国民の生活が第一は人づくりにあり

アクセスカウンタ

zoom RSS 再生エネルギー発電促進法案は雇用増・電力価格の低下を実現させる・一刻も早い成立を訴える

<<   作成日時 : 2011/07/14 11:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

 昨夕よりマスコミが一斉に管首相の「エネルギー政策転換」について報じている。そして相変わらずの首相声明攻撃(巧妙な従来路線の擁護すなわち企業の海外移転・国内雇用減少の可能性について論じている)を行っている。本ブログは管首相の政策特に増税路線に反対だが、再生エネルギー発電促進は雇用増・電力価格の低下を実現させる・一刻も早く成立させるべきと訴えたい。
 
政策転換に反対・表面上賛成し実施では反対の人達、特に企業にモノ申したい。日本の電力料金は欧米に比べて2〜3倍であるのに今まで何故低減要求をしなかったのか! 参照  「国民の暮らしと安全」のために発電コストを減少させる制度・電気料金引き下げの実現を」 http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201106/article_28.html

原発が止まる・縮小すれば電力料金が上がれば、製品コストが上がり製品の競争力が失われるなどの議論を展開するのか? この矛盾への答えを是非知りたいものである。
 本日7月14日(木)の日経新聞の1面は管首相が発表したエネルギー政策について、見出し:「原発依存 段階的に下げ・首相会見、具体策言及なし」「今冬の電力確保」を報じ、その隣で、見出し:「場当たり的政策で国は衰退・編集委員・実哲也」が首相声明の貶しを行っている、即ち「裏付けないまま」、「企業が逃げ出す」の議論を巧妙に展開している。「総合・政治」ページでは、見出し:「脱原発・首相前のめり 延命狙う・世論の関心喚起期待」「退陣表明後に秦政策続々・歴代首相でも異例」の大きな記事、そして「総合」ページでは、見出し:「「脱原発」難題ばかり・再生エネ普及に時間・CO2排出削減、困難に・技術開発ブレーキ」「電力需給、綱渡り続く・火力で代替、負担重く」の大論陣を張っている。

 今朝のテレビ朝日・モーニングバードでは、玉川記者が経産省の古賀茂明氏をゲストにして「再生エネルギー発電促進に必要で欧米で実績を挙げている「発電と送配電の分離」法案の見通しについて論じていた。古賀氏は分離に賛成なのだが、官庁・企業・学会は反対派が多数で巧妙な反対論を唱えており、反対勢力の内訳・巧妙な反対論を紹介していた。

 関連するWeb情報、参考にしたいブログを下記に転載する

菅首相、「脱・原発依存」を表明((TBS Newsi)
http://www.home.ne.jp/channels/news/newsi/content/story/4775260.shtml

自然エネルギー協議会:秋田で設立総会 (YAMACHANの@飛騨MAVERICK新聞
http://blog.goo.ne.jp/root41_1942/e/806bd36f90073379a0e41683295fa9e5?fm=rss

日本の原発管理は最悪、電力会社に任せきりの体制は、国民の生命を守れるか (パコの日記) 
 http://pako888.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-7038.html

07/12の「寺島実郎のテキトー発言…6/10報ステ「原発維持継続」⇒7/12「原子力に依存できない」」関連ツイートまとめ (SEKILALA&ZOWIE)
http://threechords.blog134.fc2.com/blog-entry-920.html

仕方がない、という官僚利権 (DelightChannel)
http://delightchannel.tea-nifty.com/delightchannel/2011/07/post-db45.html
 注目記事:「昨今の報道を見ていると、同じ曲の同じ番組の中でも、昨日は原発の危険性を報道し、今日は原発なしの電力事情の苦しさをレポートする。つまりは、原発に対するアンビバレント(両義的)な感情を、マスコミが露骨な形で示している。‐‐‐‐‐ ‐
さらに言えば、日本人のこうした分裂症傾向をにつけこんで、日本人をマインド・コントロールし、利権を漁っているのが、官僚の利権と腐敗の構造だ。」

首相 原発に依存しない社会(戦国カフェ)
http://cafe.kenshingen.fem.jp/?eid=1415792

サウジに原発並み太陽光発電所 東大、シャープなど計画 (
http://green-plus.co.jp/co2news/2011/07/post-465.html

終了寸前のニッポンに跳梁跋扈する「恥知らず」たち (世に噛む日日
http://eiji008.blog19.fc2.com/blog-entry-585.html

原発検証、自民バトル…反省しても仕方ない?/読売新聞 (薔薇、または陽だまりの猫)
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/8fc779a2a20d261efef02263fc906551?fm=rss

脱原発へ 朝日新聞・社説特集(7月13日) (薔薇、または陽だまりの猫)
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/44efd50b7d3ad6f0348f62da9dfd1306?fm=rss

脱原発の国民の動き(拡散) (春夏秋冬ひとりごと)
http://shunkashuto.osakazine.net/

【震災】原発>電力会社のCMは禁止すべし (語られる言葉の河へ)
http://shunkashuto.osakazine.net/

  参照お願いします、
「「固定価格買い取り制度」と「発送電分離」法案の早期成立で供給不安の解消と管総理の退陣を実現させよう」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201107/article_7.html

「ストレステストは日本の原発やMOX燃料原料そして厚生年金・国民年金運用団体にも必要だ」 
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201107/article_5.html

「ドイツ並の電力政策採用なら雇用は約57万人増える・ドイツは電力輸出国で輸入国ではない」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201107/article_4.html

「ドイツ並みの自然エネルギー投資政策と雇用拡大そして脱原発を要求しよう」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201106/article_25.html

「新エネルギー政策成功には「自然エネルギー発電への個人の参加可能」法制が不可欠」
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201105/article_26.html

{ニュージーランドの水力発電データは日本の草の根エコ発電の無限の可能性を訴える}
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_20.html

また「国民は真実を知り・国民に役立つ「エネルギー政策」を実施させよう・原子力事故再発可能性を0にせよ」
 http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201104/article_6.html

更に参照お願いします、「増税論者とマスメディアが経済成長を害し「国民生活」を圧迫」 
http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201012/article_31.html )
の中の政府統計が証明しているように増税は雇用を縮小させ経済を委縮させています。雇用増大・経済活性化・GDP成長しか「国民の生活が第一」実現および借金減少の道はありません。
また「年金給付の危機・消費税不可避論は日本を崩壊させる・「国民の生活が第一」のみが解決の道」 http://03501213kyoiku-koyo.at.webry.info/201101/article_47.html
も是非参照して下さい。

何時もご支援ありがとうございます。少しでも広く読んで頂くため、以下のランキングに参加しています。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村にほんブログ村****←何か感じましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 ****←お手数ですがもう一度クリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 http://ping.blogmura.com/xmlrpc/vo6l33x20n7g

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
オークリー レンズ
再生エネルギー発電促進法案は雇用増・電力価格の低下を実現させる・一刻も早い成立を訴える 国民の生活が第一は人づくりにあり/ウェブリブログ ...続きを見る
オークリー レンズ
2013/07/03 19:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
土壇場になって、ようやく首相が庶民の立場に戻った
電力料金は、先日も言った様に原発交付金(これは、交付金を要求した自治体、市、町にも責任があるが、元々こうなったのは、電源3法を成立させ、列島改造論を唱えた田中首相による、地方の破壊の結果だが)のつけなのだから、これからは原発交付金の廃止をすべきだろう。生産空洞化の恫喝は企業新聞の日経で最も激しいが、北欧、デンマーク、英国を見てみれば
法人税など、日本よりも遙かに高いのに空洞化などしていない。工場は移転するかもしれないが、本社が日本にあれば利潤は全て日本に還元される。管首相の提言で、もうかる人間と、失う人は違う。労働者の雇用は少なくなるかも知れないが、フィンランドでは、
雇用者、労働者、国の三者協議で、雇用を維持している。デンマークも同様。それでも、失業者が増えれば
労働者自主管理の会社を作ればいい(共同組合)
norton
2011/07/14 18:45

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

koenaikoe_negaiをフォローしましょう
再生エネルギー発電促進法案は雇用増・電力価格の低下を実現させる・一刻も早い成立を訴える 国民の生活が第一は人づくりにあり/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる