は平均2・07%と語っている、しかし実際は「賃金2%上昇はごく一部の限られた企業だけなのだ」、厚生労働省の調査によると、連合加盟の雇用者は全雇用者のわずか12%。組合がない企業の労働者や非正規社員は含まれないためだ。生活の党の小沢一郎代表が正しい批判をしている、「正社員として採用され身分が安定して初めて消費に回る。そうじゃないと財布のひもを締めるしかない」と安倍晋三はまた、安倍政権になって雇用者数は増えていると言う。確かに総務省統計局によると、第2次安倍政権が発足する前の2012年7〜9月期から14年7〜9月期で、役員を除く雇用者は全体で約101万人増えた。しかし増えたのは非正規雇用だけなのだ、この2年間、雇用者数を押し上げたのは、123万人増えた非正規雇用であり正規雇用は22万人減ったのだ。全体で増えた101万人のうち、54%を非正規の女性が占めている。生活の党の小沢一郎代表は「正規、非正規の格差が非常に広がり、日本の将来にとって非常に危ういことになりうる」と指摘している。
介護報酬値下げで高齢者施設がさらなる悪循環へ介護報酬値下げで高齢者施設がさらなる悪循環へも問題だ、消費税を8%に増やしたはずなのに介護報酬を下げると言いだしたのは、安倍政権は法人税減税の原資と公共事業費を増やしたいから。社福が狙い撃ちしているからなのだ、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

アベノミクス是非、「有利な数字」が前面に
朝日新聞デジタル 12月6日(土)23時48分配信

 衆院選の主要な争点である安倍政権の経済政策「アベノミクス」の是非をめぐり、与野党で様々な経済統計の数字を交えた論戦が熱を帯びている。与党は雇用や賃金の好転ぶりを数字で誇り、野党は別のデータを使って反論する。ただ、自らに都合のよい数字だけを持ち出す実態も浮かぶ。
【写真】雇用者数の推移
 「平均で賃金が2%上がった。15年ぶりです。ボーナスも7%上がった。24年ぶりです」。安倍晋三首相は6日、兵庫県姫路市の街頭演説で立て続けに数字を並べて実績を強調した。 「簡単に言えば雇用を増やし、賃金を増やすことだ」。アベノミクスをそう説明する首相が毎回持ち出すのが、この春闘の実績だ。実際、労働組合の中央組織「連合」の調査では、今年の春闘で賃上げ率は平均2・07%。「民主党を応援する連合の調査ですよ」。そう挑発的に語ることもしばしばだ。
 民主党の海江田万里代表は「賃金2%上昇はごく一部の限られた企業だけだ」と反論する。厚生労働省の調査によると、連合加盟の雇用者は全雇用者のわずか12%。組合がない企業の労働者や非正規社員は含まれないためだ。
 賃金の額面が上がっていると訴える首相に対し、共産党の志位和夫委員長は、物価上昇の伸びを差し引いた実質賃金指数では「16カ月マイナス」と強調する。厚労省の毎月勤労統計調査では、昨年7月以来マイナスが続く。円安による食材の高騰なども含めた物価の上昇に追いついていない。
 こうした批判に反論するため首相が持ち出したのは「総雇用者所得」という耳慣れない統計だ。 賃金に雇用者の人数を掛け合わせるため、雇用者数が増えるほど数字は大きくなる。安倍政権になって雇用者数は増えている。首相は「私が20万円の給料をもらっていて、妻が10万円のパートを始める。安倍家の収入は30万円に増えるが、平均値は15万円に下がる」と説明する。1人あたりの平均の賃金が伸びていなくても、雇用者全体では所得が増えている、というわけだ。首相はさらに、その数字が「消費税の引き上げ分を除けば上昇している」と訴える。これに対して生活の党の小沢一郎代表は「正社員として採用され身分が安定して初めて消費に回る。そうじゃないと財布のひもを締めるしかない」と批判する。
 雇用では、職を探す一人につき何人分の仕事があるかを示す有効求人倍率の「手柄争い」が熱を帯びる。 「有効求人倍率は、22年ぶりの高水準であります」。首相は6日、兵庫県尼崎市で力を込めた。演説で必ず触れる数字だ。 倍率は民主党政権が倒れ、第2次安倍政権が発足した2012年12月には0・83倍だった。その後上昇を続け、13年11月には約6年ぶりに1倍を超えた。今年は年平均で1992年の1・08倍に並ぶ。首相は「政策は成果を上げつつある」と強調する。
 だが、同じ有効求人倍率の推移から海江田氏が訴えるのは、民主党政権の実績だ。08年のリーマン・ショック後に急減し、翌年の自民党政権末期に0・42倍まで落ち込んだ。「民主党時代からの伸びが今も続いている」と海江田氏。民主党政権が道筋をつけたV字回復の流れに、自民党は乗っかっているだけ――。そんな思いがにじむ。(三輪さち子、藤原慎一)
■仕事巡り「データ合戦」
 経済政策をめぐる与野党の「データ合戦」は、雇用者数でも激しい。安倍晋三首相(自民党総裁)は主に自らの政権で雇用者数が増えたことに焦点を当てる。これに対し、野党は「雇用の中身」を問題にする。
 安倍首相が演説で、有効求人倍率の上昇とともに必ず強調するのが、自らの政権で「雇用を100万人増やした」という実績だ。
 確かに、その数字には根拠がある。総務省統計局によると、第2次安倍政権が発足する前の2012年7〜9月期から14年7〜9月期で、役員を除く雇用者は全体で約101万人増えた。
 だが、共産党の志位和夫委員長は「首相は雇用が増えたと自慢しているが、増えたのは非正規雇用だけだ」と、批判の矛先を正規雇用が増えていないことに向けている。 この2年間、雇用者数を押し上げたのは、123万人増えた非正規雇用だ。反対に正規雇用は22万人減った。全体で増えた101万人のうち、54%を非正規の女性が占めている。生活の党の小沢一郎代表は「正規、非正規の格差が非常に広がり、日本の将来にとって非常に危ういことになりうる」と指摘している。
 安倍首相は最近、野党からの「増えたのは非正規」とする批判に対し、演説で反論を始めた。昨年と今年の7〜9月期を比べると、正規雇用は10万人増えている。そのデータを持ち出し、その時期には「正社員は10万人増えたんです」と訴えている。 賃金や雇用をめぐる実績アピールと批判の応酬が続く一方、国全体の財政立て直しについては、ほとんど語られていない。
 1日の党首討論。安倍首相は政策の経費を税収でまかなう基礎的財政収支(プライマリーバランス)について、20年度の黒字化を目指して来年夏までに計画を策定するとした。 だがそれ以降、街頭演説でこの話題に触れることはない。伸びる社会保障費をまかなうために消費税や保険料の引き上げは避けられない状況だが、国民にどれだけの負担がかかるのか。その数字は示していない。 公明党の山口那津男代表も「アベノミクスで社会保障と財政再建を前へ進めていきたい」と述べても、国民の「痛み」については具体的に触れない。
 野党も状況は同じだ。「人への投資」や「厚く、豊かな中間層の復活」を掲げる民主党も、社会保障費をまかなうための必要な経費については具体的に示していない。 維新の党は公務員の給与カットなど「身を切る改革」を訴え、共産党は大企業の内部留保を一部活用して財源を確保するという。
 だが、人口が減っていく中で社会保障を維持し、膨らんだ借金を返済するために十分な財源となるのか。包括的な解決策については口をつぐみ、聞こえのいい数字を並べる党が目立つのが実情だ。(藤原慎一、三輪さち子)
■日本総研の山田久チーフエコノミストの話
 約20年間、賃金の下落傾向が続いていた雰囲気を変えたことは、アベノミクスの成果として評価はできる。安倍晋三首相は、デフレからの脱却というマクロ経済の変化を強調している。 一方、野党側は一人一人の生活水準として、賃金が物価上昇に追いつかず、苦しくなっている点を強調している。円安は大企業にはプラスだが中小企業には負担が大きく、野党はこの点も批判している。
 アベノミクスで収益が上がるのなら、政権は賃上げ要請をするだけでなく、もうけた分を賃金につなげるルールの議論をすべきだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141207-00000001-asahi-pol 

急速に人材不足? 介護報酬値下げで高齢者施設がさらなる悪循環へ〈週刊朝日〉
dot. 11月14日(金)11時35分配信
 介護保険制度施行から15年目を迎えた今年6月、医療・介護制度を一体で改革する「地域医療・介護推進法」が成立した。これまでのサービスや負担が大きく見直され、“負担増・給付縮小”とも言える厳しい内容が目を引く。制度開始以来の大改正だ。
 安倍政権は日本の社会福祉をどのようにとらえているのか。「介護報酬の増減は社会福祉に対する政府の意思の象徴。それを切り捨てて、公共事業を増やし、法人税を下げようとしているのは明確です」 そう断言するのは民主党の山井和則衆院議員だ。鳩山・菅内閣で厚生労働大臣政務官を務めた。今回、財務省が内部留保を持ち出してきたのは政府の“苦肉の策”だという。「介護職の処遇改善などの社会福祉を充実させるために消費税を8%に増やしたはず。なのに介護報酬を下げると言いだしたのは、法人税減税の原資と公共事業費を増やしたいから。社福が狙い撃ちされていると思わざるを得ません」 6月に「介護・障害福祉従事者の人材確保のための介護・障害福祉従事者の処遇改善に関する法律」が全会一致で成立した。つまり介護職の賃上げは、いわば“既定路線”になっている。にもかかわらず6〜7割を人件費にあてる介護報酬を引き下げようとしている。それによって多くの介護関係者は、賃下げは免れないと見る。「だから財務省は『たとえ介護報酬が下がっても、内部留保を使えば賃上げできる』という理屈を考えたわけですよ」(山井さん) 財務省が各省に予算削減を求めるなどして“蛇口”を閉め、その後に双方が綱引きし合うのが、通常の予算編成のプロセスだ。「でも財務省の要求に対して塩崎恭久厚労相は言われるがままで、まったく反対しない。本来なら大臣は盾になるべき存在。それが今回の問題でいちばん根が深いこと。厚労省の役人たちは本当に脱力している」 今、多くの介護関係者は「一部の社福の内部留保を吐き出させることと、介護職の処遇改善は本来別の問題」と異口同音に言う。千葉県松戸市で定員70人の特養「秋桜」を運営する社福の理事の吉岡俊一さんも、「人材確保が難しい地域では、人手不足で予定したサービスが提供できない施設が多い。なのに『内部留保があるから経営が好調』と判断されて報酬が引き下げられれば、ますます人件費を抑えざるを得なくなり、さらに人が集まらない“悪循環”に陥っていく」 介護の担い手不足は深刻だ。団塊世代が75歳以上になる25年には、介護職は新たに100万人の増員が必要とされるが、介護分野の昨年の有効求人倍率は2倍近く。業界内での転職が多いとはいえ、男性の平均勤続年数は5.3年と全産業平均の半分にも満たない。 介護福祉士養成校の入学者も減っている。1990年開校のある福祉専門学校は入学者数が年々減り続け、今年は定員80人に対し、わずか20人。うち9人が留学生だ。校長は肩を落とす。「介護職がやりがいのある仕事だという認識が、置き去りにされている。少し回復の兆しがあるのに、処遇改善に水を差されたら、また人が集まらなくなるのではないか」 人材確保が厳しくなると不安を募らせるのは、収支差率11.2%と試算されたグループホームも一緒だ。 小規模多機能型居宅介護との複合施設「えいむの杜」(静岡市)を経営する橋本直美さん(50)は「まず人件費を削らざるを得なくなる」とため息をつく。
※ 週刊朝日  2014年11月21日号より抜粋
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141114-00000008-sasahi-life 

政治・経済面で関連するブログを勝手に引用すると、

今回の総選挙の本質。(めごぶろぐ)
http://blogs.yahoo.co.jp/jyafuoku2007/41872730.html 

トリクルダウンなどなく貧困化させ内部留保を増やす大企業ー富める富めば貧しいものは益々貧しくなる(ぐう、ちゃんの一言)
http://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/63375590.html

安倍政権に、好き放題な政治をさせないための選挙にしなければならない。(かっちの言い分)http://31634308.at.webry.info/201412/article_6.html 

日本はなぜ、「基地」と「現発」を止められないのか、その疑問を解き明かす!(曲学阿世:真実を追求し、虚実の世間に迎合するような)
http://blog.goo.ne.jp/lilmica6o/e/29991874349cb8584415806508eff8f1?fm=rss

■松崎哲久(生活の党)【衆院選2014】ネット演説(☆YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞)http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/d09a9a028126f6e819ca631567e52af3?fm=rss

アベノミクス農政批判シリーズ5 「規制改革会議提言逐...(晴耕雨読)http://sun.ap.teacup.com/souun/16009.html

【経済】規制法が必要な業界 〜フランチャイズ商法 ..(語られる言葉の河へ)http://blog.goo.ne.jp/humon007/e/cc9b75e1f6b4ffd6497bc37919086357?fm=rss

円安120円超日本経済最悪も「景気回復」と抜かす売国自民党!不正選挙後最大30%値上げラッシュ確定に(憂国広場Y)http://yaplog.jp/warabidani/archive/3838

生活の党衆院議員立候補者中村てつじ(神奈川県第2区)岡島一正(千葉県第3区)(動画)(ぐう、ちゃんの一言)http://blogs.yahoo.co.jp/roor6akio/63375516.html

≪やはり創価・公明無くして自民党存立せず≫<一年生議員比率がバカ高い、水膨れ自民党>【自民党をぶっ壊すには、爆発的宗教集票力を引き剥がすこと】(宝当仙人の野次馬日記)http://y366158.blog.fc2.com/blog-entry-1140.html

家賃払ったら7万しか手元に残らない、保護費引き下げに受給者らが怒り(璧を完うす(へきをまっとうす)http://andreagritti.blog112.fc2.com/blog-entry-2038.html

その手で、武器をつくらないで(ぽんのんの)
http://amo399.blog.fc2.com/blog-entry-5026.html 

安倍首相を支えている大新聞は、低投票率にするために、わざと選挙前に『自民300議席へ』:山崎 雅弘氏(晴耕雨読)http://sun.ap.teacup.com/souun/16007.html

アメリカ議会にロシアへの挑発的な態度を改めることを求める署名(市民社会フォーラム)http://civilesociety.jugem.jp/?eid=28383

野菜の放射能測定値は「よく洗ったあとの測定値です」(生井兵治)(テレビが面白くない理由)http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/blog-entry-487.html

戦後の日本人の代表的な死因のメカニズムは、医療に利権を得ている学者やマスコミによって真実を隠蔽し続けられてきた(マスコミの暴走)
http://gensen7keijiban.blog.fc2.com/blog-entry-773.html

■野党が結集☆沖縄の衆議院選が熱すぎ!増山麗奈突撃!!!(☆YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞)http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/e83f3253829b10f4bd6b5fd06cd6efde?fm=rss

集団的自衛権行使で連想した沖縄の集団自決(志村建世のブログ)
http://blog.livedoor.jp/shimuratakeyo/archives/55617426.html

《中日社説》原発政策 命と未来を守るには?《中日新聞社説転載》(☆YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞)
http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/4686138970b763b059e4eabe62c2cb22?fm=rss

危険なものを安全だと言うことこそ、酷い風評だ!(テレビが面白くない理由)
http://gensenkeijiban1.blog.fc2.com/blog-entry-486.html 

【安倍首相】川面に向かって吠える犬 遊説日程を間違えてツイート? 後篇(北京老学生・日本に帰国)http://blogs.yahoo.co.jp/mochimoma/19611428.html

[転載]三原じゅん子氏「もうだまされてはダメ」 野田前首相の地盤で猛演説(北京老学生・日本に帰国)http://blogs.yahoo.co.jp/mochimoma/19611443.html

≪過去最悪!の低投票率が予想されるが。。日本国民世論は底力を見せるべき≫<《投票棄権》や《勝ち馬に乗る》などという無様なことはやめよう>【それにしても野党が弱過ぎるが、今回は与党批判票を!!】(宝当仙人の野次馬日記)
http://y366158.blog.fc2.com/blog-entry-1139.html 

何時もご支援有難うございます。少しでも広く読んでいただくために、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ、

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村  何か感じましたらクリックお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村  お手数ですがもう一度クリックお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/vo6l33x20n7g

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

koenaikoe_negaiをフォローしましょう
小沢氏は賃金と雇用について正しいデータを国民に訴えているが、大マスコミのウソのアベノミクス報道が問題 国民の生活が第一は人づくりにあり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる